ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

※他の用例は「フィリップス」を参照。

概要

オランダアムステルダム本社を置く電機メーカー。オランダ国王から「コーニンクレッカ」の称号を与えられた老舗企業であり、正式名称は『コーニンクレッカ フィリップス』。英語圏では『Royal Philips』を名乗る。


CTスキャンMRIAED等の医療機器分野で高い技術力を発揮している。

日本では主に電気髭剃りシェーバー)や電動歯ブラシで有名。

Pixivにはフィリップス製ヘッドホンのイラストが投稿されており、Fidelio(フィデリオ)は人気のシリーズ。他に液晶ディスプレイなど映像機器に強みを持つ。

近年は油を使わずに揚げ物ができる「ノンフライヤー」、家庭用製麺機「ヌードルメーカー」など調理用の家電も手掛けている。


1891年に、オランダのザルトボメル出身の技術者ヘラルド・フィリップスがアイントホーフェンに設立した電球工場が源流であり、現在も登記上の本店はアイントホーフェンに置かれている。

第二次世界大戦前後を通して事業の多角化を進め、照明だけではなくオーディオ家電・医療機器なども手掛ける総合電機メーカーに成長していった。


1962年にオーディオ用テープメディア規格コンパクトカセット」を開発。フィリップスが互換性厳守を条件に特許公開したため多数のメーカーが参入し、事実上の標準規格となった。現在では単に「カセットテープ」と言った場合はこのコンパクトカセットのことを指す。

1974年にMCAと共に光ディスク規格「レーザーディスク」を開発。パイオニアと提携し一定の普及を見た。

1980年にはソニーと共同で光ディスク規格「CD」を開発した。

1991年にコンパクトカセットの後継規格として松下電器(現:Panasonic)と共同開発した「DCC」は同時期にソニーが開発した「MD」に圧倒され姿を消していったが、程無くしてMDはCDに置き換えられたため、オーディオメディア主流の座は引き続き堅持していた。

光ディスク事業ではその後もソニーと協力しており、後継規格のDVDBlu-rayにおいてもソニーと提携していた。


世界初の家庭用ゲーム機オデッセイを発売したマグナボックスの民生部門を1974年に買収しており、フィリップス自身もゲーム事業に着手したことがある。

スーパーファミコン CD-ROMアダプタ(未発売)

ソニーと共同開発した「CD-i」規格の普及を狙って任天堂と提携し、スーパーファミコン用CDアダプタを開発していたが中止となった。


センシティブな作品

それでもフィリップスはCD-i普及を諦めておらず、1991年末にマルチメディア機(ゲーム機)「Philips CD-i」を発売。任天堂からキャラクター使用許可を得ていたフィリップスは同機種向けに「ホテルマリオ」等のゲームソフトを開発したが、フィリップスのゲームはいずれも非常に出来が悪く、CD-iは商業的失敗に終わった。


関連タグ

フィリップス カセットテープ Odyssey(ゲーム機) レーザーディスク CD CD-i ホテルマリオ ビデオCD Blu-ray

関連記事

親記事

メーカー めーかー

子記事

  • CD-i しーでぃーあい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66995

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました