ピクシブ百科事典

エッダちゃん

えっだちゃん

『ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア』のNPC「エッダ」の事。
目次[非表示]

本来は「エッダ」が正式名称ですが、別のキャラクターが多くヒットするため
FF14 エッダ」や「エッダちゃん」で探すと見つけやすいです。



「エッダ」概要

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア』のNPC

主人公(プレイヤー)とは、とあるダンジョンの前で会うことになるヒューラン族の女性。婚約者でありリーダーのアヴィール、途中で出会ったと思われる弓術士リアヴィヌと呪術士パイヨ・レイヨの4人でパーティを組み冒険をしていた。

本人は幻術士ヒーラー)だが回復が追い付かないのか、他ならぬアヴィールから「ケアルもろくにできない」と罵られ、ポーションを買いに行かされていた。
それでも愛する彼のために健気に頑張っていたが、タムタラの墓所での戦いにおいて、功を焦ったアヴィールは敵の前に突出し、命を落とす。

アヴィールに岡惚れしていたリアヴィヌは嫉妬と怒りから、パイヨ・レイヨは保身からエッダ一人に責めを負わせ、パーティは喧嘩別れの形で解散してしまう。
エッダは故郷に戻り、冒険者として1からやり直すと主人公に告げ、アヴィールの遺体の一部とともに去っていった、のだが……。

2014年7月に実装のクエスト及びダンジョンにて再登場。彼女の出した一通の手紙を元に、その行方を追うことになる。


ネタバレ


※以下ネタバレ

パッチ2.3【惨劇霊殿 タムタラの墓所】

パーティ解散後、アヴィールを失って憑き物が落ちたようにおとなしくなったリアヴィヌは、ミンフィリアに拾われていた。その後は主人公の所属する結社「暁」の一員として地道に働いていたが、帝国軍の襲撃により命を落とす。

一方、主人公はウルダハでエッダの元仲間「パイヨ・レイヨ」と偶然出会う。エッダから手紙が届いたという彼は、嫌な予感がすると言う。その手紙は、死んだアヴィールとの結婚式招待状であり、式場は彼が命を落としたタムタラの墓所。式にはリアヴィヌも招待されているという。
しかしリアヴィヌはすでに死んでいると主人公から聞かされ、またその遺体が埋葬地から持ち去られていることを知って怯えるパイヨ・レイヨ。

真実を確かめに出向いたタムタラの墓所で、主人公たちはエッダの手記を見つける。それはエッダが婚約者の首と共に各地を旅する様子が書かれたものだった。まるで生きている人間のように「アヴィールの首」に話しかけるエッダ。そのアヴィールが囁くので、愛する彼のために「身体」を探すエッダ。手記の記述は徐々に狂気を帯びていく。

調査を進める主人公たちの前に立ちふさがったのは、まず無残にもアンデッドと化したリアヴィヌ、そしてエッダだった。

花嫁を思わせる純白衣装(※1)に身を包んだ『純白のエッダ』は、ダンジョンの奥で冒険者らを待つ。彼女の傍らにいたのは復活したアヴィール……ではなく、タムタラの墓所で集めた魂と骸を寄せ集めで造られた(※2)、巨大な生首のモンスター『勇壮のアヴィール』だった。


私とアヴィールを祝福するために
みんなが贈物を持ってきてくれたのよ
あなたが気にかけていた冒険者も
ほらとっておきの身体を持ってきてくれたわ!

Edda



主人公が戦いに勝利すると、動揺したエッダはステージから足を踏み外し、奈落へと転落していく。死へと向かう落下の途中で、彼女は不思議な微笑みを浮かべる……。


※1 この衣装はアヴィールを亡くした当時に比べ、かなり高レベルなものである。主人公に告げた通り、それなりの経験は積んでいたようだ。
※2 駆け出しのヒーラーであるエッダに死者を復活させるすべなどあるわけもない。狂気に陥った彼女を操り、リアヴィヌやアヴィールをアンデッドに仕立て上げた存在については、パッチ3.35にて実装されたコンテンツ「死者の宮殿」内で明かされることになる。

パッチ3.35【死者の宮殿】

この世に強い未練を残す死者が集う死者の宮殿、その50Fのボス『漆黒のエッダ』(※3)として、アヴィールの生首とともに再登場。

Edda Blackbosom


討伐に成功すると僅かな間ながら正気に戻り、死の直前に何者かの干渉を受けたことを匂わせた後、婚約指輪を遺して消滅する。

その後主人公は、再会したパイヨ・レイヨの頼みで、アヴィールの指輪を探し出し、そろった婚約指輪を二人の思い出の場所に埋める。魂の安息を願って立ち去ろうとしたとき、穏やかな女性の声が礼を告げるのだった。


※3 なお、このときエッダが身にまとっていた暗紫色のドレスは、そのゴシックホラーな雰囲気とダークなロリィタデザインが好評となり、後にユーザーが自キャラに着せることができるオプションアイテムとして、モグステーションで販売されている。

えっだちゃん衣装
エッダちゃんコスチューム





余談

エッダは回復が間に合っていないとしてポーションを買いに行かされたり(しかも代金が不足していた)、アヴィールが死んでしまった際も彼女の腕が悪いせいだ、と仲間から責められている。
しかしエッダの発言から推測すると、実際にはアヴィール自身が回復魔法の届かない範囲まで先行してしまった事に一番の原因があると思われる。
このエピソードは、実際にゲームプレイで起こりがちな場面でもある。

パーティを支えるヒーラーが、成長過程で一方的に責任の追及を受け、暴言を吐かれるといったケースは少なからずあり、エッダとは別の方向で暗黒面に落ちてしまうユーザーも多い。
エッダ一人に責めを負わせようとする身勝手なパーティメンバーの描写は、ユーザー同士仲良くプレイしてほしいという、運営からのメッセージでもあることを忘れてはいけない。

こうしたトラブルを防ぐためには、ジョブに慣れるまでは野良のCFは極力使わず、不慣れであることを条件としたPTを募集する、あるいはFC内で仲間を募るなど、焦らずプレイできる環境を工夫する事が望ましいと言える。


関連イラスト

FF14ログ
-漆黒のエッダ-


ねぇ、アヴィール・・・・
Edda




関連タグ

FF14 エッダ
ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア

トラウマ  ヤンデレ 怪談 怖い話

関連記事

親記事

ヒューラン ひゅーらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エッダちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175663

コメント