ピクシブ百科事典

放送法

ほうそうほう

放送法は、放送・NHK・放送事業者の規律に関する内容を規定する法律、この項目では日本国のものに関して説明を行う。
目次[非表示]

概要

内容は機関の責任や各種手続き、その他組織の形態など、さらにはこれに違反した場合の罰則を定めており、罰則に該当しない場合でも業務の停止を命じることが可能。また、関連する法令に電波法電気通信事業法などが存在する。

歴史

太平洋戦争に制定された「無線電信法」に代わる法律として制定され、電波法、電波監理委員会設置法とセットで「電波三法」として昭和25年公布。同年6月1日より施行された。

結果

この法律が施行されたことにより、以下の状況が発生した。

  • 日本放送協会はこの法律に基づく特殊法人という扱いになり、組織も社団法人から公共企業体へ改組
  • NHK以外のいわゆる民放の設置が認められるようになっていたが、これがその基本となる法律となった。

公平性と業務停止

この法律の公平、公正を求める第四条が取りざたされることが多いのだが、そもそも公平性の判断基準が明確でないこと、業務停止に関しては逆にこの法律の政治的公平報道は事実をまげないという内容や、報道の自由に抵触する可能性が高いため、業務停止命令が出ることはまずなく、効力が薄いとされる。実際、自由民主党高市早苗総務大臣が、「放送法に違反する偏向報道を繰り返し行った場合、電波停止などを命じる可能性がある」と主張したことにより「政府による報道への圧力ではないか」などと物議を醸したことからも明らかであろう。

放送法により処置・警告が行われた事例

  • WINJの委託放送業務認定の取消し 放送免許の剥奪、これは衛星放送による音声放送を行っていたが、経営面その他の状況により放送休止していたWorld Independent Networks Japan( WINJ )が放送が不可能であるとみなされ認定取り消しをされたものである。
  • 発掘!あるある大辞典捏造問題 関西テレビおよび日本テレワークが作成していた「発掘!あるある大事典」において、「納豆によるダイエット効果」を取り上げたものを放送、ところがこの内容に捏造が存在するとされ、番組自体は打ち切りとなった。この件に関し、関西テレビの管轄であった総務省近畿総合通信局は警告の行政指導および電波法に基づく報告書の提出命令を行った
  • 椿事件

リンク先を参照、簡単に説明すると民放連の会合でテレビ朝日の取締役が「非自民党共産党政権の成立のための報道を行った」と発言しそれが問題となった。ただし証拠がなかったため、郵政省が人事・経営の観点から厳重注意する旨の行政指導にとどまった。

関連団体

放送番組審議会

各放送局が設置する団体。

放送法遵守を求める視聴者の会

上智大学の名誉教授渡部昇一氏、アメリカ合衆国カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏・株式会社ローヤル(現:イエローハット)の創業者鍵山秀三郎氏、東京工業大学名誉教授で『日本安全保障・危機管理学会』会長の渡辺利夫氏、経済評論家で著述家でもある上念司氏の5人で平成27年(2015年)11月1日に設立された市民団体で、マスコミに国民主権に基づく民主主義のもと、政治について国民が正しく判断できるよう、公平公正な報道を求めると称して、活動を行っている。
しかしながらこの団体の公平性を疑問視する意見もある。

関連タグ

法律 放送( テレビラジオデータ放送 ) 放送局
放送基準( 放送コード )
偏向報道 四権

外部リンク

e-Gov法令検索:条文
wikipediaの同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「放送法」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267

コメント