ピクシブ百科事典

グ・ラハ・ティア

ぐらはてぃあ

グ・ラハ・ティアとは、ファイナルファンタジー14:新生エオルゼアに登場するNPCである。
目次[非表示]

※本記事およびこのタグのついたイラスト・小説作品には、ストーリーのネタバレ要素のあるものが含まれるので閲覧の際には注意すること


概要

シャーレアンのバルデシオン委員会に所属しているミコッテの青年。
クリスタルタワー」の監視役として委員会から派遣されており、「ノア」調査団の命名者でもある。
お調子者だがアラグ帝国の歴史に関する知識は豊富であり、「アラグの賢人」と呼ばれている。
右目だけが血のように赤いオッドアイになっているが、これは彼の一族の間では「紅血の魔眼」と呼ばれており、アラグの文明に反応する奇妙な特性を持つ。
更にクリスタルタワーを調査する中で、当事者でもなければ知りえないようなアラグ文明の知識を無意識に語るなどの異変が起きるが…


関連タグ

 ミコッテ クリスタルタワー



























ネタバレ




















実は彼の右眼はアラグ皇族が皇家の血を絶やさないために作り出した「皇血の魔眼」であり、間接的にアラグ王家の血を引いていた。
ドーガとウネから皇血を託されたことで両眼が赤く変化し、アラグの継承者としてクリスタルタワーの制御権を獲得する。
クリスタルタワーに秘められた力が今の人類には扱いきれないものであると考えたグ・ラハは、いつかエオルゼアの文明がアラグに比肩した時までクリスタルタワーを自分ごと封印することを決意。
未来で目覚めた時には真っ先に光の戦士の名を探すことを約束し、眠りについた…




















漆黒のヴィランズ」のネタバレ注意!!






















第一世界を救うために光の戦士を原初世界から召喚した謎の男「水晶公」。
最後の大罪喰い「イノセンス」を倒した光の戦士が罪喰いに変貌しようとしていた瞬間、彼は光の戦士から全ての大罪喰いの力を奪おうとする。
彼の目的は光の戦士に大罪喰いの光を集めさせ、それをクリスタルタワーに送ることで滅びゆくノルヴラントから別の世界へ逃げることだったという。

しかし、それは嘘であり、本当の目的は光の戦士から大罪喰いの力を吸収し光の戦士とノルヴラントを救うことであった。
当然別の世界へ転移することは不可能であり、次元の狭間で砕け散るだけである。

そんな彼に光の戦士は「本当の名前」で呼びかける……











呼んだその声は


水晶公の正体は第八霊災が起きた未来で目覚めた「グ・ラハ・ティア」であり、第八霊災を防ぐために第一世界へとやって来たのだった。
ちなみに、彼は光の戦士がクリスタルタワーを踏破した未来から来ているため、仮にプレイヤーがクリスタルタワーをクリアしていなかったとしても光の戦士の事をしっかり認識している。

関連記事

親記事

ミコッテ みこって

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グ・ラハ・ティア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59405

コメント