ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

鉄道をテーマにした映画のシリーズ。
2020年現在三部まで制作されており、いずれも地方のローカル私鉄を舞台にしている。

シリーズ一覧

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

2010年公開。舞台は一畑電車。主演は中井貴一

あらすじ

大手電機メーカー幹部の筒井肇(中井貴一)は、実家の母が倒れた事と、親しい同期が事故死した事をきっかけに人生を考え直し、幼い頃に好きだった電車への想いから島根県に帰郷して一畑電車に転職。49歳にして運転士を目指す。

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ

2011年公開。舞台は富山地方鉄道。主演は三浦友和

あらすじ

電車の運転士を35年間勤め上げ、一か月後に定年退職を迎える滝島徹(三浦友和)は、妻の佐和子(余貴美子)と定年後の人生について口論になり、ついには離婚を前提に別居してしまう。それぞれ仕事仲間や同級生との会話、そしてとある事件を経て互いの価値観に向き合い、心の溝を埋めてゆく。

かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発

2018年公開。舞台は肥薩おれんじ鉄道。主演は國村隼有村架純

あらすじ

東京都で家族三人で暮らしていた奥薗晶(有村架純)は、夫の修平(青木崇高)がくも膜下出血で突然死したことから路頭に迷い、連れ子の駿也(歸山竜成)と共に鹿児島県に住む修平の父・節夫(國村隼)の下に身を寄せる。節夫は鉄道の運転士をしており、その影響で子供の頃に鉄道が大好きだった修平の遺志と駿也の想いから、晶は肥薩おれんじ鉄道の運転士を目指す。

関連項目

映画 邦画 鉄道

関連記事

親記事

鉄道 てつどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「RAILWAYS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112

コメント