ピクシブ百科事典

放送基準

ほうそうきじゅん

放送基準はテレビ及びラジオの放送にまつわる基準であり、民放連の定めたものが有名である。
目次[非表示]

日本においては特に、「日本民間放送連盟( 民放連 )が定めるテレビおよびラジオの放送に関する基準」が有名であるが、NHKや各民放独自のもの、CATVなどの放送を取り扱うメディア等が独自ルールを追加しているものも存在し、それらは「番組基準」と記載される場合がある。この項目では日本国を中心に説明を行う。

概要

この基準放送法その他の法律等に基づくものもあるが、多くのものは民放連としての自主規制となっている。主要項目としては、正確迅速報道健全娯楽教育教養の進展児童および青少年に与える影響節度を守り、真実を伝える広告が挙げられる。

詳細

民放連におけるこの基準は多岐にわたり、人権や宗教への配慮、政治等の取り扱い、報道の責任、暴力犯罪等の表現の扱い、児童等への配慮、懸賞や視聴者参加の扱い、広告などの表現や流し方などが定められている。これらの内容は適宜改訂されており、例えば放送禁止曲リスト( 要注意歌謡曲一覧表 )などは過去存在したが廃止されている。

独自の運用等

民放連に加入している放送局においても、運用の違いにより、これらの基準を拡張した基準を用いている場合が存在し、例えばアニメの表現等が変更されている、というのはその基準によるものと思われる。一方、民放連に加盟していない放送局、例えばNHKやケーブルテレビなどでは類似した独自の基準を用いている場合が存在する。

全文など

以下を参照されたし。

海外

海外においては国の事情などにより、それぞれの規制が存在する、例えば年齢制限によるレーティングの存在や、人権や宗教、性や暴力、犯罪等の表現の緩い厳しいが存在したりするが、資料に乏しいためあまり詳しくは記述できない。

関連項目

放送コード 放送禁止用語 自主規制
テレ東規制

その他参考

民放連:放送倫理基本綱領

コメント