ピクシブ百科事典

お天気ボックス

おてんきぼっくす

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場エピソードはTC10巻収録「お天気ボックス」。
この道具を使用すると、指定した範囲の天気を自由に変更することが出来る。付属のカード(太陽や雨の絵が描かれている)を挿入すれば、カードの絵に応じた天気に変化する。

天気を変更出来る範囲は屋外に留まらず、室内にも雲を出現させたり雪を降らせることが可能。ただし、屋外の場合はどの範囲まで天気を変更させることが出来るかは、原作版の作中で説明されていない。
TCプラス5巻収録「三月の雪」の作中では、日本全国に雪が降り注いだ際、ドラえもんはお天気ボックスの効果だと思い込んでいた(実際にはお天気ボックスは故障しており、自然に雪が降っただけなのだが、この時点でのドラえもんは道具が直ったと勘違いしている)。その為、少なくとも日本全域を指定することが可能と考えることが出来る。
参考として2012年版「お天気ボックス」の作中では、ドラえもんが「天気の範囲も自由にコントロール出来る」と述べている。

原作版の作中では、晴れくもり(TC30巻収録「昔はよかった」)、台風(TC41巻収録「恐怖のディナーショー」)のカードが登場している。また、上記の2012年版「お天気ボックス」ではのカードも登場しているが、他のカードが存在するかは不明。

ただし、付属のカードを紛失した場合は天気を変更することが出来ない。仮に自分で絵を描いたカードを挿入した場合、カードに描かれた絵を模した物が降り注いでしまう。

派生作品

上記の2012年版「お天気ボックス」の作中では、挿入したカードが濡れている場合は道具が上手く機能しない様子が描かれている。それだけでなく、半分に破れたカードを挿入した場合は天気の変わり方も半分になってしまう様子が描かれている(作中では骨川家を中心として、左半分は晴れているが右半分は雨が降っている状態になっていた)。

スピンオフ作品『ミニドラにおまかせ!』の作中では、ミニドラが「ミニお天気ボックス」を使用して雨を止ませようとした際、一軒分の範囲の天気しか変更出来ない様子が描かれている。

関連道具

  • 天気決定表

ノート型のひみつ道具。
このノートに天気図のマークを書き込むと、日本全国の天気をその通りに変化させることが出来る。
表紙には「気象庁専用」と書かれており、ドラえもんも「未来の世界では気象庁が天候を決めており、その為に使用する表」と述べている。

  • 気象衛星
「自家用衛星」の付属品。
衛星を打ち上げ、専用の機械を使用すると、指定した範囲の天気を自由に変更することが出来る。晴れ、雨、くもり、雪の四種類の天気に変更可能だが、衛星は一晩ほどで効果を失ってしまう。

  • アメダスペン
ペンとタブレットがセットになったひみつ道具。
タブレットに地図を表示し、ペンで丸く囲んだ範囲の天気や気温を操作することが出来る。ペンの色によって効果が変わり、作中では赤色(気温を上昇させる)、青色(雨を降らせる)、白色(雪を降らせる)、金色(太陽が出現して周囲を晴れにする)、オレンジ色(雷を発生させる)、七色(虹を出現させる)、黒色(竜巻を発生させる)が登場している。
それだけでなく、こちらも上記の「お天気ボックス」と同様に、室内にも雷を発生させたり太陽や虹を出現させることが可能
また、ペンで変更した天気や気温は、専用の消しゴム(正式名称不明)を使用してペンで書いた線を消せば元に戻すことが出来る。

  • お天気バンド
水田わさび版アニメオリジナルひみつ道具。
このバンドを付けると、その人物の気分に合わせて周囲の天気が変化する。作中では使用者が笑えば晴れになり、悲しむと雨が降り出し、怒ってしまうと雷が発生し、怖がれば雪が降り出し、困っていると霧が発生する様子が描かれている。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具
天気

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「お天気ボックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98

コメント