ピクシブ百科事典

邪機械帝国メタトピア

じゃきかいていこくめたとぴあ

『オーズ×キラキラ☆プリキュアアラモード』に登場するオリジナル敵組織。
目次[非表示]

概要

Syogo著作『オーズ×キラキラ☆プリキュアアラモード』に登場するもう一つの敵組織。

皇帝マグナギガを筆頭とした機械生命体による組織集団であり、ノワール一味とは「ちょっとした知り合い」にあたる。但し、グレイブどころか、100年前からノワールに付き従っていたビブリーもその存在を全く知らず、現代のしもべ達との接点は皆無だった模様(少なくともノワールとの関係を考慮すれば、エリシオは知っていたと思われる)。そもそもノワールがマグナギガといつ出会っていたのかも現時点では不明。

地球侵略並びにキラキラ☆プリキュアアラモードよりも実力や能力が優れている仮面ライダーオーズ/火野映司の抹殺を目論み、第十三話でノワール一味と同盟を結ぶ形で行動に乗り出した。

同盟の際にマグナギガはノワールに協力の見返りとして闇のキラキラルの提供を求め、更に邪機四天王やその配下のマグナロイドが悪い妖精と同様、キラキラルを吸収してパワーアップしている点からキラキラルをうばう存在の一角である事が分かる。

ノワール一味が世界を闇のキラキラルで満たされた世界にする為、キラキラルを闇に染めて奪っていたのに対し、メタトピアがキラキラルを収集する目的は現時点で不明。

キラキラルが多く集まれば、それだけ強力なマグナロイドが作れるらしく、少なくともその用途には自身の強化の他、よりハイスペックなマグナロイドの開発も含まれている事が第二十五話で明かされた。

第二十七話では皇帝の護衛であるグバンドがいちご坂(=街1つ分)の大量のキラキラルの略奪に成功し、それを元に謎の兵器の開発を画策している。

地球侵略を目論む彼らにとってキラキラルの収集はその為の手段であり、闇のキラキラルに支配された世界を目指すノワール一味のようにそれ自体が目的ではないらしく、上記の内容からキラキラルの略奪と運用をより戦略的且つ幅広い用途の下に行っており、悪い妖精やノワール一味のように「ただ奪って集めて終わり」という生温い事は決してしない。

黒魔導団とは異なり、プリキュアの存在をオーズと同等に危険視して見くびっておらず、更には1号ライダーからエグゼイドに至るまでの全ての仮面ライダーの情報に加え、映司の過去も調べ上げる等、敵を侮らないその姿勢は非常に徹底している(但し、オーズ達とは異なる世界の仮面ライダーであるビルドクローズについては存在を知らなかった為にデータはない))。

実力は黒魔導団と互角であり、仮面ライダーの力がなければ、プリキュアだけでの勝利は難しく、苦戦は必至で下手をすると敗北も免れない。オーズやプリキュアを苦戦させ、ノワール一味が束になっても敵わない程の充分な戦力を有している(但し、第二十三話ではロスト相手に四天王が束になっても完敗した)。

しかし、それ以上に彼らの持ち味は組織としての規模の大きさであり、参戦した当初はオーズとプリキュアの打倒とその為のデータ収集を目的に戦闘している場面が目立ち、キラキラルを奪う素振りを見せていなかったが、第二十七話で本格的にキラキラルの略奪にも着手し、いちご坂の人々とスイーツからキラキラルを奪う事に成功した。

その組織力を活かし、プリキュアとライダー達の目と手の届く範囲外の場所で手広くキラキラルの略奪を行えば、ディアブルのように人々の心を闇に染め、社会秩序を崩壊させるまでには行かないが、ノワールとそのしもべ以上に甚大な被害を地球規模で齎す事も可能とされる。

斯様な点から構成員の戦闘力、世界に対する危険度や凶悪性、どれをとっても黒魔導団と並んで「ワーストクラス」といえる。

その反面、ロストに完敗を喫してから四天王達の立場が急激に弱まった事に加え、マグナギガに拾われて護衛に就いたグバンドの台頭の他、第二十八話では裏切り者のマグナロイドが現れるなど、回を追うごとに組織の内情は混迷を深めていく。

エンブレムは英表記「MetaTopia」のMTに赤色の角や歯車を合成させたような形をしている。

本拠地

  • 邪機要塞イヴィルギガ


メタトピアがアジトとしている巨大な宇宙要塞。要塞内部にはマグナギガと側近が控える司令室兼のブリッジ(操舵室)の他、四天王達の居住区やスーパーコンピューターを完備したコンピュータールームなどがあり、ここから得たデータを元により強力なマグナロイドの開発を行っている。マグナロイドの開発を行っている点から要塞内部にはその為のラボも存在すると思われるが、現時点では未登場。他にも緊急時の脱出ポットも備え付けられ、第二十八話でマグナリッパーはこれを使って地球に脱走した。

イメージモデルは作者曰く「クライス要塞」らしいが、原典以上に巨大な要塞である事は間違いない。惑星程の大きさはないが、黒魔導団の拠点「黒魔導城」よりも大きい模様。

出撃の際に四天王やマグナロイドがどうやって地球に転移しているかは不明だが、マグナギガの闇はノワールの闇と直結している為、メタトピアの面々はノワールの世界にも簡単に行き来できる。

構成員

皇帝

マグナギガ


イメージCV:梁田清之

メタトピアを束ねる邪機皇帝。

ノワールとは友人関係にあたる。漆黒のアーマーを身に纏っている。その正体だけでなく、どのような経緯で2人が出会ったのかも現時点では不明だが、その内に秘めた闇はノワールより遥かに深くて強大らしい。

はぐれマグナロイドのマグナリッパーからは「バカイザー」と呼ばれている。

側近

皇帝マグナギガに仕える3人の最高幹部。

ギャラクシア


イメージCV:諏訪部順一

メタトピアの司令官でマグナギガの邪機司令。

圧倒的な戦闘力を持つ「戦いの天才」であり、ガイアロスを除く四天王の面々を鍛え上げた張本人でもある。

ネビュラス


イメージCV:石井康嗣

マグナギガの邪機参謀。

IQ2000以上の頭脳を持つ「メタトピアの知恵袋」。

グバンド


イメージCV:中田譲治

マグナギガの邪機護衛。

記憶喪失で彷徨っていたところをマグナギガに拾われ、サイボーグタイプのマグナロイドとしてマグナギガの部下となった。傲岸不遜を絵に描いたような性格であり、四天王を常に見下し、当の四天王(特にアクーネ)からは快く想われていない。更にはマグナギガにも平然でタメ口を叩き、対等であるかのように振る舞う為、ギャラクシアとネビュラスからも煙たがられている。

ガイアロスを遥かに上回るパワーを持ち、頭の切れる一面もあり、メタトピアの幹部の中では最強格を誇る。専用の大剣「グバンブレード」と無敵の盾「グバンシールド」で武装し、不死身の再生能力を持っており、何度倒されても復活できる。

第二十七話では自らの指揮の下、「キラキラル収集に長けたマグナコウモリがキラキラルを強奪し、バグールがボンベの交換やジープでの運搬を行う」という少数精鋭による鮮やかな連携で大量のキラキラルの収集に成功した。

邪機四天王

優れた能力を持つ4人のマグナロイドの幹部集団であり、各系統ごとのマグナロイド達を束ねる機将。

第十九話でマグナロイドの度重なる敗北とエリシオからの要請により遂に戦陣に乗り出す。その戦闘力はキラキラ☆プリキュアアラモードの6人が束になっても敵わず、劇中でもライダーメダルの力を借りて互角に渡り合える程に高い。

個性的な顔触れの彼らだが、第二十三話で過去に大きな絶望を味わった背景から理不尽に満ちた世界を変える為にマグナギガの部下になった事が明かされた。彼らは確固たる自身の信念に基づいて行動し、「同じ闇の住人でもただ周りを見下し、欲望のままに力を振るうだけのノワールのしもべよりも幾分高潔」といえる。

第二十三話でロストに完全なる敗北を喫し、直後に現れたグバンドに見下されたり、部下である筈のマグナロイドに主を変えられたりと、早くも立場的に危うい位置に立たされてしまう。その事でロストから「(四天王も)形無し」、キュアジェラートからも「安っぽい連中」と酷評された。

第二十九話でボルテシア・ブレイザード・アクーネの3人は紛争で家族や居場所を失ったところをマグナギガに拾われ、サイボーグに改造されると同時にギャラクシアやガイアロスに鍛え上げられた事が明らかになった。

いちご坂に出撃する際、マグナギガから新たな武器を授かる。ボルテシアは「邪機神の盾」、ブレイザードは「インフェルナックル」、アクーネは「ポセイドンアロウズ」、ガイアロスは「グランヴォーハンマー」を手にする。なお、「邪機神の盾」は黒魔道団のビビュンが使っていた不滅の盾の欠片をネビュラスが回収し、マグナギガがより強固に改造した。ただし、封印効果は再現していない。

グレイブがいちご坂を闇に染めてからマグナギガの理想に対して疑問を抱き始める。
グバンドが特殊部隊を結成後、グバンドのやり方が気に入らなくて意外な行動に出る。

  • 第三十話ではボルテシアはリオとシエルにいちご商店街のキラキラルが盗まれた事件と食べ物と飲み物を砂に変えた事件の真相を告げ、2人をホイップ達の所に行かせる。
  • 第三十四話ではひまりのオーディションでガイアロスは交戦しているホイップ達を映司とカスタードとジェラートの所に行かせる。
  • 第三十六話ではブレイザードはグバンドに人質を取られているみくを助けて、イヴィルギガでみくの病気を治し、ショコラの元に返す。当の本人は「ボルテシアの妹を思い出して放っておけなかった」と述べている。

第三十七話ではプリキュア達と交戦する際、グバンドに洗脳チップを組み込まれ、操り人形にされて、マカロンへの一斉攻撃をする。グバンドがキラキラルソード・ランドの強奪に成功する。その後、正気に戻るが、洗脳チップによって限界を超えるまで身体を酷使された為、立ち上がる事ができず、グバンドに見捨てられる。

戦闘後、キラパティでいちか達に手当てされ、キリサキがボルテシアとブレイザードとアクーネはサイボーグに改造される前の出来事と戦火に巻き込まれ、3人は運良く生き残ったが、孤児院は破壊され、子供達とボルテシアの姉妹とアクーネの両親が亡くなった事を明かす。映司が「戦争を引き起こした奴らと変わらない」と訴える。いちか達の優しさに触れ、戦意を失い「しろくまブッシュドノエル」を持ち帰って帰還する。

第三十八話ではマグナギガから謹慎処分を言い渡される。

第四十二話ではマグナギガに出撃許可をもらいたいと懇願する。最後のチャンスとして謹慎を解き、マグナオーズを連れて出撃する。

第四十三話では猛毒系のコアメダルに意外な力を隠された為、マグナオーズの金庫にしまっていたアクガルの遺産とバトライザーメダルとルナクレセントが奪い返され、更に暗証番号が初期化されて、マグナオーズが弱体化してしまう。

もう後がないとプリキュア達と一騎打ちするが、完敗される。ザビタンとロストに「現実逃避している」と喝を入れられる。ようやく間違いに気づき、四天王全員は改心し、メタトピアから離反する。

ボルテシア


イメージCV:日笠陽子

「嵐」のマグナロイドを束ねる機将。四天王のリーダー格。

冷静沈着で面倒見が良く、個性的な面子が多い四天王の纏め役も務めている。
邪機羽剣リパストを生成し、これを自在に操り戦う。

第三十五話では仮面ライダービルドと交戦するが敗北する。交戦する際、リパストが強奪される。

昔は亡くなった両親の残した孤児院を経営し、子供達と妹を養う為、姉とアクーネの家でパティシエとして働いていた。因みに姉の方がパティシエとしての腕は上であり、三姉妹の中で次女だった。

ブレイザード


イメージCV:保志総一郎

「炎」のマグナロイドを束ねる機将。

好戦的で凶暴かつ短気な性格で「切り込み隊長」を買って出ている。
四天王の中では唯一武器を持たないが、重火器を自在に生み出す能力を有する。

第三十五話では仮面ライダークローズと一騎打ちする際、「本気で殴り合い出来る奴と戦いたかったんだ!」と全力で殴り合うの楽しんでいた。だが、インフェルナックルがクローズに強奪され敗北する。後にインフェルナックルはクローズの強化アイテムクローズマグマナックルに改造する。

昔は兵士であり、ボルテシアの姉とは将来を誓い合い、戦争が終わったら結婚する約束をしていた。2人は喧嘩馬鹿だが、人間が無差別に死んでいく戦争は嫌いだった。

アクーネ曰く「単細胞で頭が悪く、熱血バカ」であり、その事からアクーネとの折り合いが悪い。

アクーネ


イメージCV:悠木碧

「海」のマグナロイドを束ねる機将。

幼く見える姿とは裏腹に戦闘力は高く、冷酷かつ残忍で非情な性格(グバンド程ではない)だが、お調子者で可愛い物が大好きな少女らしい一面もある。

専用の槍「邪海機槍ポセイギル」で武装し、キラキラルを吸収する事で移動速度と破壊力の増大が可能となる特性を持つ。

オーズよりも実力が見劣りしているプリキュアを小馬鹿にして常に見下しているが、第十九話でキュアマカロンに手玉に取られてからは彼女を目の敵にして付け狙うようになる。

かなり自信過剰な一面が強く、それが仇となって第三十三話で散々見くびり過ぎていたプリキュア(ジェラートを除く)に完敗を喫した。

昔は金持ちのお嬢様であり、ボルテシアの家族とはこの頃からの知り合いで姉のように慕っていた。

ガイアロス


イメージCV:三宅健太

「剛」のマグナロイドを束ねる機将。四天王の中では唯一の完全なロボット戦士。

怪人と魔獣の中間のような姿とベヒモスを思わせるかのような外見が特徴的であり、四天王の中では1番を誇る怪力と防御力の持ち主だが、意外にもボルテシアと同様に頭脳明晰である。

性格は一言で言えば、「極道の親父」である(穿った見方をすれば、インテリヤクザ)。

専用の大斧「邪機戦斧ベヒドゥガス」で武装し、キラキラルを吸収する事で硬度と破壊力の増大が可能となる特性を持つ。

プリキュア達との戦いを通じて少しずつ優しい心が芽生え始める。

マグナロイド


メタトピア配下の戦闘ロボット怪人。四天王と同様、4つの系統に分かれている。

主な詳細はリンク先を参照。

戦闘員

邪機兵バグール


メタトピアの下級戦闘員。

灰色の機械サイボーグの兵士であり、標準装備である銃からは四天王と彼らの指揮するマグナロイドの各系統ごとに異なる攻撃が繰り出される。階級まで存在し、それもバックルごとに異なる。 基本的には喋れないが、白衣を着たタイプは喋れる。

邪機衛兵バグコマンド


メタトピアの中級戦闘員。

青色の機械サイボーグの兵士であり、連射可能なプラズマレーザーガンを右腕に装備し、胸部の発射口から小型ミサイルを連射する。バックルと能力はバグールとは異なり、統一されている。

邪機兵長バグロイヤル


メタトピアの上級戦闘員。

マグナギガ直属の親衛隊を務めるエリート兵士であり、赤い鎧で武装している。右手に槍、左手には盾をそれぞれ装備している。槍からは火炎弾、電撃、風のエネルギー、冷凍弾などの多彩な攻撃を繰り出す。更には両腕をエネルギー砲に変形させ、強力な光線を発射する。

強化ネンドモンスター


ネンドモンスターがグバンド(強化形態)から力を分け与えられてパワーアップした姿。

各所に白・黒・赤・青の4種類の結晶が埋め込まれた黄金の鎧を纏い、頭部には水晶髑髏を模した兜を被り、左腕には特殊部隊の腕章と円形の盾を装備し、右腕には剣を持っている。戦闘に特化するように強化されている為、通常のネンドモンスターより戦闘能力は高く、集団戦を得意とし、武器の剣は銃として使用する他、無数が集合して一体化する事で巨大な姿になれる。

グバンドの配下として従い、グバンド特殊部隊の戦闘員として動く。

戦力

マグナチップ


邪機械帝国メタトピア ALLマグナチップ



マグナロイドの体内に内蔵されているSDカード型のデータチップ。内部にはその時に戦ったオーズやプリキュア達のデータがより細かく記載されるようになっている。

マークにはメタトピアのエンブレムと四天王ごとに4種類の色で分けられている。

第三十七話ではマグナチップと違うグバンドが作った洗脳チップを使い、四天王を洗脳する。尚、即席で作った物だった為、長時間の洗脳はできなかった。洗脳チップによって限界を超えるまで身体を酷使された為、立ち上がる事ができない。

イーグラー


グバンドの指揮の元で作られたグバンド特殊部隊専用の小型飛行メカ。

自転車に鷲の頭部と翼を付けたような形状をし、操縦者は仰向けになるように乗って飛行する。主にバグールが操縦する。「イーグラー戦闘爆撃隊」として常に集団で行動し、身軽な動きで逃走する敵を追い掛け、上空からの攻撃を行う。操縦席に取り付けた二門式のミサイル砲「イーグラーミサイル」と二基の爪状パワーアーム「イーグラークロー」を武器とする。

モチーフは『秘密戦隊ゴレンジャー』のコンドラー、『モンタナ・ジョーンズ』の装甲ハンググライダー・ワルキューレ。

マグナユニット


グバンドの指揮の元で新たに開発された特殊ユニット弾。

手榴弾のような形状をし、無数のバグールなどの戦闘員を圧縮して携帯できる。何百人でも圧縮できるように作られ、安全ピンのような部分を取り外して投げれば、爆発と共に一斉に出現する。

バグールは灰色、バグコマンドは青、バグロイヤルは赤と色で分けられている。

暗黒のキラキラル


キラキラルの性質を反転させて作り変えたキラキラル。

第二十七話でグバンドが強奪したいちご坂の人達のキラキラルの性質を調べ上げた末に作り、あらゆる物質を原子分解できる作用がある。

転送マシーン


暗黒のキラキラルを活用して作り上げた移動マシン。

暗黒のキラキラルをマシーンに使用し、原子に一度分解してから特定の場所に一瞬で移動して、移動先に設置されたマシーンで元の形に再生できる。

劇中ではイヴィルギガからいちご坂まで移動する為に使用している。

マグナリアクター


グバンドが暗黒のキラキラルを活用して作り上げた小型装置。

心を持たない相手にセットする事で暗黒のキラキラルの力によって闘争本能を植え付け、操り人形として意のままに操る事が可能となる。

マグナ砲


グバンドが密かに設計していたメタトピアの最終兵器。

キラキラルの性能を反転させる事で作り変えた「暗黒のキラキラル」をエネルギー源とし、暗黒のキラキラルによる光の粒子のシャワーを発射する。暗黒のキラキラルはあらゆる物体を原子分解する効果があり、この兵器のエネルギーとして使用すれば、生命体のみをキラキラルに転換させてしまう効果がある。

エリシオの世界改変後のいちご坂でマグナ砲の製作を行っていたが、キラキラ☆プリキュアアラモードが復活してしまい、グバンドが追い詰められた為、製作の続きはイヴィルギガで行う。

モデルは『大戦隊ゴーグルファイブ』の最終兵器「ダーク砲」。

関連タグ

オーズ×プリキュアシリーズ

キラキラルをうばう存在:彼らもこの一角である(但し、キラキラルの略奪と運用に関してはメタトピアの方が上)。

マシン帝国バラノイアマトリンティス:メタトピアと同様、ロボットで構成された敵組織

外部リンク

関連記事

親記事

オーズ×プリキュアシリーズの登場人物その2 おーずくろすぷりきゅあしりーずのとうじょうじんぶつそのに

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「邪機械帝国メタトピア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1520

コメント