ピクシブ百科事典

亜種魔法少女

おるたなてぃぶまじかる

『魔法少女・オブ・ジ・エンド』に登場する魔法少女。
目次[非表示]

まじかるー

概要

「魔法少女・オブ・ジ・エンド計画(別名:まじかるパニック)」の黒幕・姫路弥魔法少女の血を媒介にして生み出した未来兵器。
機械的に「人間の殺戮」を主目的とし、それぞれが所持する魔法のステッキを使い、完膚なきまでの攻撃を仕掛け、人間たちに襲いかかる。
個体差はあるが基本的に「まじかるー」しか話さず、頭部を吹き飛ばされてもステッキさえ無事なら何度でも復活する。逆に言えば、魔法少女本体を攻撃しなくてもステッキさえ破壊すれば倒すことが可能。ステッキの形状や固有魔法は、魔法少女によって異なる。

魔法少女の魔法やステッキによる攻撃によって殺害された人間(頭部や上半身を失った一部の者などは例外)は黒いドレスを纏った「まじかるゾンビ」に変貌し、驚異的な身体能力で襲いかかってさらなる犠牲者を発生させる。ただしオリジナルの魔法少女と異なり、武器は身体能力のみで再生能力はないため、頭を吹き飛ばすなどの致命的なダメージを与えれば簡単に倒せる。
また、魔法少女のステッキは人間でも使える模様。

第1部中盤における芥倫太郎の尋問によって、「20年後の未来から来たこと」、その創生に「未来の福本つくねの体が関わっていること」が判明する。

第1部の「魔法少女が出現しない世界」では、穴井美羽殿ヶ谷悠二によって、新たに作られた亜種魔法少女たちは仲間として動き、それぞれが貴衣たちを守るべくついて回るようになった。

なお、基本的に亜種魔法少女の名前の後につくMは、「マジカル」と読む。

亜種魔法少女の誕生

第1部前日譚となる第2部では、2030年の未来で大人になったつくねは魔女の歴史や“13の魔法少女の子”について記された古代文献・“終焉黙示録(オブ・ジ・エンド・カタストロフ)”の最後の切れ端を所持していたが、児上貴衣を人質にした姫路に脅迫され、その切れ端を入れたある箱を渡すことになってしまう。

姫路が亜種魔法少女創生に使用した魔法少女の血は、貴衣とつくねの血液から抽出したDNAで人工的に掛け合わせたもので、亜種魔法少女のデザインは、姫路が終焉黙示録の切れ端を奪うと同時に手に入れた箱の中に入っていた、つくねが幼い頃に描いた絵やぬいぐるみ元となっている

こうして、生み出された亜種魔法少女がパペットマスターによって未来から「時空間通路(ワームホール)」を通じて現代へ送られる場面で第2部が締め括られ、第1部に繋がることとなった。

登場した魔法少女

  • エクスプロド・M/リブ
まじかるー


=ステッキを当てた部分を爆破させるタイプ。掠れた吹き出しと文字で「まじかるー」と喋り、傘の先端についた爆弾を当てるだけで爆発を起こす魔法少女。夜華のスタンガンで倒されたが後に復活し、ステッキを当てなくても爆発を起こせるようになった。「魔法少女が出現しない世界」では、貴衣の護衛についており、クールな性格を与えられたが、若干KYなところがある。
1話(1巻)初登場

  • フレイムドック・M/アニ
=火炎を発射する犬を操るタイプ。「まじかるウウウウ」と叫び、リードにつながれた犬状のステッキから火炎を発生させる。貴衣が車の中で見つけた酒をぶちまけたことにより、自身の魔法で自滅するも、病院に再び出現した。
3話(1巻)初登場
  • カマイタチ・M

カマイタチ・M


=霧にひそみ、相手を襲うタイプ。霧の中で鎌鼬による攻撃をする。黒いフキダシに「まじかるー♪」と喋り、フレイムドック・Mから逃げた貴衣たちを襲った。ステッキは不明。
3話(1巻)初登場

ステッキの先端に人間を引き寄せ、地面に落とすタイプ。丸っこい文字で「まじかるー♥」と喋る。数少ない魔法少女らしい外見をしているためか、イラストの数も多い。こちらが妹。倫太郎を引き寄せ殺害しようとするものの、ナイフで反撃されステッキを奪われた。ステッキは棒の先端にハート。「魔法少女が出現しない世界」では、姉のレパルション・Mと共に鞘野楓の護衛についており、おっとりした性格を与えられた。
4話(1巻)初登場
遠くまで敵を吹き飛ばすタイプ。丸っこい文字で「まじかるー(下向きの)♥」と喋り、髪飾りとステッキの飾りも上下逆。こっちが姉。「魔法少女が出現しない世界」では、妹と共に楓の護衛についており、若干ツンケンとした性格を与えられた。
12話(3巻)初登場

まじかる~♥


←レパルション・M(姉) アトラクション・M(妹)→

まじかるー・・・なんつって
まじかるー…なんつって


(←寄生前 寄生後→)
=脳に寄生して宿主の身体能力を100%まで引き上げるタイプ。「魔法少女が出現しない世界」では、美羽からは「ハナちゃん」、倫太郎からは「ムチ子」と呼ばれている。 とても小さいサイズの魔法少女。唯一しゃべれる魔法少女で、貴重な情報源。最初は楓に寄生していたが、ある理由で相性が合わなかったらしく、美羽に移動。ショッピングモール内の生き残りを次々と殺害するが、貴衣の機転で美羽の体内から追い出され、逃げようとしたところを倫太郎に蚊と間違えられて潰され、ステッキを失い消滅するが、リビングデッド・Mの力によって復活し、寄生した人間の力を限界以上に引き出すパワーアップも施される。病院内で夜華を殺害、それに激昂した倫太郎も殺害する(美羽はショッピングモール内で身体を貸してくれたよしみとして殺さず、見逃した)が、警察手帳に隠していた魔法少女の粒子によって復活した倫太郎に敗れ拷問を受けたが、「魔法少女が出現しない世界」で再登場し、美羽や殿ヶ谷と行動していく。ステッキはメカニカルな形状。
まじかるー・・なんつって
5話(2巻)初登場

  • スモーラージ・M

まじかるー。


=自身の大きさを変えることのできるタイプ。下向きの文字で「まじかるー。」と喋り、巨大化している時の声は簡単に窓ガラスを割るほどで、自衛隊のヘリをあっさり撃墜した。ステッキは万年筆とスケッチブック。ちなみになぜか頭は逆さまである。
7話(2巻)初登場

  • クロノス・M

まじかるー・・・


=ビームを当てたものを過去に飛ばすタイプ。ヘッドフォンをつけたツインテールの魔法少女。ステッキは大型の光線銃。貴衣たちを過去に飛ばすも、謎の二人組に殺害されると同時に貴衣達も過去から帰還する。実は謎の二人組の一人である黒服の仮面が殿ヶ谷に依頼して作らせた本来とは別の目的を持つ特殊な魔法少女であり、他の魔法少女達と同じく、つくねが幼い頃に所持していた魔法少女にそっくりな絵やぬいぐるみがモデルだが、顔立ちは魔法少女の血で悪魔に変貌した白金忍と似ている。後にリビングデッド・Mの力で病院内に再び出現した際はパワーアップを施され、美羽を20年前に飛ばした。喋り方は「まじかるー・・・」
8話(2巻)初登場

  • ポイズンガス・M

まじかるーw


=毒ガスを散布させるタイプ。「まじかるーw」と笑い、タンクと直結したハートのステッキから広範囲に毒ガスを散布させる。
8話(2巻)初登場

  • テリトリー・M
=自分を中心に円形の結界を張りその中のものの動きを止めるタイプ。無理に動こうとすると引きちぎられる。「まじかるーっ」と喋る貴婦人風の魔法少女。ステッキは日傘。
12話(3巻)登場
  • エクスチェンジ・M
=殺傷能力はないが、人体をデタラメに付け直して相手の自由を奪うタイプ。「まじかる〜」と喋る。眼鏡と三つ編みが特徴のナース姿の魔法少女。ステッキは根元が根っこのようになった羽団扇型。
12話(3巻)登場
  • スキンショット・M
=銃で撃った人間の皮膚を分離させるタイプ。ドットの様な吹き出しと文字で「まじかるー↑」と喋るおかっぱ頭のファミコンキャラのような外見をしており、歩くとピコピコ音が鳴る。ステッキは銃。「魔法少女が出現しない世界」では、美羽によって半沢夜華の元へ送られた魔法少女の一体。
12話(3巻)登場
  • クラッシュ・M
=光線で敵を粉微塵にするタイプ「まじかるー?」と喋り、(・ω・)の顔をしているおしゃれな魔法少女。ステッキは細長いタクト状で、キラキラと効果音が出る。
12話(3巻)登場
  • ニードル・M
=巨大な刺を発射するタイプ。吹き出しの中一杯に「まじかる」と連呼する。四つん這いで移動し、背中のタンポポのようなデザインのステッキから発射する刺で、対象を串刺しにする。
12話(3巻)登場
  • ブラックホール・M

爆発ちゃん


=町一つを消し飛ばすほどのブラックホールを放つタイプ。掠れた吹き出しとおしゃれな文字で「まじかるー☆」と喋る。ステッキは茨のついたデザイン。
13話(4巻)登場

  • ザ・ハンズ・M
=対象の空間を手の中に再現して握り潰し、実際の空間にも影響を及ぼすタイプ。本編では未登場だが、パペットマスターはこの魔法少女に変身し、黒服の仮面と白服の子を裏切り者として始末する。
20話(5巻)登場
  • 顔や人体を打ち抜くタイプ
=太い文字で「まじかるぅー」と喋り、クラッカー型のステッキを向けた先の対象を一瞬で円状に打ち抜く魔法少女。
特別読みきり登場
  • 特殊な蝋で相手を拘束するタイプ
=「まじかる…………」と喋るサンタクロースの姿をした魔法少女。エクスチェンジ・M同様、殺傷能力はないが、蝋燭型のステッキの先端部から出す特殊な蝋で、相手の動きを封じる。
特別読みきり登場

ペッ


=魔法少女のあらゆる姿と能力を利用できる力を持つ魔法少女。また、パラサイト・Mと同じく喋れる。姫路と行動を共にする魔法少女だが、その正体は謎に包まれている。オリジナルの他に無数ものコピーが存在するが、唯一の違いはそれぞれほっぺのマークが異なる。
その正体は真壁に囚われていた安倍乃マリア。マリアとしての記憶は姫路によって全て消されてしまったが、殿ヶ谷がマリアの名前を呟いていた際、若干記憶を思い出すような素振りを見せている。被っているお面は元々真壁が正体を隠す際に被っていた仮面に姫路が頬のマークを入れて、新たに作ったもの。
20話(5巻)初登場

病院内に出現した魔法少女

  • リビングデッド・M
まじかるーまとめ


=死んだ魔法少女を復活させるタイプ。腕が6本もあり、残り4本の腕に持った斧で銃弾を受け止めるほど高い戦闘能力を誇る。この魔法少女のステッキから放たれた光を浴びた魔法少女は、パワーアップする。病院内で芦屋と夏川を対峙して惨殺するが、魔法少女の強靭的な身体能力を得た倫太郎に敗北する。喋り方は小声で「まじかるー」。
13話(4巻)初登場

  • スクエア・M/ハコ
=人体を箱形に凝縮するタイプ。「魔法少女が出現しない世界」では、つくねの両親の護衛についており、関西弁口調で気性の荒い性格を与えられた。
14話(4巻)初登場
  • アビス・M

あけまして


=床に落とし穴を作り出し、入った人間を骨だけにするタイプ。最後の「るー」を長く伸ばして「まじかるー」と喋る。麻呂眉が特徴の和風な魔法少女で、ステッキは扇子のようなデザイン。「魔法少女が出現しない世界」では、美羽によって夜華の元へ送られた魔法少女の一体。
14話(4巻)初登場

  • リバーサル・M
=攻撃を受けるとそのままそっくり相手に返すタイプ。フキダシを4つ使い、「ま」「じ」「か」「るー」と喋る。ステッキはリモコンのようなデザイン。
14話(4巻)初登場
  • ミキサー・M
=吸い込んで液体になるまでかき混ぜるタイプ。「魔慈華流ー」と喋るお菊人形とそっくりな魔法少女。ステッキは筒のようなデザインで口の中にある。「魔法少女が出現しない世界」では、美羽によって夜華の元へ送られた魔法少女の一体。
14話(4巻)初登場
  • アシッド・M

ま・じ・か・るーな娘


=塩酸で相手を溶かすタイプ。「ま・じ・か・るー」と喋る。ステッキは先端がラッパ状になっているデザイン。(><)の顔をしており、アトラクション・M&レパルション・Mと並ぶ数少ない魔法少女らしい外見をしている。
14話(4巻)初登場

  • シザース・M

\まじかるー#/


=人体を切り取るタイプ。「まじかるー#」と喋る。ステッキはハサミのようなデザイン。
14話(4巻)初登場

  • サークルカット・M
=一瞬にして壁や人体を打ち抜くタイプ。「ま…じ…か…る…」と喋る。ステッキは先端がファンシーな動物になっているデザイン。
14話(4巻)初登場
  • ティンバー・M

マジカルー


=植物を操るタイプ。何重にも書かれたフキダシと丸い文字で「マジカルー」と喋る。ステッキは右肩の上に乗せたぬいぐるみのようなものであり、そのぬいぐるみの口から巨大な樹木を吐き出し召喚する。
17話(5巻)初登場

  • レイザー・M
=レーザー光線を出し、高温で焼くタイプ。ゴスパンクファッションで、少女の顔に色っぽい体つきをした魔法少女。たどたどしく「まじかるー」と喋る。つくねと楓を探していた貴衣を襲おうとするも、黒服の仮面に瞬殺された。ステッキは棒の先端にドクロが付いたもの。
17話(5巻)初登場

最終章にて登場した魔法少女

  • 地割れを起こすタイプ

=セーラー服姿で、棘の付いた竹馬のステッキに乗った魔法少女。「まじかるー∞」と喋る。竹馬のステッキに乗った状態でジャンプし、着地した地点から、相手に向かって地割れを起こす。
45話(12巻)初登場

  • 体液を噴出させるタイプ
単眼スク水姿の魔法少女。四つ葉のクローバーのような吹き出しで「ま じ か る-」と喋る。マシンガンのステッキから乱射される光弾に当たると、首から上の穴の部分(目・耳・鼻・口)から大量の体液を噴き出してしまう。
45話(12巻)初登場
  • 接触した者を切断するタイプ
=バイク型のステッキに乗り、接触した者を次々切断していく魔法少女。黒い長髪で目と口が◆の形をしており、「まじかるー◆」と喋る。
45話(12巻)初登場
  • 物を石化させるタイプ
ろくろ首のように首を長く伸ばし、チャイナ服を着た魔法少女。フキダシを4つ使って「ま」「じ」「か」「る」と喋り、口の中にあるステッキで対象を石化させ、その場で崩してしまう。
47話(12巻)初登場
  • 電撃を発射するタイプ
=白と黒のチェック柄のドレスで、白髪と黒髪の二つの頭を持つ魔法少女。白い吹き出しと黒い吹き出しでそれぞれ「まじ」「かる」と喋る。組み合わせるとハート型になる二本のステッキを組み合わせ、持ち前の飛行能力で空から電撃を落とす。
47話(12巻)初登場
  • 豆を撒き散らして人間を殺害するタイプ
かぼちゃパンツを穿いた小鬼のような姿をした魔法少女。「まずかるー」と喋り、袋状のステッキから豆を散弾銃のように撒き散らして人間を殺していく。
49話(13巻)初登場
  • 津波を引き起こすタイプ
=見た目は両頬に星マークがあるアフロヘアーのピエロのような頭部で、長い舌を出している魔法少女。水の中に潜み、下水程度の小さな流れでも増幅し、津波を引き起こして襲いかかり、「まっじっかっるぅうううん」と叫ぶ。ステッキは不明。
51話(13巻)初登場
  • 影と同化して対象を一刀両断するタイプ
=三つの頭を持ち、影と同化して両腕の鎌で対象を真っ二つに一刀両断する魔法少女。下水道から脱出したみきを殺害して楓に襲いかかるが、その直後リブに倒された。
51話(13巻)初登場

未来世界に出現した魔法少女

満身創痍の姫路を連れて未来へ戻ったパペットマスターが過去と未来を繋ぐ時空間通路(ワームホール)を閉じていくことで過去の時代へ送られず、20年後の世界で人間達を虐殺していく魔法少女達。

  • 人間を渦状にするタイプ
=髪を短いツインテールに結んだ猫目で小柄な容姿をした魔法少女。「ま、じ、か、るー。」と喋る。一般的な魔法少女のイメージに近いデザインのステッキから、「キラキラ」という効果音と共に光線のような物を出し、人間を蚊取り線香みたく渦状に丸めてしまう。
50話(13巻)初登場
  • 人体を引き裂くタイプ
=一般的な魔女の帽子を被り、ビキニを付けた魔法少女。先端に三日月がついたステッキで人体を引き裂いて殺害していく。
50話(13巻)初登場
  • 人間をエビフライに変えるタイプ
=コックさんの姿をした魔法少女。両手に包丁と棘がついたフライパンのステッキを持っており、人間をエビフライ(尻尾の部分が首になり、それ以外は衣)に変えてしまう。
50話(13巻)初登場
  • ハリケーンで人間をバラバラにするタイプ
=頭にリボンを付けており、ハリケーンを引き起こして人間を巻き込み、バラバラにする魔法少女。ステッキは不明。
50話(13巻)初登場
  • 人間をボールにするタイプ
=大きな丸い目で、鉢巻きをしており、「ラン」と名札のついた体操服でブルマを穿いている魔法少女。スモーラージ・Mとは異なり、初めから巨大な体躯で、「まっじかるー!!」と叫びながら走って人間を踏みつけていくと同時にリレーのバトンのようなステッキで人間を叩き、ボールにしてしまう。その巨体で未来世界の人々を襲うが、花飼みかのの魔法でステッキごと爆破され、力を制御する忍の追撃で上半身を完全に失い、倒された。
50話(13巻)初登場

作中では能力こそ明かされていないが、その他にも首吊り縄を首にかけているチェックのドレスを着飾ったポニーテールの魔法少女や単眼で帽子を被った魔法少女、蜂を擬人化させたような魔法少女などが登場している。

まじかるー
まじかるー



関連イラスト

まじかるー
まじしゃんがーるおぶじえんど


みっちりまじかるマーチ
魔法少女



関連タグ

魔法少女・オブ・ジ・エンド
魔法少女 魔法のステッキ ゾンビ 不死身
児上貴衣 福本つくね 鞘野楓 芥倫太郎 穴井美羽 姫路弥

pixivに投稿された作品 pixivで「亜種魔法少女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 757

コメント