ピクシブ百科事典

桐(駆逐艦)

きり

ここでは、旧日本海軍の松型駆逐艦(丁型駆逐艦)の六番艦について解説する。

大日本帝国海軍駆逐艦松型の6番艦である。
この名を持つ日本海軍の艦船としては樺型駆逐艦「桐」に続いて2隻目となっている。

概要

横須賀海軍工廠にて建造、1944年8月14日就役。当初は訓練部隊である第十一水雷戦隊に編入され、後に第三十一戦隊に移る。
10月17日の捷一号作戦発動によるレイテ沖海戦では小沢艦隊の随伴艦として出撃したが、途中軽巡洋艦大淀からの重油補給で予定の100トンに対し30トンしか補給できなかった。その後、瑞鶴所属の零戦1機が上空警戒後の着艦に失敗し海上に墜落する事故が発生、とともに捜索を行う。捜索終了後は小沢艦隊本隊に合流する予定であったが、あろう事か誤ってアメリカ軍の機動部隊に合流してしまう。幸いこの時は夜間でもありアメリカ側も気付いていなかった為二隻でこっそりと抜け出す事に成功、燃料不足から本隊への合流を断念し、杉とともに高雄へ向かう事となった(尚、小沢艦隊は翌10月25日にエンガノ岬沖海戦に突入している)。
高雄に到達した二隻は奄美大島を経由し、10月30日に呉に帰投した。

11月9日、南方に進出する伊勢日向の護衛として門司を出航。南沙諸島の長島で分かれた後は五十鈴を護衛としてマニラに向かう。途中第二艦隊とすれ違った際に一時護衛に協力し、改めてマニラへ向かい、到着。
到着後は多号作戦に参加、12月9日からの第九次作戦に卯月夕月らとともに参加したが出撃翌日に空襲に遭い、目的地のオルモック湾に着いてみれば同日到着の陸上のアメリカ軍や海上の駆逐艦から攻撃を受け、何とか揚陸を完了させてマニラに退避するも再びの空襲に遭遇、大破した夕月を砲撃処分する事となった。
マニラ帰投後は応急修理の後呉に回航して本格的な修理に入る。その際、回天搭載の為の改造を受けるも柳井で待機する事となり、そのまま終戦を迎えた。

戦後は復員輸送に従事した後、1947年に賠償艦としてソ連に引き渡され、ヴォズロジュジョーンヌイВозрожденныйロシア語『復活した』という意味)へと改称。以降、標的艦ЦЛ-25、工作艦ПМ-65等へと役割を変えつつ使われ続け、1969年に退役、解体された。

関連タグ

大日本帝国海軍 日本海軍 太平洋戦争 駆逐艦
松型駆逐艦 松型 丁型駆逐艦

pixivに投稿された作品 pixivで「桐(駆逐艦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1556

コメント