2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

概要

中華料理四川料理)の料理人・料理研究家。
2011年5月から死去まで日本中国料理協会会長。
本名:東建一(あずま けんいち)

1956年1月5日、東京都で父・陳建民と日本人の母・洋子の間に生まれた。
建民は日本における四川料理の第一人者で、赤坂に「四川飯店」を開店していた。
玉川大学を卒業した健一は、その四川飯店で修行を積み、1990年に建民が死去するとオーナーに就任している。

1993年、料理番組『料理の鉄人』(フジテレビ系)に出演したことで全国区の知名度を得る。
同番組は1999年の終了までレギュラー出演し、トレードマークの黄色い衣装と「中華の鉄人」の異名で親しまれた。
四川飯店グループも店舗が増え、一大企業となった。

2010年、肺がんの治療のため、四川飯店の経営を息子の陳建太郎に譲り、自身は裏方に回るようになる。
2013年11月、黄綬褒章を受章。

2023年3月11日、都内の病院で間質性肺炎のため死去した。67歳没。

余談

  • 健一は出生時から日本国籍であるが、表舞台では父親の旧姓に倣い「陳」を名乗った。このため、中国人と勘違いする人が多かった。
  • 義務教育を東京中華学校(台湾系)で過ごしたこともあり、中国語を習得していた。
  • 日本国内で親しまれている麻婆豆腐の味は、彼が広めたものとされている。
  • 『料理の鉄人』の初期鉄人3人の内では彼が一番若かった(陳が亡くなった時点で、の道場六三郎が92歳、の坂井宏行が80歳)。

関連項目

中華料理 料理人

関連記事

親記事

料理人 りょうりにん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました