ピクシブ百科事典

P-39

ぴーさんきゅう

制式名称は『エアラコブラ』。ヘリコプターで有名なベル社の記念すべき第1作である。特徴的なのはエンジンをコクピット後方に設けている事で、これにより機首に強力な機銃を搭載できる。アメリカでは不評な戦闘機だったが、レンドリースされたソビエトでは絶大な支持を得た。改良型のP-63も供与されている。
目次[非表示]

苦肉の機首武装

戦闘機の武装は出来るだけ機首に集中させたほうが効率がいい。
そうすれば距離によって弾道が集中・拡散する事もなく、どんな距離でも一直線上で狙えるからである。

当時の戦闘機の武装と言えば、機首に積めないとなると、主翼にも機銃を搭載するのが一般的でだった。これは少しだけ内側に向けて配置されており、照準機で狙った場所には一定の距離で集中するようになっている。
(逆に言えば他の距離では弾道が拡散してしまい、命中しない)

また、主翼を重くする事には欠点もあり、重くすると頑丈に作らなければならなくなる事も忘れてはいけない。旋回では加速度(G)がかかり、かかる重量は実際の3倍・4倍にもなる。そして重量増加は加速や上昇力、最高速度の低下を招く。「重い」は致命的な弱点にも繋がるのだ。

革新の新発想

当時、アメリカでは新型の武装に37㎜機銃が加えられた。もちろん強力な弾薬を発射でき、1発の命中でも敵を葬り去る事が可能である。ただ問題としては機銃が大型で、機首に搭載するとエンジンが収まらない事があった。

これを解決するためP-39は機首に強力な37㎜機関砲を搭載し、エンジンは延長軸(プロペラシャフト)で動力を伝えるようにして、コクピット後方に配置した。37㎜機銃の他に12.7mm機も主翼に収め、濃密な火線が敵を圧倒するという算段である。

エンジンもアリソンV-1710で、P-40等と同じエンジンとなった。液冷の特色を生かし、ラジエータやオイルクーラーは機首以外に配置して省スペースを実現している。他にも重量物は機体の重心近くに配置し、これにより優秀な運動性が得られるはずであった。

前途は洋々。実際は・・・?

1935年に設立されたベル・エアクラフト社では上記のような工夫を凝らし、P-39を設計した。
実際に製作されたP-39の試作機(XP-39)は
・高度6096m)での上昇に5分
・最高速度は628km/h
と高い性能を示し、陸軍は採用を決定。

だが、実際に戦闘用の装備(機銃など)を搭載すると増加した重量で性能は低下。さらにトラブル続きだった排気タービンも取り外しが指示され、性能低下に拍車をかけた。そうしてようやく完成したP-39だったが、完成した戦闘機に優秀さは残っていなかった

最高速度は低下しており、(P-39Cで609km/h。以降低下を続ける)
排気タービンも外したせいで、高度3000m以上でのエンジン性能が大幅に落ちていた。苦悩はまだまだ続く。

VS日本軍

最初の実戦は太平洋戦線のガダルカナル島である。
戦ったのはイギリスにも供与された「カリブーⅠ」だった。一番の特徴は火力であり、日本の零戦一式戦闘機にも対抗できる、と思われた。

しかし結果は無残なまでの惨敗。これは重量物を機体重心に配置する、というP-39の特性にあった。設計では重心と舵との距離が近づけていたが、これは操舵の効きが悪かったという事にもなり、P-39の操縦性にキレが無く、反応も非常に鈍い(メリハリがない)という欠点が浮き彫りになっていた。

同様の問題はイギリスも直面しており、ちょっと使っただけでアメリカに返却される機体が続出した。(アメリカでは返却された機体を「P-400」と命名し、区別した)
結局のところ、鈍重なP-39など旋回性能を重視して設計された零戦の絶好のカモにされ、独特の恰好から「かつおぶし」などと呼ばれるだけの有様になってしまった。

飛んだところでカモ同然の運動性では撃墜されるだけなのは間違いなく、このところ負け続きのアメリカは、景気の悪いP-39を早くに前線から引き揚げざるを得ないのだった。

しかし『捨てる神あれば拾う神あり』、意外なユーザーが現れたのだった。

空飛ぶカツオブシと赤旗の軍勢

こうしてP-39は不評を買ってしまい、余りモノとして返品在庫が積み上がってしまった。
だが、時代はP-39を見捨ててはいなかった。

1941年3月11日、アメリカ議会において『レンドリース法』が成立。
これによりイギリスソビエトを始めとする連合国に対し、アメリカが兵器などの軍需物資を供給(貸与)することになった。

もちろんP-39も供給される事になった。アメリカからは他にも、P-40M3中戦車など、『生産中で今すぐ用意出来る兵器』が選ばれた。P-39はロシアに戦いの場を移していくのである。

ソビエトに供与されたP-39は、アメリカも予想外の大活躍を果たした。
高度3000m以上で性能が低下するエンジンだったが、対地支援任務を主とするソ連空軍では低空での作戦が多く、問題にはならなかった。(Il-2も高度1000~3000mが性能の最高である)

低空飛行が多いなら高度性能の悪さは問題にはならず、むしろ攻撃機としても高い能力を誇った。機首の37mm機関砲の榴弾は強烈な破壊力があり、機銃掃射では凄まじい威力を発揮、あるエースパイロットの編隊は、ドイツ軍のタンカーを炎上させたことさえあった。下向きにまがった機首も下方視界がよく、対地攻撃には都合が良かった。

東部戦線でのアリソンエンジンは何故か寿命が短く、特に初期には規定耐久時間が120時間のはずが、50時間しか保たないという信頼性の低さで、頻繁に交換しながらの運用となったが、後にある程度改善された。また防弾装甲が頑丈なことも、好評を博した。
(当時のアメリカでは12.7mm機銃にも耐えられる装甲を施していた)

もちろん攻撃機としてだけではなく、本来の戦闘機としても大いに活躍。主翼の機銃を撤去して軽量化されたP-39は低空において、その乗員によればドイツ軍戦闘機に劣らぬ性能を発揮したと言われ、何人ものエースパイロットを輩出している。

エアラコブラ⇒キングコブラ

こうしてP-39は殆どがソビエトで活躍する事になった。
P-39の出品後、ベル社はエンジンを換装して再設計した『P-63 キングコブラ』を開発しており、こちらも続いてソビエトに供与される事になった。エンジンが改良型の出力向上型になり、空戦性能などは『P-51P-47にも比肩する』と評価された。

しかし航続距離や上昇力が悪く、太平洋でもヨーロッパでも使いどころが無い、とくれば行く先はソビエトへのレンドリース』である。性能は向上していたので、P-63も好評をもって受け入れられた。こちらは主に迎撃戦闘機として活躍している。

なお、少数がアメリカでも爆撃機からの射撃練習用(RP-63「ピンボール」)として使われており、防御機銃手の技量向上に一役かっていたという。

pixivに投稿された作品 pixivで「P-39」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29342

コメント