ピクシブ百科事典

放送法

ほうそうほう

放送・NHK・放送事業者の規律に関する内容を規定する法律
目次[非表示]

概要

関連する法令に電波法や電気通信事業法など。
太平洋戦争前に制定された「無線電信法」に代わる物として制定され、電波法、電波監理委員会設置法とセットで「電波三法」として1950年に公布。同年6月1日より施行された。
この法律が施行されたことで日本放送協会は放送法に基づく特殊法人という扱いになり、公共企業体へ改組され、NHK以外のいわゆる民放の設置が認められるようになった。

主な内容

  • 放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図る(第1条)
  • 番組編集について、何人からも干渉・規律されない(第3条)
  • 公安・善良な風俗を害しない、政治的公平、報道は事実をまげない、意見が対立している問題はできるだけ多くの角度から論点を明らかにする(第4条第1項)
  • 政治的に公平であること(第4条第2項)
  • 報道は事実をまげないですること(第4条第3項)
  • 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること(第4条第4項)


上述のように法律による規定は定められているが、この放送法の規定には罰則がないため、多くのメディアは違反を平然と行って好き勝手にやっている。
しかし2010年に、電気分野を除いた、工業分野の国際的な標準である国際規格を策定するための非政府組織国際標準化機構(ISO)』によって、『ISO26000』『JISZ26000』という国際規格が規定され、日本も2012年にISO26000へ参加したため、日本国内の組織(企業)は全て、これに従う義務が生じており、この規定について、動画サイトで政治関連の話題を解りやすく解説している、人気YouTuberであるKAZUYAさんが、その詳細について、自身のチャンネルで語っている。





また、近年において自民党高市早苗総務大臣が、放送局が放送法に違反する偏向報道を繰り返し行った場合、電波停止などの罰則を命じる可能性を主張したことから物議を醸している。

放送法違反による事件


関連団体

放送法遵守を求める視聴者の会

上智大学の名誉教授渡部昇一氏、アメリカ合衆国カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏・株式会社ローヤル(現:イエローハット)の創業者鍵山秀三郎氏、東京工業大学名誉教授で『日本安全保障・危機管理学会』会長の渡辺利夫氏、経済評論家で著述家でもある上念司氏の5人で平成27年(2015年)11月1日に設立された市民団体で、マスコミに国民主権に基づく民主主義のもと、政治について国民が正しく判断できるよう、公平公正な報道を求める活動を行っている。

関連動画



関連タグ

法律 放送 報道 新聞
テレビ マスコミ(マスゴミ)
偏向報道 印象操作
報道しない自由 発言捏造

pixivに投稿された作品 pixivで「放送法」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186

コメント