ピクシブ百科事典

アマルガム(シンフォギア)

あまるがむ

アマルガムとは、アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズに登場する武装の一形態。
目次[非表示]

概要

シリーズの第5期・戦姫絶唱シンフォギアXV第4話にて登場した決戦機能。
前作の最終決戦において、ギアがリビルドされた際に組み込まれた。
サンジェルマンの遺したラピス・フィロソフィカスのエネルギーがシンフォギアと融け合うことで誕生した経緯があり、アマルガムという名称も錬金術的な合金から取られている。
第8話までは法案上の禁止行為に分類されるものとして使用制限がかけられる。第9話にて風鳴八紘の根回しにより、使用制限は解除された。

基本性能

ギアのエネルギーの分解・再構成により、極端なパラメーターバランスの振り分けを行う。
第一段階の「コクーン」は、黄金のバリアフィールドで身を鎧う防御重視の形態。そこから派生する第二段階「イマージュ」は、高出力のアームドギアを形成する攻撃重視の形態である。
ギアのリビルドの際に失われたイグナイトモジュールに替わる決戦機能として期待されているが、単純なパワーアップではないため使い所を選ぶ。

また、ギアのエネルギーを武器とバリアのどちらかに振り分けている関係上、プロテクター類は消滅もしくは小型化。アームドギア以外のメカ的なパーツはほとんど見られない。その代わり、衣装はニチアサのヒーローを彷彿とさせるデザインに変化しており、露出度は通常形態よりも低下した。総作画監督の1人も「絶唱戦隊」と例えている。

装者ごとの特徴

立花響

アマルガム!!


両肩から巨大な黄金の腕が生える。が、相変わらず槍にはならない。
どれだけパワーアップしても、響の武器はやはり拳なのであった。
黄金の拳はドリルのように回転させられる他、ロケットパンチとして飛ばすことも可能である。

初登場は4話。ノーブルレッドの猛攻で危機に陥った時、混濁する意識の中でサンジェルマンと出会い、手を取り合った直後に発動した。これがただの「いい話」なのか、実際に発動に関係しているのかは不明。公式サイトの用語解説では、サンジェルマンたちの記憶がギアに転移している可能性が示唆されている。

なお、他の5名のギアも同時にアマルガムへと変化したが、響のみがイマージュ形態となっていた。直後のノーブルレッドとの戦闘も響1人で行い、相手の疲労や実力不足があったとはいえ、1対3の状況で圧倒している。

そして、その戦闘で流れた曲が
響とサンジェルマンのデュエット「花咲く勇気 Ver. Amalgam」である。
前年のシンフォギアライブ2018の2日目では、中の人2名による「花咲く勇気」のデュエットが披露されており、それをアニメに逆輸入した形といえる。この戦闘中、サンジェルマンの姿は常に響の傍らに浮かんでおり、さながらスタンドのようであった。

また、AXZでの両者は手を取り合おうとして結局取り合うことができず、ライブでも手を取り合ってはいない。精神世界での出来事とはいえ、2人が手をつなげたのは実に2年越しの悲願であり、直後のデュエットもあって戦いを大いに盛り上げた。実際にライブ2日目に参加した適合者にとっては、たまらないファンサービスだったといえるだろう。

以降、本編で新たなアマルガムが登場し次第追記する。

関連イラスト

第4話「花の名は、アマルガム」
「「貫けぇえええええ!!!!!」」



関連タグ

戦姫絶唱シンフォギア
戦姫絶唱シンフォギアXV
イグナイトモジュール
アマルガム
満開勇者システム):花が開くイメージのフォームチェンジ、響のイマージュ形態の腕が同じクウガ系女子である結城友奈の満開時のアームに似ていたことからこれをイメージした視聴者も

関連記事

親記事

シンフォギア しんふぉぎあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アマルガム(シンフォギア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12204

コメント