ピクシブ百科事典

打神鞭

だしんべん

中国の伝奇小説『封神演義』に登場する「宝貝(パオペエ)」(仙人の道具)。 姜子牙(太公望)の持つ硬鞭で、彼の必殺武器として使用された。
目次[非表示]

打神鞭とは、封神演義(:封神演义)に登場する宝貝の一つである。

概説

『封神演義』の主人公・姜子牙(太公望)の宝貝。
元始天尊が封神計画を姜子牙に命じた際、餞別として彼に授けたものの一つでもある。
】と表記されるが、「硬鞭(こうべん)」と呼ばれる硬い棒状の打撃武器で、片手でのように振るう棍棒のような代物である。(詳細は「鉄鞭」を参照)

原典における「打神鞭」

硬鞭には、節をつけて打撃時の接触面を狭めて威力を高めるものもあるが、打神鞭もその類いになる。
21の節が存在し、一節に封印のための仙術が4つ施されている。

使い方は簡単。
掛け声と共に打神鞭を相手に向かって投げつけるだけ
あとは打神鞭が自動で相手を追尾し、目標の頭蓋骨を破砕して死に至らしめる。
打神鞭の一撃は、不死とされる如何なる仙道であっても必ず殺すことが出来るという。

ただし、これだけ強力な一方で致命的な欠陥も存在する。
まず効果があるのは「封神榜(封神の対象となる仙道の名簿)」に名がある相手のみと、大変に効果が狭い。
そして打神鞭の封印は一度限りの使い切りで、封神榜に記された仙道は全員で365位なのに対し、打神鞭の封印は21節×4封印=84位分と、圧倒的に使用回数が足りていないのである。
よってどれだけ強力であろうと、使用には慎重にならざるを得ない、非情に癖の強い宝貝なのだ。


藤崎竜版における「打神鞭」

原典に同じく、元始天尊の餞別として授けられた。
形状は白銀教鞭型で、普段は伸縮させて懐に仕舞っている。

ただし風を生み出し、操作する」と、効果が全く異なっている
主に鎌鼬現象を起こし、真空の刃で相手を切り裂くように用いる。
出力次第では竜巻レベルの旋風も巻き起こすことが可能だが、道力を多量に消費する。

後に殷郊との決戦を前に改修され、出力を上げている。
また崑崙山の核からエネルギーを得る「杏黄旗」も仕込むようになり、趙公明戦ではそのパワーで肉薄して見せた。
趙公明のスーパー宝貝「金蛟剪」の前に敗れて砕かれるも、「復活の玉」の霊力で再生されて大型化し、「NEW打神鞭」となってさらに出力を上げている。

太上老君との修行を経てスーパー宝貝「太極図」が宿り、鞭の頭に陰陽魚宝珠が付くようになった。

使用技

「打風刃(だふうば)」
鞭先で鎌鼬現象を起こし、相手を切り裂く。
シンプルながら並の仙道なら、一撃で刃の錆となって封神される。

「打神風(だしんぷう)」
振り抜くことで三日月状の真空の刃を発射する、「打風刃」の飛び道具版。
出力を高めると、大型の妖魔も一刀両断せしめる。

「打風輪(だふうりん)」
「打神風」の風を丸鋸のように形成し、発射する
一度に複数の風の刃を生成でき、一対多数にも対応できる。

竜巻(旋風)
特に固有名称は無し。
強烈な竜巻状の旋風を巻き起こし、周囲の物体を巻き上げて吹き飛ばす。
攻撃の用途で使用されたことは無いが、毒鱗粉等の空間を制圧する宝貝への対抗策として何度か使用された。

関連タグ

武器
封神演義(封神演义)
太公望(姜子牙)
宝貝
一撃必殺 風属性

バアルモン:同名の武器を持つ。こちらは雷撃を放つ。

関連記事

親記事

宝貝 ぱおぺえ

pixivに投稿された作品 pixivで「打神鞭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25

コメント