ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ハイルディン船長とする新進気鋭の海賊団。旗艦は「ナグルファル」。
巨兵海賊団」は、百年以上前に世界中で暴れていた伝説を残す巨人族で構成された海賊団であり、「新巨兵海賊団」はその巨兵海賊団の復活を目論んでハイルディンを中心に結成された組織である。最終目的は全ての巨人族を束ねた上でハイルディンがそのとなり、文字通り「新たな巨兵海賊団」として世界にその名を轟かせる事。

現在の構成員は僅か5名だが、その全員がエルバフ出身の若い巨人族であり、一人当たりのパワーは人間の比ではない。また、船長、船大工航海士コック、そして船医と、最低限の役職は一通り揃っている。
なお、「若い」とは言うがあくまで「巨人族の中では」「比較的」という話であり、最年少のメンバーでさえ既に60歳以上。尤も、巨人族の成長速度は人間の二分の一程度なので、外見は十分に若々しく、海賊としてもルーキーと言って差し支えない。

ハイルディンが物語に登場した時点ではバギーズデリバリーに所属する海賊傭兵の一員だった。その圧倒的なパワーによりSクラスとして認定され、組織の稼ぎ頭として活動していたが、ドレスローザにてハイルディンが巻き込まれた騒乱をきっかけに麦わらのルフィを大頭とする麦わら大船団に所属を移す事を決めて脱退
しかしドフラミンゴの失脚直後という絶好の稼ぎ時にほぼ一方的に脱退を表明してしまった(その上理由がバギーにとっては因縁深い麦わらの一味への加担)ため、一応は連絡と辞表の提出を済ませたにもかかわらず同組織からは「脱走者」として追われる身となってしまっている。

麦わら大船団においての通し番号は6番。

構成員

船長。
全ての巨人族の王を夢見るルーキー海賊。一度受けた恩赦は忘れず、命を懸けてでも報いるべく行動しようとする義理堅い性格。
武器は棍棒だが、ドレスローザではほとんど己の拳のみで戦っていた。

船大工。
ハイルディンとは幼馴染の関係で、実はハイルディンより早く物語に登場していた(シャボンディ諸島にて奴隷としてオークションにかけられるところだった巨人族)。シャーロット・リンリンの回想の中にも登場しており、地味に出番が多い。
武器はある意味船大工らしいハンマー

航海士。
長い前髪で右目が隠れている。上半身の露出が少なくマフラーまで巻いているが、一方ではかぶっていないという巨人族の男性にしてはいささか変わったファッションをしている。
武器は自身の身の丈ほどもあるサーベル

コック。
メンバーの中でもとりわけ恰幅の良い体型。
武器は右手に棘付きの金棒、左手に。盾には「」が付いており、を出している。

船医。
新巨兵海賊団の紅一点である美女。かつては同じ村で育ったシャーロット・リンリンとも仲が良かったが、彼女によって引き起こされた事態を機に疎遠となっている。
武器は片刃の

関連項目

ONEPIECE 海賊 巨人族
麦わら大船団

関連記事

親記事

麦わら大船団 むぎわらだいせんだん

子記事

兄弟記事

コメント