ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

金属あるいはにおいて、「」と「」と「」を総称したもの、あるいはその組み合わせ。

メダルの名前などで古くから広く用いられている組み合わせであるが、実は全て第11族元素でもあり、周期表において縦に綺麗に並んでいる。

値段の比も、金が銀の約86倍、銀が銅の約75倍となっており、ちょうど80倍前後で銅→銀→金になる形となっている。


メダルの名前など、英語の上では「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」とされている事が多いが、ブロンズは本来は青銅を意味し、ただの銅はカッパーと呼ばれている。

これは元々青銅製だった事の名残らしく、現在でも実際に青銅製である事が多いらしいが、現在は青銅製とは限らないらしい。

また、純銅は錆び易さの問題から使えないらしい。


4番目の要素として、銅の下にが、金の上にプラチナ白金が追加される事も多い。

五行における「五色の金」にも含まれる。


第11族元素の上では、金の次はレントゲニウム(錀)であるが、寿命のある放射性元素であり、また、人工の上でしか確認されておらず、目に見える程まとまった量も生成されていないため、姿も不明となっている。

ネタの上では、「レントゲニウムメダル」がGoogle検索候補に挙がったりはする。


金銀銅の例

一般


創作


関連タグ

  

金銀 金銀銅鉄 金属 元素

三色 メタリックカラー 

関連記事

親記事

金属 きんぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11029

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました