ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

運行区間室蘭~札幌(室蘭~東室蘭は普通列車)
運行路線室蘭本線/千歳線
車両785系789系5両(札幌運転所)


室蘭本線・千歳線を経由して札幌と室蘭方面を結ぶ特急列車で、函館行き特急「北斗」「スーパー北斗」の補完的な役割を担っている。現在運行されているすずらんは2代目であり、1992年にL特急「ライラック」の運転形態変更によって室蘭方面の系統が独立したものである。特急「北斗」「スーパー北斗」とは違い、電車による運転であり、かつ北海道内の特急としては比較的短距離区間の運行である。特急利用客の遠近分離を図るため、函館方面の特急と比較して停車駅が多いのが特徴。東室蘭~室蘭間は普通列車扱いとなる。
ただし、2016年3月26日のダイヤ改正以降は2号、5号は札幌~東室蘭での運行となる。(東室蘭~室蘭は普通列車に乗り換え)
札幌口で先行する快速エアポート等が遅れていた場合、千歳線内の線路容量や気象状況によっては当列車も若干遅延する場合がある。

列車愛称ライラックと同じく、北海道内に分布する植物の名称に由来する。
車両は785系・789系電車5両編成が使われる。そのほか、かつて781系のドア増設工事による運用数不足時にキハ183系3~4両による代走が行われたことがある。
現在の運用ではグリーン車はなく普通車のみ。5両編成のうちの4号車は指定席「uシート」、残りの4両は普通席となっている。なお、東室蘭~室蘭間は普通列車・全車自由席で運転。
2020年3月からは白老町アイヌ民族共生象徴空間「ウポポイ」が開設されたことにより3号車も指定席となった。(uシートではない)
1992年から2017年まで「L特急」を冠していた。また国鉄時代には札幌~函館間の気動車急行の名称として使用された事もある。(こちらが初代のすずらんである)

停車駅

札幌-新札幌-千歳-南千歳-沼ノ端-苫小牧-白老-登別-幌別-鷲別-東室蘭-輪西-御崎-母恋-室蘭

関連

スーパーカムイ/カムイ エアポート 北斗/スーパー北斗
JR北海道 L特急特急 列車愛称 すずらん

関連記事

親記事

JR北海道 じぇいあーるほっかいどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「すずらん(列車)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1889

コメント