2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

グ・ラハ・ティア

ぐらはてぃあ

グ・ラハ・ティアとは、ファイナルファンタジー14:新生エオルゼアに登場するNPCである。
目次[非表示]

※本記事およびこのタグのついたイラスト・小説作品には、ストーリーのネタバレ要素のあるものが含まれるので閲覧の際には注意すること


概要

シャーレアンのバルデシオン委員会に所属するミコッテ(サンシーカー)の青年。クラスは弓術士。
24人アライアンスレイド「クリスタルタワー」のキーパーソン。
クルルやアリゼーなど、近しいものからは「ラハ」と呼ばれる。

第七霊災の後、モードゥナ地方に出現したアラグ帝国の遺構「クリスタルタワー」の調査にあたる聖コイナク財団の目付役として、バルデシオン委員会から派遣された。光の戦士やガーロンド・アイアンワークスが参加した調査団「ノア」の命名者でもある。
お調子者だが、ある理由からアラグ帝国の歴史に関する知識は豊富であり、「アラグの賢人」と呼ばれている。

右目だけが血のように赤いオッドアイになっているが、これは彼の一族の間では「紅血の魔眼」と呼ばれ、アラグ文明の遺構に関連して反応する奇妙な特性を持つ。
クリスタルタワーを調査する中で、当事者でもなければ知りえないようなアラグ文明の知識を無意識に語るなどの異変が起きるが……


関連タグ

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア ミコッテ シャーレアン アラグ帝国 クリスタルタワー



























ネタバレ

実は彼の右眼は、皇家の血を絶やさないために作り出された「皇血の魔眼」だった。

第四霊災唯一の生き残りの皇族となった皇女サリーナは、アラグ帝国が崩壊する間際、ザンデと契約を結んだ異界ヴォイドの大妖異「暗闇の雲」に対し、これを御して契約を破棄する力を残す為、秘術を使用。最も信頼する家臣であったデッシュに「皇血の魔眼」を託した。
以後長い歴史の中で「皇血の魔眼」は継承され、血は薄まりつつもグ・ラハの一族にかろうじて継承。グ・ラハがアラグに関連する事象に詳しかったのは、一族がアラグ文明に関する知識を守っていた事もあったが、何よりもこれが一助となっていた。

その後「闇の世界」にて、グ・ラハはドーガとウネから皇血を託され、両眼が赤く変化。正当なるアラグの継承者として、クリスタルタワーの制御権を獲得する。

クリスタルタワーに秘められた力が今の人類には扱いきれないものであると考えたグ・ラハは、いつかエオルゼアの文明がアラグに比肩する時まで、クリスタルタワーを自分ごと封印することを決意。
未来で目覚めた時には真っ先に光の戦士の名を探すことを約束し、眠りについた……




















漆黒のヴィランズ」(ネタバレ注意)






















第一世界を救うために光の戦士改め闇の戦士を原初世界から召喚した謎の男、「水晶公」。

最後の大罪喰い「イノセンス」を倒した闇の戦士が、蓄積された大罪喰いの「光」を御しきれず暴走、罪喰いに変貌しようとしていた瞬間、彼は光の戦士から「光」を奪おうとする。
闇の戦士に大罪喰いの「光」を集めさせ、それをクリスタルタワーに送ることで発生するエネルギーを利用し、滅びゆくノルヴラントから別の世界へ逃げることが自らの目的だった──すなわち、闇の戦士を体よく利用したのだと宣言する水晶公。

驚き割り込もうとする暁の賢人達を、彼から真実を聞かされていたウリエンジェが制止。またヤ・シュトラは、彼の言葉に偽りがあると気づく。

水晶公の真の目的は、闇の戦士から「光」を吸収し、光の戦士とノルヴラントを救うことであった。
当然別の世界へ転移することは不可能であり、次元の狭間で砕け散るだけである。

そんな彼に、闇の戦士は「本当の名前」で呼びかける……






……信じて この世界を救おうとしてくれてありがとう

さようなら オレのいちばん憧れの英雄








呼んだその声は


水晶公の正体は、第八霊災が起きた未来で目覚めた「グ・ラハ・ティア」だった。

未来に起きた「第八霊災」は、以下の通りである。
ガレマール帝国が投入した毒ガス兵器「黒薔薇」により、エオルゼア軍事同盟は壊滅。エオルゼアの指導者、暁の賢人、そして光の戦士が死亡した。
しかし「黒薔薇」はエーテル環境を停滞させる作用を暴走させ、全世界でエーテルの流れが狂い環境が一変。国は消え、残された僅かな資源を求め、生き残った人々が相争う地獄絵図となった。
最早理由など存在しない戦争が繰り返される未来において、シドを始めとして生き延びた者は「歴史を改変し、第八霊災が起こらない方法」を模索し続けた。

鏡像世界への扉を開いた「水晶の塔」。
本来は不可能な時間逆行を可能とした「時を超えし蛮神」。
時間と空間がもつれた次元の狭間を掌握した「自律型戦略兵器」。

かつて闇の戦士が挑んだ事で得られた貴重なデータを許に、200年という歳月をかけて完成したそれを託され、目覚めたグ・ラハはクリスタルタワーと共に第一世界へとやって来たのだった。

だが、エメトセルクの介入によってグ・ラハは倒れ、罪喰いの光の吸収は中断。
アシエンですら成しえなかった時空転移技術の研究対象として連れ去られてしまう。

しかし最終決戦の場において、グ・ラハは命がけでエメトセルクの拘束から脱出、血まみれでボロボロの姿を見せる。
命すら失いかねない痛苦を乗り越え、鏡像世界の英雄たち(メタ的に言えばハーデス討滅戦で参加するパーティメンバー)を召喚し、闇の戦士をサポートした。




さあ……時空を超えて来たれ……!
ひとたび我らに力を貸したまえ……!
彼方の勇士、稀なるつわものたちよ……ッ!




エメトセルクが倒れ、光が闇に相殺された事で「光の氾濫」は消失。
第八霊災の起こる未来は回避され、霊災が起こった未来から来たグ・ラハもその未来ごと消滅するかと思われた。
しかし何故か消えずに残り続けており、以降もクリスタリウムの指導者として第一世界にとどまり続ける事となる。

クリスタルタワーと自分の体を同期し、長寿を得たことでかなり長い年月を生きている(タワーを離れると体調を崩すのはこれが理由)こと、さらに長年にわたり都市国家一つを率いてきたこともあり、過去のグ・ラハに比べ非常に落ち着いた性格となっている。
しかし素の部分は変わっておらず、特に光の戦士へのあこがれは以前にも増して強い。
そのため、闇の戦士の転移に成功した時には走って迎えに行ったり、闇の戦士と共に行動できる時は明らかに嬉しそうにしているなど、端々でかなりわかりやすい反応を見せる。
また、漆黒のメイン終了後に星見の間にいる水晶公を「グ・ラハ・ティア」と呼んだり、タタルから貰える「マメット・グ・ラハ」を見せたりすると……

なお、彼は光の戦士がクリスタルタワーを踏破した未来から来ているため、仮にプレイヤーが「クリスタルタワー」をクリアしていなかったとしても光の戦士の事をしっかり認識している。
その後、パッチ5.3にてストーリー進行の為に「クリスタルタワー」のクリアが必須となった。

※パッチ5.3「クリスタルの残光」(ネタバレ注意)
暁の賢人とグ・ラハは、召喚に巻き込まれて「実体のある魂」という形で転移してきた暁のメンバーを原初世界へと戻す方法を模索する。
いずれ肉体に魂が戻らなければ待っているのは死であり、徐々に生命力が失われつつある事をクルルから聞いた闇の戦士はそれを伝え、本格的に一同は動き出した。

「白聖石」を応用し、魂と記憶を封じ込める魔具「ソウル・サイフォン」の開発を進めるグ・ラハ。
紆余曲折の果て、長らく隠遁していた魂の研究家ベーク・ラグの協力もあり、ついにソウル・サイフォンを完成させる。

だがそこでアシエン・エリディブスの奇襲を受け、実験のために自身の記憶を封じたソウル・サイフォンを奪われてしまう。
咄嗟に封印術でエリディブスをタワーに閉じ込めることには成功したものの、ソウル・サイフォンに封じられた水晶公の記憶と、記憶の定着のための触媒として用いたアラグの皇血によって、エリディブスはクリスタルタワーの操作権を獲得。
異世界より「光の戦士」の幻体を大量に呼び寄せ、闇の戦士の抹殺を図る。
これによってタワーにかかった負荷はグ・ラハの肉体にも影響を与え、全身の結晶化が進んでしまう。

エリディブスとの決着をつけるため、闇の戦士と共にタワー内部へと突入したグ・ラハだが、目の前には無数の幻体が立ちふさがり、彼自身も結晶化の進行で動けなくなってしまう。
しかしグ・ラハは「まだ秘策を用意している」と告げ、幻体の群れを一人で引き受けて闇の戦士をエリディブスの元へと向かわせた。
そして、闇の戦士が蛮神と化したエリディブスを倒したところで追いつき、「クリスタルタワー自体を巨大な白聖石として扱う」という秘策を発動。エリディブスの魂を封じることに成功する。

だが、その術の行使によって肉体はついに限界を迎える。
肉体が完全に結晶化していく中、グ・ラハは水晶公としての役目を全て果たすまで胸中にしまっていた、自分の本当の願いを闇の戦士に打ち明ける。

あんたと旅がしたい。次の冒険には、きっとオレを連れて行ってくれ。

グ・ラハは元々原初世界の人間だったが、異なる歴史からやってきたためか、水晶公の肉体では原初世界への扉を通ることはできなかった。
そのため、暁のメンバー同様自身の記憶と魂をソウル・サイフォンに込めて原初世界へ渡り、原初世界のクリスタルタワーで眠るグ・ラハの魂に統合することを考えた。
だが、抜けた魂を元に戻すだけの暁の面々と違い、既に魂が存在している肉体に上手く記憶と魂が融合できるのか――言い換えれば同一人物として統合できるのかは未知数であり、相応のリスクを背負う選択であった。

それでも必ず再会できると信じ、グ・ラハはソウル・サイフォンに記憶と魂を封じ込める。
直後、その肉体は完全に結晶化。
これから未来へと歩む第一世界の導となるよう、堂々とその場に立ち続けるのであった。

なお、魂を原初世界に戻すもう一つの方法として、召喚者である水晶公が死ぬことで召喚の制約が解けるというものがあった。
しかし結晶化によって肉体が滅ぶことがなくなり、ソウル・サイフォンによって魂も健在であるためか、こちらの方法で魂が戻ることはなく、闇の戦士も引き続き原初世界と第一世界を行き来できることになった。

その後、暁の賢人達の魂を原初世界へと持ち帰った闇の戦士は、一同がが無事に目を覚ましたことを確認。
未来のために長い眠りについた、大切なもう一人の仲間を迎えに行くため、すぐさまクリスタルタワーへと向かって駆け出す。











そして幕は下りれども

冒険は続いていく

君を明日へと導くは

クリスタルの残光
















それから数日後。
完全に調子を取り戻した一行の前に、新たな暁の血盟のメンバーが紹介された。

パッチ5.3ネタバレ。


「今日から暁の血盟に加えてもらう、グ・ラハ・ティアだ。」
「…こっちでも、よろしくな!」

グ・ラハの記憶と魂は見事統合に成功し、晴れて暁の血盟の一員となった。

曰く、クリスタルタワーを封印して眠りについた後と、水晶公の記憶が完全に地続きになっていたことから、違和感なく受け入れることができたという。
グ・ラハが目覚めたことで再び開かれたクリスタルタワーには、ベーク・ラグと開発した封印術を再現して施した上、万が一タワーに異常があれば検知できるようにすることで、自由に出歩くことができるようになった。
ただし、水晶公として習得した魔法は知識はあれど、使いこなすには再度の修業が必要となった。またタワーと同期していた時は長らく経験していなかった、睡眠や食事などの人間としては当たり前の感覚にも困惑することとなった。

クラスは弓術士からタンク・ヒーラー・DPS全てに対応できる「オールラウンダー」に変化。
フェイスではナイト、白魔道士、黒魔道士、いずれかのクラスにて参戦可能となった。

パッチ5.4では光の戦士に同行し、魔大陸アジス・ラーにてアラグの研究レポートを発見。
魔法生物ポークシーによる罪喰い化の治療術に応用し、蛮神対策の最たる問題「テンパード化された人々の治療」に光明を投げかける事となった。

パッチ5.5ではレポートでしか存在を知らなかった「蒼の竜騎士」エスティニアンを前に目をキラキラさせて「ほんものだ……すげー!!」と感動。そのちょっと前のわちゃわちゃした修羅場から一転したコミカルな描写に、多くのヒカセンが腹筋を崩壊させた。
またルナバハムートへの対抗策として、アジス・ラーに封印され続けて来たティアマットの拘束を、皇血を宿したソウル・サイフォンを鍵として解除。闇竜とその眷属の協力を得て、黄金平原パガルザンにてルナバハムートを撃破する事に成功した。

暁月のフィナーレ

リムサ・ロミンサから船でオールド・シャーレアン入りした一行は「バルデシオン委員会再建のための助っ人」として入国。クルルと共に案内役となった。
一行が二手に分かれて調査を進める間、自らは禁書庫で手掛かりを探すが、警邏していた自動人形に見つかってしまう。哲学者会議で緊急査問会にかけられてしまうが、アルフィノの抗弁と魔法大学学長モンティシェーニュの口添えによってピンチを乗り切った。

また、ある場面で彼の一族に関するルーツが明らかとなる。
それによると、一族がもともと住んでいたのはイルサバード大陸の南部、サベネア島の対岸あたりにあるコルヴォ地方。アラグの時代には地方都市が築かれ、当時被支配層だったミコッテ族が労働力として送られていたという。
その後第四霊災・第五霊災の後、海が凍ったことでミコッテ族がエオルゼアへと渡ったが、グ・ラハの一族はその地に残り、アラグの遺構が悪用されないように見守っていた。

50年以上前、コルヴォ地方はガレマール帝国によって併呑。「ロクス・アモエヌス」と呼ばれるようになった。
その後帝国の名門ダーナス家が当地を管轄する事となり、アラグ文明に興味を持つダーナス家に嗅ぎつけられる前に、一族はアラグにまつわる伝承や知識を放棄する事を選択。これについては、古くは必ず長子に継がれていた皇血の魔眼が受け継がれにくくなっていった事、「もう古い慣習は捨てて生きよう」という意見が前々から出ていた事が理由となっている。
ただし放棄とは言ってもそれは一族に限った話であり、旧知だったバルデシオン委員会に最後の魔眼持ちであるグ・ラハごと譲渡するという形を取った。以後グ・ラハはシャーレアンに籍を置き、現在に至る。

メインクエスト中盤、終末の災厄がサベネア島を襲い、地獄となる。
ラザハンでも負の感情から獣化した人々が多数発生。連鎖的に獣化が広がってパニックが発生するが、心を強く持つ事で獣化を回避できる事を踏まえ、グ・ラハは杖で力強く地面を叩き、心配をするなと高らかに宣言。民の心を鎮め、安全な場所まで避難するよう誘導する。
その堂々とした姿は間違いなく、かつてクリスタリウムを導いた水晶公そのものだった。

ウルティマ・トゥーレにおいてはオメガの母星・アルファトロンを再現した断片(オストラコン)において、総合指揮を司る電脳、マスターこと「スティグマ・ワン」と対峙。
これまでの冒険を振り返り、絶望に沈む世界でも前に進む意思を示し、我が身と引き換えに水晶の道を最後の地へとかける事に成功する。
光の戦士による秘策によって肉体を取り戻し、アーテリスに帰還し、「暁の血盟」が表向き解散した後は、クルルと共にオールド・シャーレアンのバルデシオン分館に身を置く。以後はバルデシオン委員会再建に向けて動きつつ、光の戦士と再び冒険に出られるのを楽しみに待っている。

アライアンスレイド「ミソロジー・オブ・エオルゼア」では、聖コイナク財団からの要請を受け、神々の領域たる「幻域」の調査に光の戦士と共に同行。エオルゼア十二神を巡る調査と探索を行う。

関連記事

親記事

シャーレアン しゃーれあん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3707666

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました