ピクシブ百科事典

ももんじゃ

ももんじゃ

ももんじゃとは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

ももんじゃのうた

ももんじゃ ももんじゃ
どんなももんじゃ
あんなももんじゃ
こんなももんじゃ
あ、それ!
(作詞:柴田亜美)
ももんじゃがピサロのために作った歌。
5番まであるらしい。

概要

初登場はドラゴンクエスト4。第4章から登場するモンスターで、アヒルのような嘴に長い尻尾とふわふわした体毛を持つ。
4コマ作家の牧野博之氏の持ちネタモンスターの1匹で、「があがあがあ」と鳴く。
ピサロを「ぴー坊」呼ばわりし、自分の抜け毛を飛ばしたりオナラを用いた合図などでピサロ達魔族の幹部を困らせる。他にも、弟の“ももたろう”が登場(彼もピサロをピー助ちゃんと呼んだ)したりとにかく大暴走している。

本編での出番は少ないがドラゴンクエストモンスターズシリーズでは全ての作品で登場しているなど、外伝作品では出番が多い。
また「ももんじゃのしっぽ」というアイテムとしても名前が使われており、戦闘中に使うと戦っているモンスターを仲間にしたことがあるかどうかを教えてくれる。
第1作目「テリーのワンダーランド」でのみ、フィールド上で使うと次の階層へ行ける穴がある方角を教えてくれる。
また「スライムもりもりドラゴンクエスト」ではしっぽ団という悪の組織を立ち上げている。

DQ4の外伝的作品「トルネコの大冒険」でも登場しており、第1作目ではダンジョンに生息するモンスターの役割のほか、ダンジョンで力尽きたトルネコを4匹で抱え上げ、地上まで運び出す役目も担っている。
ちなみにこの運び出す4匹は作家陣の間で人気だったのか、4コマシリーズでトルネコ一家と交流したりするなどのほのぼのとしたネタが描かれている。

戦闘能力に関しては、どのシリーズでも大抵が「最弱のスライムにちょっと毛が生えた程度の強さ」といった所で、パーティがちょっとでも育てば苦戦する事はなくなる。
モンスターズシリーズなど仲間にできるタイトルで育成した場合も、いまいちパッとしない強さで終わる事がほとんど。
また、後続のタイトルではスライム系統に特効を持っていたり、スライム系統が習得できるスラ・ストライクのパロディである「モジャストライク」を使えるなど、スライムもりもりドラゴンクエストを意識した内容がちらほら見られる。

ももんじゃ系のモンスター

  • ダックスビル

ももんじゃの上位種(登場自体はももんじゃより先)で、褐色の体毛を持つ。
ももんじゃと違いルカニを唱える事が出来る為、放置すると危険。
ドラゴンクエストⅣの1章「王宮の戦士たち」では得意のルカニとそこそこの素早さを駆使してライアンを苦しめる。
守備が下がった所を他のモンスターに狙われると危険なので、ホイミンを仲間にして守りを固めるか、破邪の剣を拾っておけば、ほぼ一撃で倒せる。

  • メイジももんじゃ
ももんじゃ系の最上位種で、青い体毛を持つ。
そこそこ打たれ強い上にヒャドを唱える為、やはり放置すると危険。
ドラゴンクエストⅣの4章「モンバーバラの姉妹」序章で、メイジももんじゃが生息する地域へ行くのは、マーニャミネアが弱いため自殺行為になりかねない。
オーリンがいれば簡単に撃破可能になる。

  • セージももんじゃ
DQMJ3」で初登場した赤い体毛のももんじゃ。
見た目に反して能力値は非常に高く、MPと素早さはトップタイ。
次いで守備力、かしこさが高く、攻撃力もなかなか。
…が、体力は非常に低く、全モンスター中ブービー

  • ドン・モジャール
スライムもりもりドラゴンクエスト」に登場。
テンガロンハットに左目の眼帯といったギャングのような風貌に加え、7本もある尻尾が特徴。
悪の組織しっぽ団のボスで、シリーズを通して主人公スラリンの敵として立ちはだかる。
また、3DS版リメイクのイルルカでは「衝撃のしっぽ団」という名前で登場。分類は魔獣系のSランクモンスターとなっている。初代スラもりのしっぽ団メンバーを引き連れているが、これらのメンバー全員で一体のモンスターとして扱われている。

関連タグ

ドラクエ 毛玉 カモノハシ
ピサロ
スライムもりもりドラゴンクエスト しっぽ団

pixivに投稿された作品 pixivで「ももんじゃ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205203

コメント