ピクシブ百科事典

パラソルスター

ぱらそるすたー

パラソルスターはタイトー「バブルボブル」シリーズの3作目にあたるPCエンジン用ゲーム。
目次[非表示]

概要

1991年タイトーから発売されたPCエンジンHuカードアクションゲーム

バブルボブル』の続編である『レインボーアイランド』の更に続編であるが、バブルメモリーズが第3弾に位置付けられたため(共にサブタイトルが『The Story of Bubble Bobble Ⅲ』)、PCエンジンでしか出ていない本作は浮いた存在となっている。ただ、他のシリーズ同様これも、PCエンジン版完成直後ながらアーケードゲームとして販売する話が持ち上がったそうであるが、話の段階で立ち消えとなったそうである。
ちなみに、前2作のデザイナーである三辻富貴朗氏はこのときUPLへ入社しているため関係してない。

本作はタイトル通り攻撃手段はパラソルであり、パラソルに敵キャラを乗せて投げる、落ちてくる雫(属性はの4種類)をパラソルで受けて投げつける、受けた雫を5個貯めて作ったジャンボボールを放つ(属性ごとに攻撃方法が異なる)、などを用いてクリアを目指す。
他のシリーズと同様に隠しステージがあり、それをクリアすることで真のエンディングが見られる。

2008年Wiiバーチャルコンソールでも発売された。

余談

日本ではPCエンジン版のみであるが、海外ではTurboGrafx-16版(PCエンジンの海外名)の他に、イギリスの「オーシャンソフトウェア」によりNES版、Amiga版、Atari-ST版、ゲームボーイ版が開発されている。
オーシャンソフトウェアは更に、ZXスペクトラムコモドール64でも販売する計画があったという。ZXスペクトラム版は単純に中止、コモドール版は当初開発者のコンピュータが盗難にあったためとしていたが、実はフリーランスの開発者の妻がコンピュータを壊した上にゲームのバックアップとともに捨ててしまったとのこと。

関連動画

海外版 各機種比較動画

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「パラソルスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 854

コメント