ピクシブ百科事典

格闘家(ロマサガ2)

かくとうか

スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『ロマンシングサガ2』に登場するクラスの一種。
目次[非表示]

概要

帝国本拠地のアバロンからほどなく南にある、ニーベルの町を統治している格闘家集団「龍の穴」のリーダー。町の住民からも頼りにされており、格闘家を目指す人々も多い。
しかし、体術が通じないスライム系のモンスターが出没するようになってからは状況が一変。そこに現れたのが、アバロンからやって来たバレンヌ皇帝だった。バレンヌ皇帝にモンスターの巣攻略の協力を依頼する格闘家(格闘家に会わなくてもイベントは進められるが)。そして、プレイヤーである皇帝の判断が、その後の彼らの運命を大きく分けることになる。

スライムには歯が立たない?!

彼らが手を焼いているモンスターの巣だが、ボスが二段構えになっており、中ボスがスライム系のゼラチナスマター、奥に待ち構えるボスが格闘の通じる悪魔系モンスターである。格闘家たちは、自ら町を守るメンツをかけて、悪魔系は自分達で片付けるつもりだという。ここで、皇帝の判断が問われることになる。
ゼラチナスマターだけ倒して引き返せば、格闘家は悪魔系のボスを難なく倒して解決し、格闘家が仲間に加入する。一方、悪魔系も皇帝の手で倒した場合、彼らのメンツは丸潰れとなり皇帝に勝負を挑んでくる。ここで勝てば配下に加わるが、無視したり負けたり戦闘中に逃げたりした場合は腰抜けと見做され二度と仲間に加える事はできなくなる。また、メンツを潰して配下に加えるパターンでは、配下に加えても実際に仲間になるのは皇帝として格闘家を選出した後である。一方で収入はやや上がる。

余談

この作品のスライム系の敵は打撃攻撃に強く、格闘家が主に使用する体術はスライム系には効きにくい為、彼らが手を焼いているのもわかるのだが、序盤で閃く事ができる「気弾」を使用すれば体術でも問題なくスライム系を倒せる(さすがに終盤の敵には威力的に辛い面があるが)。
その為、プレイヤーの間では「彼らは気弾の存在を知らなかったのか」などとたまにネタにされる。

能力など

能力としては腕力・体力・LPが高いが、素早さ・器用さ・魔力は低め。全員が体術技能を持ち、体術技の閃きも優秀。
体術の威力には腕力と素早さの両方が関係する為、体術技能を持つが威力はイマイチ。どちらかというと格闘関係の技を覚える為のクラスである。或いは皇帝に選出して高いHPを活用した前衛アタッカーとして使うのが効果的だろう。

男性のみのクラスであり、作中に登場するのはカール、フリッツ、ダイナマイト、テリー、ブルーザー、ベイダー、ハセ、ライガーの8人。名前の元ネタはプロレスラーである。

なお、カールは皇帝との決闘の際、「ザ・ドラゴン」という名称表記になっているが、この名前が何を意味しているのかは不明である。

格闘家のひとり、ダイナマイトはLP28という脅威の数値を誇る。
この数字は全キャラクター中第2位であり、人間の中ではトップである(流石にLP99のコッペリアに比べると少ないが)。
また、8人の中でライガーだけは技の閃きタイプが異なっており、槍技「活殺獣神衝」を閃く事ができる。

コミカライズ版ではダイナマイトが登場。口数の少ない寡黙な性格だが、短命種の人類を「出来損ないのカス」と蔑むスービエに対し、「高みより見物する者はいつしか足をすくわれるのだ」とオライオンに諭すシーンがある。

所有陣形・龍陣

龍の動きを取り入れた陣形で、先頭に立つ皇帝が行動すると、敵の行動を挟む事なく残りの4人が連続で行動できる。
その為、皇帝の素早さが高く装備が軽ければ、先攻できる確率が上がる。
一方でファストトリックやディレイアクションは無効化される為、皇帝にファストトリックを使わせてもあまり意味がない。
また、攻略本には「皇帝の攻撃力がアップする」と書かれているのだが…実際には上がっていない。
アプリ版ではきちんと上がるようになったので、ただのバグであった模様。

ロマサガ3』にも同名の陣形が登場しているが、ロマサガ2のものとは効果が違い、先頭のキャラクターほど素早さが高く修正され、後方のキャラほど素早さが低く修正される陣形となっている為、敵によく割り込まれる。

関連タグ

ロマンシングサガ2 格闘家

pixivに投稿された作品 pixivで「格闘家(ロマサガ2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1133

コメント