ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドールショック

どーるしょっく

ゲーム『けものフレンズ3』メインシナリオ8章についてのネタバレ項目につき閲覧注意。
目次 [非表示]

ネタバレ注意!!

本記事にはアプリ版けものフレンズ3のメインシナリオ8章以降の重大なネタバレが含まれています。









































歩行者通行止め、

墜落注意。



ドール

「隊長さん!」


「見ててください!!」


「__これが私の!」


「全力です!!」




















概要

メディアミックス作品『けものフレンズ』のゲーム作品であるけものフレンズ3及びそのアプリゲーム版

過去作との繋がりを示唆する様々な考察要素や時に衝撃的な展開を踏まえながらも、動物に関する知識を交えつつフレンズ達が協力して苦難を乗り越えていく冒険活劇だった。


……が、メインシナリオ8章ではそれら全てを覆しかねないレベルの悲劇が起きた。



ストーリー

巨大セルリアンから大量に生み出された強力な個体・通称「ハンターセル」の大群。

その中の一体が、警備隊と共にセルリアン掃討作戦のメンバーに加わっていたトキの輝き(及び歌声)を奪い、力を増し始めて作戦に加わっていたフレンズ達を圧倒し始めていく。


フレンズ側もやられっぱなしではなく、次々に生み出されるハンターセル相手に苦戦しつつも押し返していくものの、トキの輝きを奪った個体だけはこちらの攻撃を難なく避けていき、更に合流した探検隊にも牙を向き、主人公の輝きまでも奪われてしまう。


主人公が倒れた事に取り乱すドールは、カレンダの先導によりヘリの中へ主人公を搬送、セルリアンの大群を他のメンバーに託して上空へと飛び立つ。

残されたメンバー達の奮闘もあってハンターセルを全滅に追い込むが、全滅させていれば戻るはずのトキの声が一向に戻らない。



カツンっ、

        カツンっ、



ーー〜ーー〜ーー♪



一行の間によぎる嫌な予感はものの見事に的中してしまう。トキの輝きを奪った個体は誰にも気付かれない内にヘリにしがみ付いていたのだ。

二人分の輝きを奪ったハンターセルはこれまでの個体とは比べ物にならないほど強く、唯一戦えるドールもまったく歯が立たず、ボスとの通信に利用されていたラッキービーストも輝きを奪われて通信が遮断、ヘリの制御が完全に利かなくなるという最悪の事態に陥る。


そこへハクトウワシら空を飛べるフレンズ達が救援に向かうが、それでも太刀打ちできないばかりか逆にオオタカハシビロコウ、ハクトウワシや助手まで輝きを奪われ、カレンダを庇ったフリッキーも破壊されてしまう。


たった一体のセルリアン相手に圧倒的不利な状況に追い込まれ、ヘリの中にいる主人公達を担いで撤退する事となった中、ドールは一人撤退せずにいた。


ヘリは今、パークの外にある本土へ向かおうとしている。そうなればセルリアンという危険な存在を外へ連れ出す事になってしまう。

そして、多くの輝きを奪われてしまったからこそ、それを取り返なければいけない。


全力の輝き


覚悟を決めたドールは、朦朧とする意識の中でようやく絞り出せた主人公の叫びも虚しく、ハンターセルに向かって最後の力を振り絞った一撃を繰り出す。

一行を苦しめ続けたハンターセルはようやく撃破され、トキ達の輝きも戻っていった。

しかし……



(…えへへっ!)


(__隊長さん)


(私、やりましたぁ…!)



夕陽に輝く


全ての力を使い切ったドールはもはやフレンズとしての姿を保てなくなっており、カレンダが咄嗟に手を差し伸ばすのも虚しく、ヘリから落ちていく夕空の中で光る球体となった後に元の動物に戻ってしまった。

その後、副隊長のドールとしてフレンズ化していた素体と同一のアカオオカミの個体が再びフレンズとして姿を見せる。

その奇跡のような光景に喜ぶ一行とカレンダだが……



「あなたたちは、だれですか?」



そこにいるのは副隊長としてのドールではなく、新たなフレンズとして生を受けたドールだった。

そしてそんな新生ドールに博士は言葉を掛ける。


「ようこそ、ジャパリパークへ」


と。



「……………………こんなの、」


「……………………奇跡じゃ、ない」



ここでメインシナリオ8章は幕を閉じる。



メインシナリオ8章のギミックについて

上記の流れを見ても未プレイヤーからは少々大げさに見えるかもしれない。

しかし、ここまでプレイヤーたる隊長諸氏に衝撃を与えるのは、単に物語の内容だけでなく、ゲーム中のギミックや演出と随時更新される配信形式によるものも大きい。


前後編に分けられた配信

メインシナリオ8章ではそれ以前までには見られなかった、前編後編に分けられたストーリー配信形式が取られ、前編6話までは2020年8月21日(金)14時から、7話以降の後編は8月24日(月)14時に配信され12話まで解禁された。

土曜日と日曜日を挟むことによりプレイヤーのストーリー進行の足並みが揃いやすいため、ネタバレの防止やリアルタイムでの反響が波及しやすい状態になった。

この配信形式の取り方に様々な憶測が考えられるが、この反響が狙い通りのものだとするならばアプリ運営とシナリオライターの手腕は特筆すべきものがある。


プレイヤー(隊長)の戦線離脱

上述のハンターセルによるプレイヤー(隊長)の負傷により、なんと10話からフレンズに対するゲーム中の行動がほとんどできなくなる。

ゲームを進行するためマップ画面から10話を選択するとこのバトルには隊長が参加できませんと警告が表示され


・バトルはオートで進行します

・フレンズはランダムで行動します

・ターゲットを指示できません

・隊長スキルが使用できません

・おかわりできません

・たいきスキルのタイミングを指示できません


行動のほぼ全て制限される警告文をデカデカと見せつけられることに多くのプレイヤーは困惑したことだろう。

いざバトルを開始するとまず目にするのが画面中央にまたデカデカと表示される指示を出せません…の文字に、フレンズたちに配られたフラッグも???でマスクされ、けもコーラスもロクに繋がらない、その上に属性の有利不利に関わらずランダムで攻撃するため中々にセルリアンを倒しきれず長期戦を強いられるため、以前よりオート戦闘があれば隊長は不要では?という隊長不要論を払拭する答えとギミックとして、多くのプレイヤーが隊長の重要性を再確認したのだ。


突如としてのムービー挿入

けものフレンズ3においてキャラクターが動画として動くのはオープニングムービーのアニメーションかちょこっとアニメカレンダレコードといった主に外部での展開が多く、メインシナリオにおいてはゲーム内グラフィックと共用のポージングモーションを使った所謂立ち芝居のような形式であり、7章以前までは動画やアニメーションが挿入されることは無かったが、11話最後のストーリー進行、上記のドールが最後の力を振り絞りハンターセルを討伐した時点で立ち芝居が暗転


皆の輝きを取り戻し満足そうな笑みを浮かべ輸送ヘリから落ちるドールとフリッキー、それを追ってカレンダはドールの手を掴むも、無情にもドールはプラズムの光とともに消滅する


という怒涛のムービーシーンの展開を迎える。

メインシナリオ初のムービーが主人公の消滅である。

この時のカレンダの悲痛の表情とドール消滅の演出にプレイヤーも言葉にならなかったことだろう。



しかし悲劇はこれだけでは終わらなかった。



フリッキー型セルリアン戦

ドールの輝きが消失し元動物としてのアカオオカミに戻ったのを目の当たりにする探検隊一行。

マイルカは海底よりフリッキーの残骸を回収し、周囲のフレンズたちはドールとフリッキーにお別れを告げるのだが…7章よりフリッキー内部に格納されていたセルリウムが漏出、その輝きを元に4脚の大型セルリアンと化した。

その見た目はアニメ1期における大型セルリアンに酷似しているものの、脚部はまだらに黄色く、さらに割れた胴体から有機的な目を覗かせる、非常におぞましく不気味なデザインのセルリアンとなっていた。

カレンダはその「友人」を模したセルリアンを前に「私たちの大切なもの…全部奪っておいて…その上まだ奪うっていうの!?」とその怒りと悲しみを露わにした。


奇跡、奇跡だわ…!!

そして大型セルリアンを迎え討つ8章12話、タイトルは「ようこそ、ジャパリパークへ」

この時のゲーム中ギミックはドール参加不可、常時からげんき状態というもの。

今までメインシナリオは探検隊パーティで攻略する、というプレイヤーの心を折ってくる。

このタイトルとカレンダが満面の笑みで「奇跡だわ…!!」と発言するグラフィックで

「ははーんさては1期かばんちゃんのように復活するんだな!」と期待したプレイヤーは多くいただろう。

そして難敵であるフリッキー型セルリアンを倒し、転化された輝きがアカオオカミを再び「ドール」としてのカタチを作る。

喜ぶカレンダと探検隊をよそにアフリカオオコノハズク博士とワシミミズク助手は浮かない顔をしており、ドールもまた困惑していた。

そして上記のようにドールは「あなたたちは、誰ですか?」と発言し、カレンダは「こんなの、奇跡じゃない…」と絶望し12話の幕が閉じるのであった。


そう、これは一度死んだ聖人が復活するような奇跡でもなんでもなくフレンズにおける生と死のサイクル、フレンズの世代交代の一環そのものなのである。


そして彼女は消えた

たたみかけるような惨いシナリオにプレイヤーは様々な感情を胸にするのだろうが

ここで新たにデイリーやハードモードこなそうとメインメニューからクエストに移行すると違和感を覚えることになる。


けもフレ3八章クリア後の隊長

いつもいる「彼女」の声が聞こえない。いや、そもそも「彼女」がいない。

なんと11話攻略以降クエストモード選択画面からドールが消滅するのである。

バトル中のみならずここまで用意周到にプレイヤーの心をへし折ってくる運営、ライター、ゲームデザイナーには感服する以外にないだろう…


さらに8章後半公開から時間が経ち、隊長達の心傷も少しずつだが癒えてきたその時、公式は容赦のない追撃をかましてきた。


2020年10月半ば頃に開催されたセルリアン大掃除イベント。

このイベントでは、ステージ選択画面でドールが「隊長さーん!セルリアンの大群ですー!」と、慌てた様子で言い放ってくるのだが、上記日時に開催されたイベントではさも当然とばかりにドールの姿はなくなっており、代わりに「うおおおーっ!いまアライさんが行くのだー!」という台詞と共にアライさんが待ち構えていたのだ。


これまで当たり前のようにそこにいたドールの姿がない事に彼女がいなくなった事を改めて思い知らされた隊長さんは数知れず、塞がりかけていた傷を抉られる事となった。


影響

フレンズを紹介する一覧記事にも記されているが、一度元の動物に戻った個体が再度フレンズ化しても、それまで保持していた記憶は最初から無かった事になってしまう(一部例外はあるが)ので、探検隊メンバー及び副隊長として活躍していたドールが隊長達の前に再び現れる事は絶望的なのである。


8章クリア感想

過去にはアニメシリーズでもそれらを示唆する描写はあったものの、メインキャラクターとなるフレンズがこのような事態に陥ってしまうという展開は初めてであり、ネット上の隊長諸氏からは阿鼻叫喚の声があがり続け、一部では「1期アニメ11話ショックの再来」とまで言わしめるほどの衝撃が走った。

その余りの衝撃に、8章後半公開翌日の8月25日には、何とツイッターに「けもフレ3」がトレンド入りする事態にまで発展した。


さらに、一部の察しのいい隊長の間ではサブシナリオ「アライさん隊長日誌」が最終局面に突入している真っ最中だったので、こちらからも近々ドでかい爆弾を投下されるんじゃないかと身構えている人がちらほら見られたが、こちらは本騒動とは異なり救いのある展開が繰り広げられる事となった。


一方、公式アカウントでは

さらにこれだけには留まらず、ついったーちほーのけもフレ3公式アカウントはそんな隊長達の間に漂うお通夜ムードと言っても差し支えない暗い空気など知ったこっちゃないとばかりに、ハッシュタグ『#けもフレ3への愛を叫ぼう』をつけてお祝いコメントの投稿を推奨するツイートをわざわざ引用RTを使ってまで宣伝しており、ゲーム内でのショッキングな展開そっちのけでけものフレンズ3が1周年を迎える直前である事を全面的に押し出していたため、悲嘆に暮れる隊長達からは「このタイミングでどの口が言いよる」「こっちはそれどころじゃない」「セガ(※)は鬼か」「“かわいいだけじゃない”の謳い文句は嘘じゃ無かった」といった怨嗟と称賛が入り混じった複雑な感情をぶつけられている。


※シナリオ公開当時の主体運営はアピリッツではなくセガだった。


関連タグ

けものフレンズ3 けものフレンズ3(アプリ)

ドール(けものフレンズ)

けものフレンズ11話ショック


余談(更なるネタバレ注意)











































メインストーリーでは各章をクリアした際その章のワンシーンが撮られたフォトを報酬に入手する。

しかしこの8章で手に入れるフォトは……




――このお守りが、約束の証です。

いつか、あなたの目の前から全てが失われてしまったように見えたとき、この写真が、このお守りが、今の約束を果たしてくれることでしょう。


「でも……どうやって?」


それは私にも分かりません。その時がいつ来るかは分からないので。


ですが、これだけは分かる。

その瞬間は…あなたたちの目に、きっと奇跡のように映るはずです。


「奇跡……」


そう、奇跡のように。



ですが、あなたは必ず気づくはずです。

それは決して奇跡などではないということに。


あなたたちが生きるこの世界が、今日この日の約束を果たしただけなのだと。


私は、あなたに信じてほしい。

ジャパリパークを、そして、この世界を。


あなたが生き、あなたと共に生きているこの時間こそが、本当の奇跡なのだと。



……いつか、どうか、気づいてください。



約束




以下、9章ネタバレ

注意!!

この先、メインシナリオ9章のネタバレがあります。
























































一方通行、

転回禁止。



「__はじめまして」


「あなたは、だれですか?」


「抱住」


過去にフレンズだった素体の動物が再びフレンズ化するという稀なケースではあるものの、隊長達の前にいたのは『副隊長としてのドール』ではなく『フレンズとして生まれたばかりのドール』だった。


何も分からないドールは戦いの場にいる訳にはいかず、ライオンの指示でショウジョウトキクロトキに連れられて安全な場所へと避難するために別行動を取る事となった。

その時、巨大セルリアンの進行方向にある森の中にテントが見え、逃げ遅れた者がいないか確かめるためにドール達は森の中へ潜入する。


結局テントの中はもぬけのからだったが、その中からは探検隊メンバーの匂いに混じって自分の匂いもしてくる事を感じたドール。そして、中にはかつての自分が書き連ねてきた日誌も置かれていた。

そこへ運悪くセルリアンが襲撃してきたが、すんでのところでこれまで探検隊が関わってきたフレンズ達が三人のピンチを救う。

……が、『副隊長としてのドール』しか知らない皆から英雄のように持て囃される事に疑問をぶつけてきた今のドールは、前の世代の自分の事を知ってしまった。


「…………私は、ドールなんですよね」


「私が、ドールなんですね?」


紆余曲折あって探検隊の元へ行き着いたドールは、副隊長だった自分の事を知りたいという強い気持ちを探検隊一行にぶつける。

それを聞いたミーアキャットは、なんとドールに探検隊メンバーに加入する事を提案してきた。


ライオン「もしキミが探検隊に入ったとしても…… あの子が過ごした時間を あの子と同じように過ごすわけじゃない あの子には、なれないんだよ?」


仮に探検隊に加入しても、あなたが求めるものは得られないかもしれない。そう告げるライオンに対しても、かつてのマルカに伝えたように「しっかり悩んで考えてほしい」と告げるミーアキャットに対しても、ドールは選択肢を変える事はなかった。


それを聞き入れたライオン達は、目の前に現れたハンターセルを倒せば彼女を副隊長として加入させる事を提案。勿論、万が一の事が起きればその場にいる全員で彼女を守る事も約束して。


僕らが知ってるドールじゃないけど


が、入隊テストを受けたドールはまるで素人とは思えない程に慣れた動きでハンターセルを撃破する。

かつての彼女を彷彿とさせる動きを見た一行は驚きつつも入隊テスト合格を喜び、さらに隊長がかつて彼女が自分に送ってきた招待状も受け取り、再び探検隊への正式加入を果たす。


しかし、その後の各チホーのフレンズ達の協力も得ての巨大セルリアン討伐作戦の最中、追い詰められ始めた巨大セルリアンは突如体内からセルリウムを周囲に撒き散らし始め、さらにそこから発生したハンターセルが襲いかかるという予想外の事態が起き、さらにオオセンザンコウオオアルマジロブラックジャガーらの記憶が奪われてしまう。

思わぬ反撃により陣形は一気に崩れ落ち、一時撤退を余儀なくされるが巨大セルリアンはたくさんのフォトや探検隊の日誌、そして多くの思い出が積まれたスタッフカーそのものを輝きとして追いかけてくる。


一行は態勢を整えもう一度同じ作戦でやり直すか真正面から巨大セルリアンと戦うかのどちらかの方法で戦うことなるがどちらもリスクがありどうしても決断が下せない。


しかしドールのフォトが巨大セルリアンに取られたこと、そしてドールの必死の叫びから、フォトを取りもどすために戦うことを決意する。

探検隊、ジャパリ団、警備隊等が協力しどうにかフォトの奪取には成功したものの……


「__ああ、やっぱり」


「それは あなたのものだったのですわね」


探検隊も含め、ドールを除き巨大セルリアンと戦ったメンバー全員が記憶を奪われ全滅。戦えなくなるという最悪の事態にまで陥ってしまい、万事休す……


「そいやーーーーっ!!」


と思いきや、突如としてアライさん達が合流。

そのまま巨大セルリアンから一緒に逃げ出すも、予想以上の速さで追いかけてくる巨大セルリアンから一行を庇ったフェネックまでもが記憶を奪われてしまう。


それに激昂したアライさんは無謀にも単身で巨大セルリアンに突っ込んでいくも、トキに阻止される。

上空へ避難させられるアライさんは、探検隊一行がこれまで輝きをどうやって取り戻してきたのかをトキに問う。


取り戻すためにただ一生懸命になった、それだけ。それを聞いたアライさんは「だったら思い出だってラクショーで取り戻せるのだ!」と即答。

アライさんから強い意志を感じたのか、トキはそのまま巨大セルリアンの真上へとアライさんを連れて飛び立つ。


「フェネックの思い出を…………!!」


「返せーーーー!!」


上空からアライさんの一撃を食らって巨大セルリアンが体勢を崩したその瞬間、なんとフェネックの記憶が戻ったのだ。


予想外に予想外が重なった展開にドール達は驚愕するが、その仕組みは至極単純なものだった。


絶対に取り戻したいと強く願いながら立ち向かう。

たったそれだけの事で、奪われた記憶は返ってくる。少し前に洞窟の中でセイリュウカレンダに告げた「記憶を掠め取る事しかできないセルリアンなど本来無力に等しい」という言葉はまさにこの事を指していたのだろう。


これを知ったドールは、アライさんと同じように強く願いながら巨大セルリアンを上空から攻撃する。

すると、フェネックの時と同様に記憶を失っていたメンバー達が次々と記憶を取り戻していく。

他のフレンズ達もこれに続き、戦いに加勢していたフレンズ達の記憶が戻る。それだけではなく、各地で「記憶が戻った」というフレンズ達からの報告が続々と入ってきたのだ。


しかし、巨大セルリアンもやられっぱなしではない。今度は体内からこれまで以上のセルリウムを放出し、これまで戦った7体の大型個体を筆頭にかつてないほどに大量発生させたセルリアンによる波状攻撃、及び自身の周囲にハンターセルをまとわりつかせて攻撃を受けないようガードもしてきた。

それどころか、セントラルに結界を張るオイナリサマシーサー達の隙を突いて研究所を襲撃、そこに残されたデータを吸収して女王セルリアンの姿や性質を模倣し、その影響でセルリアン達が統率された動きで攻めてきたのだ。


しかし、女王事件を経験している者もいる上に場数を踏んだ一行は疲弊した中でもそれらを退けていき、さらには取り巻きの大型セルリアンを各個撃破していった事で発生させたバリアーも弱まっていき、事態が悪い方へ転がっていく事は決してなかった。


「あなたの記憶は 失われてなんかいない」


「取り戻そう 私たちなら、必ずできる」


「探検隊なら、必ずできる」


「みんなの心を お願いで一杯にすれば__」


「そうすれば、絶対に取り戻せる」


「だって、ドールの思い出は」


「今もここにあるんだから」


「もしまた無くしてしまったときは」


「何度でも取り戻しましょう」


「そうやって何度でも 友達になろうよ」


「私たちはみんな あなたのことが__」


「あなたのことが」


「キミのことが」


「ドールのことが!」


「大好きだから!!!」






「…………私も!」


「私も、大好きです!」


「私、ジャパリパークに来れて良かった!」


「フレンズになれて良かった!」


「みんなにまた出会えて、良かった!」


「何もなくならない…みんながいれば みんながいてくれるなら」


「私たちの思い出は 絶対に無くならないって、わかったから」


「みんなが、ここに いてくれるから!!」


「みんなのこと これからもずっとずっと!」


「大好きです!!!」


「だから…!」


「だから…………!!」


「__だからっ!!!」


9章纪念


「隊長さん!私、やります!」


「みんなの為に、もっともっともっとー!」


そしてドールの一撃により巨大セルリアンのバリアーの破壊に成功する。


その時____



「…………私は」


「信じていました」


「ごめんなさい」


「あのときは ああするしか、なかったから」


「でも……信じてたから」


「信じてたんです きっとみんな、憶えてくれるって」


「__私の夢も、思い出も 必ず探検隊(ここ)に戻って来れるって」


「そうやって私は、私の夢を 何度でも何度でも叶え続けるんだって」


「信じてた」


「信じて、よかった」



静かに言葉を紡ぐドールは、隊長から渡された一通の手紙を取り出して隊長に手渡す。

「いいんですか?」そう尋ねるミーアキャットにドールは……



「だって、この招待状は」


「私があなたに送ったものじゃないですか」


「隊長さん」


「みんな」







「ただいまっ!!」

隊長とドール



『はじめまして』から『おかえり』へ

my DEAR FRIENDS


8章終盤で絶望のドン底へ叩き落とされた隊長達がついに待ち望んだメインシナリオ9章。

その内容は上記の通りの大どんでん返しが待ち受けていたというもので、9章11話のストーリーを閲覧した後でモード選択画面にもドールの姿が戻ってくるという最大級のご褒美まで付いてくる訳だが、このドールの記憶復活に関しては恒例の考察班による推測が盛んに行われている。

今回のケースは


  • フレンズ化した直後から誰かと行動を共にしていた
  • これまでに関わってきたフレンズ達のほぼ全員が大きな戦いの場に集結していた
  • そこにいた者達が失ったものの帰還を望んでいた
  • 同一の素体がフレンズ化解除→再フレンズ化のルートを辿っている

など、1期アニメ終盤にて大セルリアンに捕食されたかばんちゃんと状況が酷似しているのが先代ドールの存在及び記憶が蘇る主な要因になっていると推察されている。

他にも様々な厳しい条件をクリアした事が今回の奇跡にも見える現象を起こしたとされているが、現状では全ての事柄が推察の域を出ない。
















「……………………………………………………」


「カレンダさん」


「隊長さんにお守りを預けたのは どうしてですか?」


「私には…」


「何が奇跡なのか、もう分かってたから」


「__この星は、この世界は」


「あなたたちと過ごした時間を決して忘れない」


「あなたたちの決意も、歩んだ道も あなたたちの中で生まれた輝きも全て」


「そのことを どうか覚えててください」


「いつか、あなたが記憶を手放す その瞬間まで」



「戻るはずのないものが戻るだなんて」


「まるで奇跡ね♪」


「ええ…本当に 奇跡みたいに見えるわね」


「でも…探検隊(あの子たち)は ずっとずっと取り戻し続けてきたんだもの」


「取り戻すのが今日じゃなくても きっといつか、取り戻してた」


「だから…これはきっと、奇跡じゃない」


「あの日の約束を果たしてくれた …それだけ」


「奇跡なんかじゃ、ない」



「奇跡じゃ、ないの」

関連記事

親記事

けものフレンズ3(アプリ) あぷりばんけものふれんずすりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110216

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました