ピクシブ百科事典

ババロン

ばばろん

ババロン(Babalon)とは、アレイスター・クロウリーの創始した「セレマ」における神格。
目次[非表示]

概要

バビロン(Babylon)と一文字違いの名をもつ女神
アレイスター・クロウリーが用いた英語での発音は「ババロン」だが、日本語媒体では「ベイバロン」表記もみられる。

大淫婦バビロンをイメージソースとしており、この象徴と同様にセリオンマスターテリオン)に乗り、聖杯を持つ。

女性性欲の解放、豊穣を司り、創造生命の原理であるカオス配偶者である。
しかし自身が跨るセリオンを愛人とし、彼女が握る手綱は両者を繋ぐ情熱を象徴する。
ババロンは地上における肉ある者を化身とし、そうした女性は「緋色の女」と呼ばれる。
自らをセリオンと同一視するクロウリーは、生涯において妻や恋人だった女性たちの何人かをこの「緋色の女」であった、あるいはそうだったかもしれないと述べている。

既存神話との関連

クロウリーが「緋色の女」と結び付けた女性たちは彼と魔術において繋がっていたり、共に儀式を行ったりした人物である。
セレマには性魔術の要素も含み、性交渉を宗教儀礼として含んだ古代メソポタミア地中海近辺地域の豊穣の女神を想起させる。
イシュタルイナンナのような女神は、大淫婦バビロンのイメージソースになったと考えられている。
ヨハネの黙示録』においては極めて否定的に扱われていたこのシンボルを、肯定的に捉えなおしたものがババロンと見ることもできる。

セレマの儀礼「グノーシスのミサ」ではエジプト神話イシスマアトインド神話のバヴァニ(パールヴァティーの一側面)と結び付けられる。
彼女はこうした母なる女神を体現するものとしてカバラ生命の樹セフィロト)のセフィラーの一つ「ビナー(理解)」と見なされた。

ババロンにちなんだ名称

ベイバロン・モデル:『蒼穹のファフナー』に登場する機動兵器「ファフナー」の一モデル。
ベイバロンの気:『デビルサマナー ソウルハッカーズ』に登場する技。現時点では本作のみに登場し、女神転生シリーズの後の作品から登場する魔人マザーハーロットは使えない。

関連タグ

グレートマザー

pixivに投稿された作品 pixivで「ババロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 158

コメント