2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ケータイ小説イジメ返し」の主人公で、大金持ちの少女。
各地に転校をしてはいじめられっ子にイジメ返しを提案して暗躍している。
だが、その内容はかなりグロテスクであり、一部を説明すると…、

  • いじめっ子の髪を鋭利なでめちゃくちゃに切って心を壊し、いじめっ子の肉親と彼氏を殺害するように仕向ける。
  • カンニングの疑惑といじめの証拠動画を拡散してターゲットを自殺させて家庭崩壊へと導く。
  • スタンガンを多用する。
  • 父の権力を利用して、いじめっ子のトップの家のあらゆる物を差し押さえする。それだけではなく、いじめっ子の弟(ハンディキャップ持ち)も殺害する。
  • 教師すらもイジメ返しのターゲットにして、復讐を成功させる。
  • 父の不倫相手の子供でもあり自分の姉妹でもある少女を一方的にいたぶる。
…と、もはやイジメの領域を超えた大罪を犯しまくる程に恐ろしい子である。

容姿

挿絵は無いが、予告漫画他で正式な姿が見られる。その姿は黒髪ロング美肌が特徴の容姿端麗美少女である。

関連タグ

イジメ返し 女主人公 イジメ 悪女 サイコパス アンチヒロイン ダークヒロイン 天使のような悪魔の笑顔 羊の皮を被った狼

















イジメ返しのきっかけと迎えた結末

かなり非情悪魔という言葉がしっくりくるカンナだが、まだイジメ返しをしてなかった時のカンナは普通に良い子であった。良い子だったカンナがイジメ返しをするようになったきっかけは、最後のターゲットである美波が原因だった。カンナは幼稚園の頃に母を美波と美波の両親に殺されており(直接ではなく心理的な形で殺害された。)、母の死の真相を知ったカンナは敵討ちを決意する。その後、美波と美波の両親に復讐を終えた後、最後のイジメ返しに協力してくれた友達の手紙を交換し、手紙を読み終えた後、自宅で焼身自殺をして亡くなった。これで終わりと思われていたが、イジメ返しは桃と信者である神宮寺エマによって継続していくのだった。

余談

各地で暗躍していたきっかけが母を殺された事がきっかけという悲しい理由があったカンナだが、カンナ以外のいじめっ子やいじめられっ子も各々が経験した理不尽によって心が歪んでいた為、皆同じ立場だったのかもしれない(ただし、中には若菜、マミ、綾香、砂羽といった元から悪だったと思われるキャラもチラホラいる。)

もうひとつの関連タグ

復讐鬼 哀しき悪役 消失系ヒロイン(?)
マルベーニ別作品の登場人物だが、カンナと同じく母を殺されて以来凶行に走った悪役。だが、マルベーニが行う悪事はカンナの悪事が可愛く見える程に凶悪。
森口:こちらも別作品の登場人物だが、カンナと同じく理不尽な人物に家族(カンナは母、森口は娘)を殺され復讐を誓ったヒロインで「最初のターゲットが森口(又はカンナ)の復讐によって壊れてしまい、母親を殺害して逮捕され心が破綻した」「最終的に復讐を成功させて敵討ちを果たした」という所がカンナに似ている。だが、最後の復讐を成功させた後に自ら息絶えたカンナと違い、森口は生きている。

関連記事

親記事

イジメ返し いじめがえし

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました