ピクシブ百科事典

超人硬度

ちょうじんこうど

漫画「キン肉マン」における超人の硬さを表す数値。
目次[非表示]

解説

超人が持つパワーを数値化したものにして、超人の強さを数値化したものである「超人強度」とは別で、超人の体の全身あるいは部分、もしくは装備品の硬さを数値化したもの。

超人硬度が明らかになっている超人

キン肉マン(キン肉スグル)
 硬度4.5(鉄)の肉のカーテン

ロビンマスク
 硬度9のサファイアの鎧

悪魔将軍(ゴールドマン)
 1.硬度0のスネークボディ
 2.硬度7のエメラルドパワー
 3.硬度10のダイヤモンドパワー
 4.硬度10#のロンズデーライトパワー

ケンダマン
 体全身が硬度10のダイヤモンドボディ(※たぶん)

ネプチューンマン(喧嘩男)
 左腕が硬度10のダイヤモンドアーム

ストロング・ザ・武道(ザ・マン/超人閻魔)
 硬度10のダイヤモンドパワー

注意

“硬い”ということは、“傷が付きにくい”ということと“変形しにくい”ということであって、“破壊されにくい”ということと“粘り強い”というわけではない。よって超人硬度も、正確には超人の体の全身あるいは部分、もしくは装備品の“傷の付きにくさ”と“変形しにくさ”を数値化したもので、“破壊されにくさ”と“粘り強さ”を数値化したものではない。
“破壊されにくさ”と“粘り強さ”を数値化したものは「靱性」というものであり、そのため超人も、自身の体や装備品を、破壊されにくく、粘り強くするには「超人靱性」というものが必要で、それが高くなければならない。
硬度10のダイヤモンドの靱性は、7.5の水晶である。
よって完璧超人は、“「超人硬度10(ダイヤモンド)こそ完璧な防御力」だと思い込み、勘違いをしていて、思わぬミスをしている”と言える。

関連タグ

キン肉マン ロビンマスク 超人 超人強度 パワー
悪魔将軍 ゴールドマン ケンダマン
ネプチューンマン 喧嘩男
ストロング・ザ・武道 ザ・マン 超人閻魔

コメント