ピクシブ百科事典

デュエル・マスターズ七英雄

あいすべきかすれあたち

デュエル・マスターズ七英雄とは、とある理由で愛されている7枚のカードの総称である。
目次[非表示]

概要

長い歴史を持ち子供から大人まで幅広い世代に愛されているTCG「デュエル・マスターズ」。そしてその長い歴史の中で多くのクリーチャーが誕生していった。特に「無双竜機ボルバルザーク」や「アストラル・リーフ」などは多くのプレイヤーに使われ、殿堂入りといった輝かしい称号を与えられ歴史に名を残してきた…

…しかし、光があれば闇も存在するのが世の常。大活躍するカードもあれば、当然全く使われない産廃クラスのカードも存在するのだ。
例えば、当時最高レアリティのSRにも関わらず能力が条件付きドローのみ、コストも7と重い「アドラス」、同じく7コス、SRにも関わらず能力が1コスの呪文「ドリル・スコール」と同じ「激震闘士スカイ・クラッシャー」…他にも同じくらい酷い性能のカードは多数おり、基本的にプレイヤーからは忌み嫌われている。

だがそんな彼らの中にも愛されるカードも存在している。ある者はファンデッキを作られ、ある者はプレイマットやスリーブとなり、またある者は再録されたり…そんな風に多くのプレイヤーや公式から愛される7体のクリーチャーが存在する。
人は彼らをこう呼んだ。


――デュエル・マスターズ七英雄、と。

解説

デュエル・マスターズ七英雄とは、デュエル・マスターズにおいて弱いながらもみんなから愛されてる7体のクリーチャーの総称である。七英雄に選ばれる条件として、スペックに合わないフレーバーテキストとイラストのカッコよさが挙げられる。
それでは七英雄のメンツを紹介していこう。

シザー・アイ(水文明)

しざー・あい


火の領域の海岸線は、上陸した水の軍勢で真っ青に染まった。

4コスでパワー3000という所謂バニラと呼ばれる能力を持たないカード。この時点でイマイチだが登場したのが第2弾と早かったため次々と上位互換が登場するという憂き目にあってしまう。
具体的にどこが愛されているかと聞かれてもわからないが、何故か愛されてるカードでありクロスギアを大量に積み込むことでシザー・アイを強化しまくる「シザー・愛」と呼ばれるデッキも誕生している。またこのカードがモチーフであろう「シザー・ラヴ」というカードや性能そのままGRクリーチャーになった「シザー・アイGR」も登場している。ちなみにシザーアイGRは「バニラオーラ」と呼ばれるデッキには採用される。

メテオレイジ・リザード(火文明)

燃えさかる業火ですら、その闘争本能の激しさには及ばない。

6コスでパワー5000の能力なしというバニラカード。6コスのバニラという唯一無二の性能を持っているがコイツよりコストが低くてパワーが高いクリーチャーは同じバニラでもいるため使う価値はほぼ無く、最初期のカードであるボルシャック・ドラゴンにすらスペックが劣る始末である。
何よりも酷いのが数弾前にコイツの完全上位互換がいること。後で上位互換が出るのはわかるけど前の弾の下位互換って…

残虐覇王デスカール(闇文明)

デスカール様


ドラゴンとも拳で語り合える。
ゼニスとも拳で語り合える。
いつ何時誰とでも、拳で語り続ける!

8コスでパワー4000、タップトリガーで相手の手札2枚を墓地に置く能力を持つがそもそも8コスあればもっと強力なクリーチャーを召喚でき、7コスで相手の手札を全て墓地送りにする「ロスト・ソウル」が撃てる。フレーバーテキストではドラゴンと拳で語り合えると豪語しているが、500体近くいるドラゴンの中でパワーで殴り合えるのはわずか40体ほど(しかもその40体の多くはG・リンクや効果で葬ってくるため、実際は5~6体程度)と大言壮語が過ぎる。またブラック・ボックス・パックに収録された際にはゼニス拳で語り合える」と豪語していた。(ちなみにゼニスはどれもパワーが10000以上あり、デスカールが普通に殴り合える相手ではない。)
そして双極篇にて「ロスト・ソウル」とツインパクトカード化し評価を見直されることとなった。
…「ロスト・ソウル」が本体とは言ってはいけない。

封滅の大地オーラヴァイン(自然文明)

その力、その姿に誰もがあこがれるぅぅぅ!!――千舌実況ミラクル・ショー

6コスでパワー6000、場に出たとき3コスのクリーチャーを2体までマナゾーンに送る能力を持つ。このカードが出てくる中盤は3コス以上のクリーチャーがバンバン出てくるのであまり意味をなさず、下手に使うと相手のマナを2つ増やすだけになってしまう。これが3コス2体ではなく合計6コスだったらどれほどマシだったか…
まぁこんなスペックでも七英雄の中ではかなり使えるほうである。七英雄内で比べることが無駄とか言うな。後にオーラヴァインから取ったパロディカード「死滅の大地ヴァイストン」が登場。こちらは優秀な効果を持ったシールド・トリガーで、「フシギバース」や「黒緑ドルマゲドン」に採用される。

暗黒の騎士ザガーン(闇文明)

暗黒の騎士ザガーン


「つまらん。やつを戦場に出したら、一方的に勝つに決まっている。」――覇王ブラックモナーク

6コスでパワー7000のWブレイカー。それだけである。最初期の環境ではフィニッシャーとなり得ていたものの、進化クリーチャーなど強力なカードが出てくるにつれ上位互換などが出始め、遂に七英雄行きとなった。そのせいで「(相手が)一方的に勝つに決まっている」とフレーバーテキストがよくネタにされている。モナークは何でコイツを高く評価していたのだろうか…
ちなみにこちらもブラック・ボックス・パックに再録されたのだが、その時のフレーバーテキストが、
「つまらんやつを戦場に出したら、戦場がどうなるか知っているか?」――究極の覚醒者デビル・ディアボロスZZ
とだいぶ皮肉られたものとなっていた。だがその性能が(ネタ的な意味で)プレイヤーたちに愛され、スマホアプリのデュエル・マスターズ_プレイスではなんと初期デッキのキーカードとなり、プレイマットやスリーブもゲーム内で売られておりバーチャルライバー加賀美ハヤト氏も愛用している。そしてデスカール同様双極篇にて相手クリーチャーを一体破壊+相手の墓地に20体以上クリーチャーがあれば勝利する、闇文明初となる特殊勝利カード「一方的に勝つに決まっている」という呪文を引っさげて帰ってきた。

アクア・マスター(水文明)

アクア・マスターさん


己の弱さが敗北させるのだよ!――アクア・マスター

6マナでパワー4000、相手プレイヤーを攻撃してブロックされなければ相手のシールド1枚を表向きにする能力を持つ。
…ブレイクもしないし表にしたカードのS.トリガーを防ぐわけでもなく、本当にただ見るだけである。しかもこんな使いづらい能力をしているにも関わらずコイツのレアリティはなんとSR。そのため長らくデュエマ最弱のスーパーレアカードとして扱われることとなった。
そしてコイツもブラック・ボックス・パックに収録されている。フレーバーテキストも、
相手が強かったのではない。己が弱かっただけだ!――アクア・マスター
と自虐的なものとなっている。

偽りの名_イーサン(光文明火文明)

ハンターも、エイリアンも、我らにとってはただのゴミと同じだ…。――偽りの名 イーサン

七英雄唯一の光文明かつ多色クリーチャーであり、ファンからはそのインパクトのあるフレーバーテキストに敬意を払い「イーサンさん」と呼ばれる。
7マナでパワー7500でブロッカー持ちというスペックを誇るが、イーサンさんの真の強さはそこではない。なんとイーサンさんはバトルゾーンに6体以上いれば、タップトリガーでそれら全て破壊できるのである。これは呪文「アポカリプス・デイ」と同じ能力であるが、イーサンさんはクリーチャーなので実質5体いれば能力を使うことができる。更に相手はタップトリガーを警戒してクリーチャーを出しづらくなる「イーサンロック」を行うことができる。またブロッカーなので「ヘブンズ・ゲート」で呼び出すことができる。イーサンさんが2体も出てきてしまえば、もう相手は迂闊にクリーチャーは出せないだろう。
だがこんな素晴らしいスペックにも関わらず、イーサンさんは決して出しゃばらない。それは環境を荒らさないようにという私たちプレイヤーへの配慮であり、 こうしてデュエル・マスターズをプレイできているのはイーサンさんのおかげなのである。
しかし人気者にはアンチがつきもので、イーサンさんに様々な罵倒を浴びせてくる。「コストが重い」、「除去耐性がないのにどう生き延びろと」、「相手の数が多ければ攻めきられて終わるし、味方が多いと能力が発動しにくい」…
本来ならば万死に値するような言葉ばかりだが、イーサンさんならきっと許してくれるだろう。ちなみにブラック・ボックス・パックにも収録されている。

D2G ゴッドファーザー(火文明)

クハハハハハ、ワシがなぜ燃える炎闘士と呼ばれているか知っているか?ならば、その眼に焼きつけろ!デンジャラスイッチ、オン! ――D2G ゴッドファーザー

インフレが進むデュエマ界に突如彗星のごとく現れた七英雄幻の8人目。7コスでパワー8000、スピードアタッカーを持ち、自分の場にD2フィールドがあれば何度でもアンタップができる。
D2フィールドがあれば相手のバトルゾーンのパワー7500以下のクリーチャーは全て倒すことはでき、D2フィールドを用いてパワーを上げればミルザムやシリウスといった強力なブロッカーも葬ることができるため場を一掃してからWブレイクという流れも可能である。
…自分のD2フィールドが無いとき?ただの召喚酔いしないWブレイカーです。D2フィールドの張り替え合戦が日常茶飯事な昨今に自分の場になければパワー不足で、D2フィールドがあったとしてもこのカードが出てくる7ターン頃には既にパワー10000超えのクリーチャーがわんさか出てくる。それなら6コスでパワー14000の「エヴォル・ドギラゴン」を出したほうがよっぽどマシである。
更にこんな性能ながらレアリティはスーパーレア。救いようがない。後にパワーが1000低い以外はほぼ完全上位互換の「ロビンソン・ジャングルーソ」が登場するのだがこちらはベリーレア

関連タグ

デュエル・マスターズ カスレア
殿堂入りプレミアム殿堂…対極にいる方々。

関連記事

親記事

デュエル・マスターズ でゅえるますたーず

兄弟記事

コメント