ピクシブ百科事典

エッダちゃん

えっだちゃん

『ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア』のNPC「エッダ」の事
目次[非表示]

本来は「エッダ」が正式名称ですが、別のキャラクターが多くヒットするため
FF14 エッダ」や「エッダちゃん」で探すと見つけやすいです。



「エッダ」概要

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア』のNPC

冒険者プレイヤー)とは、とあるダンジョンの前で会うことになるヒューラン族の女性。婚約者でありリーダーのアヴィール、途中で出会ったと思われる弓術士リアヴィヌと呪術士パイヨ・レイヨの4人でパーティを組み冒険をしている。
本人は幻術士ヒーラー)であると思われるが優秀とは言えないようで、また仲間からはパシリっぽい扱いをされている(ダンジョン入口前でポーションを買いにパシられている会話があり、ポーション無しでは回復が追いついていないと推測できる)。それでも婚約者のために健気に頑張っていたが、功を焦ったアヴィールはダンジョンで命を落とし、パーティはけんか別れする形で解散してしまう。
その後、亡き婚約者の遺体の一部とともに故郷に戻り、冒険者として1からやり直していたと思われていたが……。

2014年7月に実装のクエスト及びダンジョンにて再登場。彼女の出した一通の手紙を元に、その行方を追うことになる。












ネタバレ


※以下ネタバレ





冒険者(プレイヤー)は、ウルダハでエッダの元仲間「パイヨ・レイヨ」と偶然出会う。エッダから手紙が届いたという彼は、嫌な予感がすると言う。その手紙は、死んだアヴィールとの結婚式招待状だった。

結婚式を行うと言うタムタラの墓所(ダンジョン)で一行はエッダの手記を見つける。それはエッダが婚約者の首と共に各地を旅する様子が書かれたものだった。まるで生きている人間のように「アヴィールの首」に話しかけるエッダ。そのアヴィールが囁くので、愛する彼のために「身体」を探すエッダ。手記の記述は徐々に狂気を帯びていく。

花嫁を思わせる純白衣装(※)に身を包んだエッダは、ダンジョンの奥で冒険者らを待つ。
そして、彼女の傍らにいたのはアヴィール……ではなく、タムタラの墓所で集めた魂と骸を寄せ集めた事で誕生した巨大な生首のモンスター「勇壮のアヴィール」だった。
(ちなみに、このエピソード以前に帝国軍の襲撃によって死亡していたリアヴィヌはアンデッドとして蘇らされた後にここに連れて来られたようで、プレイヤーの前に中ボス「立会人リアヴィヌ」として立ちはだかる)


私とアヴィールを祝福するために
みんなが贈物を持ってきてくれたのよ
あなたが気にかけていた冒険者も 
ほらとっておきの身体を持ってきてくれたわ!







※この衣装はアヴィールを亡くした当時のエッダの装備からすると、かなり高レベルな装備である。
冒険者の修行だったかどうかはともかく、なんらかの修行はしていたようだ。

この後パッチ3.35にて実装されたコンテンツ「死者の宮殿」の50Fボス『漆黒のエッダ』として再登場。討伐すると消滅の直前に正気に戻り、タムタラの墓所での戦いで地下深くに転落した後、何者かに干渉されたことを仄めかして、婚約指輪を遺し消滅してしまう。
その後主人公は再会したパイヨ・レイヨの頼みで、エッダとアヴィールの指輪をそろえ、二人の思い出の場所に埋葬し手厚く弔った。

原因

アヴィールが死んでしまったのはエッダの回復が間に合わなかったせいだ、と仲間から責められているが、エッダの発言から推測すると、実際には彼自身が回復の届かない範囲まで先行してしまった事に一番の原因があると思われる。また、仲良くプレイしてほしいという運営からのメッセージであることも忘れてはいけない。
そして、実際のプレイにおいても、ヒーラーが成長過程で暴言や責任の追及を受ける場面が人によって少なからずあり、エッダとは別の方向で暗黒面に落ちてしまう事も多い。
初見の場合は野良のCFは極力使わず募集やFC内でPTを組んで行く事が好ましい。


関連イラスト

FF14_エッダ


エオルゼアで問題発言



関連タグ

FF14 エッダ
ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア

トラウマ  ヤンデレ 怪談 怖い話

pixivに投稿された作品 pixivで「エッダちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132347

コメント