ピクシブ百科事典

BIG5(遊戯王)

びっぐふぁいぶ

『遊戯王』に登場する架空の会社「海馬コーポレーション」の重役達のことである。(メイン画像はBIG5の内の一人である『BIG1』こと大下幸之助)
目次[非表示]

概要

遊戯王』に登場する海馬コーポレーションの中でも重要なポストに就いている5人の重鎮。
原作ではペガサスと手を組み、海馬コーポレーションを乗っ取ろうと合作するも、ペガサスの敗北と同時に計画は白紙となり、そこで彼らの出番も終わることとなる。

一方でアニメでは、アニメオリジナルストーリーにて二度登場。デュエルモンスターズクエスト編、乃亜編にて遊戯達の前に立ち塞がる。
デュエルモンスターズクエスト編ではペガサス島から帰還した海馬を抹消すべく、電脳世界にて葬り去ろうとするも遊戯達の活躍もあり計画は失敗。意識だけの存在となり電脳世界をさまようこととなる。
乃亜編ではデュエルモンスターズクエスト編後、乃亜に救い出されていたことが判明し、現実世界に再び戻るべく、代わりの身体として遊戯達の身体をデュエルで勝って奪おうとする。
この際、本来の姿ではなく、自らがデッキマスター(乃亜編での特殊ルール。自分のデッキからモンスターを一体選び、そのデュエル中、指定のタイミングで効果を使うことが出来る。)に選んだモンスターの姿を借りて登場。遊戯達と激しいデュエルを繰り広げることとなる。デッキコンセプトは彼ら自身の思想を体現したような物になっており非常に強力かつ実戦的なデッキを持つ者も居れば、お世辞にも強いとはいえないファンデッキの類のようなデッキを持つ者も居る。

BIG5

BIG1 大下幸之助

「妖怪」とも呼ばれる企業買収のスペシャリスト。
BIG5の一番手として遊戯とデュエルを行う。

デッキマスターは「深海の戦士」。
自分モンスターが攻撃対象になったとき、自分フィールド上のモンスター2体を生贄に捧げることで攻撃を無効にしそのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与えるという効果を持つ。

BIG2 大瀧修三

BIG5の人事担当。
BIG5の2番手として杏子とデュエルを行う。

デッキマスターは「ペンギン・ナイトメア」。自分フィールドの水属性モンスターの攻撃力を200ポイントアップするという効果を持つ(同名カードが後にOCG化された際にも、この効果を持っている。)

BIG3 大岡筑前

黒も白に変えると豪語する顧問弁護士。
BIG5の3番手として城之内とデュエルを行う。

デッキマスターは「ジャッジ・マン」。
1000ポイントのライフを払い、相手モンスターをすべて除外した上で除外したモンスターの数だけ相手に500ポイントのダメージを与え、かつ相手のターンでも使用できる。という目を疑うような効果を持つ。

BIG4 大田宗一郎

軍需工場の工事町で「鬼軍曹」の異名を持つ。
BIG4の4番手として本田、御伽、静香とデュエルを行う。

デッキマスターは「機械軍曹」(後に機械王と融合しパーフェクト機械王となる)。
自分の手札にある機械族モンスターを任意の数墓地に送り、その数×500のダメージを相手に与えるという効果を持つ。

BIG5 大門小五郎

海馬剛三郎の元側近。
BIG5最後の刺客として海馬とデュエルを行う。

デッキマスターは「人造人間サイコショッカー」。
相手フィールド上のトラップカードの効果と発動を無効にし破壊するという原作版のサイコショッカーの効果を持つ。

最終決戦

各BIG5撃破後、BIG5達は最後のチャンスを乃亜からもらい、5人全員で遊戯、城ノ内のタッグを前に最後のデュエルを申し込んでくることとなる。
大田が破った本田の体の中に5人の意識が共有していることとなり、何かしらのターニングポイントでデッキマスターやデッキコンセプトを入れ替えてくる(決定的なミスを犯したり、誰かの得意とする種族のモンスターを召喚されたときなど)。
基本的にはそれぞれが得意とするカードを使うのだが、主人格毎にデッキを入れ替えているわけではないようで、劇中では大岡が機械王を召喚するなど、それぞれのコンセプトを混ぜた一つのデッキを使用しているようである。
デュエルが終盤に差し掛かると、それぞれのデッキマスターを融合させ、デッキマスターF・G・D(ファイブゴッドドラゴン)を召喚する。効果は召喚時、相手フィールド上のカードを全て破壊するという極めて強力なもの。
この切り札を持って圧倒的優位に立つが、遊戯と城ノ内のデッキマスター、ブラック・マジシャンと炎の剣士が融合した黒炎の騎士-ブラック・フレア・ナイト-の効果によって召喚された幻影の騎士-ミラージュ・ナイト-の相手モンスターの攻撃力を自身の攻撃力に加算するという効果の前にF・G・Dが戦闘破壊されるが、まだデュエルは終わっておらず、彼らは魔法カード「デーモンとの駆け引き」で真の切り札、「バーサーク・デッド・ドラゴン」を召喚。1ターンに4回攻撃をすることができるという効果で遊戯と城ノ内の場を一掃しようとするが、城ノ内の1ドル銀貨(攻撃力1000以下のモンスターの破壊とプレイヤーへのダメージを0にする)のカードで防がれ、魔法カード「騎士の称号」にて戦士族となったブラック・マジシャンにデッキマスター炎の剣士の攻撃力を加えた一撃を受け、今度こそ完全に敗北することとなる。

敗北後は乃亜に完全に見切りをつけられ、電脳世界からもその存在を抹消されるという悲惨な末路を遂げた。
ただ、GBA版ゲームでは(一応)復活したのか、カイバーマンと戦う敵役としてヒーローショーの役者を行っている模様。

また、GXでは(中の人が初代BIG2を演じていた)人造人間サイコ・ショッカーの精霊が登場したが、乃亜に消されたBIG5の成れの果てが亡霊となったものは不明。

関連記事

親記事

海馬コーポレーション かいばこーぽれーしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「BIG5(遊戯王)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「BIG5(遊戯王)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4435

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました