ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マンドリル(DQ)

まんどりる

ここでは、ドラゴンクエストシリーズに登場するモンスターのマンドリルについて解説する。
目次 [非表示]

実在する動物についてはマンドリルを参照。


概要

初登場は『ドラゴンクエストⅡ』。実在する猿であるマンドリル(ヒヒ)をモチーフにしたモンスター。

ドラゴンクエスト2  マンドリル

実在のものよりがっちりとしたゴリラのようなガタイをしており、特徴的な顔の模様は青と赤が反転している。

このモンスターで特筆すべきは、特殊攻撃を持たない代わりに高いHPと攻撃力を持つ物理特化型モンスターであることである。


「ムーンペタ」から「ドラゴンの角」の南側までと広範囲に出現するが、同地域に出現する他のモンスターの倍近いどう考えても設定がおかしいHPと攻撃力を持ち、4匹のグループで現れることも多いため、「ラーの鏡」を取りに向かうロトの血族に絶望を与えた。


『ドラゴンクエストⅡ』の高難易度を象徴するインパクト大のモンスターの一体であったため、小説やゲームブックなどの他メディアにも難敵として登場し絶望をふりまいた。


製作者側も問題視していたらしく(開発期間が短かったための調整不足であったといわれる)、ナンバリングタイトルでは『ドラゴンクエストⅨ』まで登場せず、リメイク版では弱体化したうえに出現数や出現率を下げられてしまっている。


まあその『ドラゴンクエストⅨ』ではカルバドの集落を惑わす呪幻師シャルマナの正体を暴くナムジンの親友と言うなかなかオイシイ立場をもらったのだが。


『ドラゴンクエストⅡ』の世界がモチーフの『ドラゴンクエストビルダーズ2』では、モンゾーラ島の森林地帯や、ジメジメ島などジャングルをイメージした地域の通常敵として登場している。なおアイテムバナナの説明文は「マンドリルの好物」である。


マンドリル系のモンスター

ドラゴンクエスト2  バフーン

ルプガナやアレフガルドに出現する緑色のヒヒ。攻略上はさらに先の地域の上位種だが攻撃力はマンドリルより低く、地味な不遇モンスターとされることもある。

名前の元ネタは英語でヒヒの一種をあらわす「Baboon」。


ドラゴンクエスト2  ヒババンゴ

テパやペルポイなど終盤のフィールドに出現する紫色のヒヒ。くびかりぞくとともに出現し「つうこんのいちげき」を放ってくるため、ここでもマンドリルほどではないが全滅の憂き目を見たものは多い。

名前の元ネタは広島県で目撃された類人猿のようなUMAヒバゴン


『ドラゴンクエストビルダーズ2』ではモンゾーラ島のボスとして登場。くさり風を巻き起こす事で土と作物を腐らせるババンゴの実を大量発生させている。


関連タグ

ドラゴンクエスト DQモンスター・獣系

マンドリル

関連記事

親記事

DQモンスター・獣系 どらくえもんすたーけものけい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169696

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました