ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

1989年7月15日に「東映まんがまつり」の一遍として、公開された映画『ドラゴンボールZ』の通称。


劇場公開作としてはアニメ『ドラゴンボール』から数えて、4作目であり『ドラゴンボールZ』としては初の劇場作品となる。


悟空と悟飯とクリリンとピッコロの4戦士が劇場版敵勢力と戦う構成が確立され、話自体は『Z』の始まりの章でもあるサイヤ人編序章のラディッツ襲来をアレンジしたものとなっている。


時系列としてはラディッツ襲来前の出来事で本作のラスボスであるガーリックJr.は後にアニメオリジナルエピソードで復活を遂げることから、一見するとパラレルではないように思われがちだが本作でクリリンやピッコロはラディッツ事件よりも先に悟飯と顔合わせしたにもかかわらず、ラディッツ事件で顔合わせしたという矛盾が生じるために実際はパラレルである。


本作は無印時代の中華テイストを多く反映した演出が光る作風でもあり、珍しく悟空が『Z』の時系列でも如意棒を持っているという設定(カリン様から借りてきたのだろうか?)


タイトルについて編集

本作の副題とされる「オラの悟飯をかえせッ!!」は公開当時には付いていなかった。

実際はVHSビデオのパッケージ裏のタイトルロゴの下に大きくキャッチフレーズとして付いていたものを、集英社がDB大全集6巻にタイトルとして載せてしまい、そこから誤った認識が広まっただけである。


正式なタイトルではないが、タイトル名が『ドラゴンボールZ』だけだと非常にややこしいので、サブタイトルに「オラの悟飯をかえせッ!!」を掲載しているサイトが多く存在する。

一時期はバンダイチャンネルの公式配信でも使われていたが、修正されて消えている。


英語版のサブタイトルは『Dead Zone(デッドゾーン)』で、ガーリックJr.が使用する技の名前がサブタイトルになっている。


あらすじ編集

かつて、地球の神と神の座をかけて争った魔族・ガーリックの息子・ガーリックJr.が復活した。ガーリックJr.は先代に仕えた三大魔族と共にピッコロ(マジュニア)を倒すと、ドラゴンボールを集めるため世界を奔走。

その魔の手は孫一家にも伸び、悟空が漁に出ていたある昼下がり、三魔族はチチ牛魔王に暴行を働き、四星球を持つ悟飯を誘拐してしまった。家に帰った悟空は惨状を見るや一路カメハウスに向かい、ドラゴンレーダーで悟飯の攫われた場所を探し当てる。

果たして悟空は愛する息子・悟飯を救い出すことが出来るのか? そしてガーリックJr.がドラゴンボールに賭ける願いとは何なのか?


オリジナルキャラクター編集

【Z-M#01】オラの悟飯をかえせッ

ガーリックJr.編集

本作の悪の親玉。該当項目参照。

ジンジャー編集

CV:戸谷公次

ガーリック三人衆のリーダー格。三人の中で一番小柄

ニッキー編集

CV:千葉繁

ガーリック三人衆の一人で、オカマ口調で話す軟派な男。

サンショ編集

CV:堀之紀

ガーリック三人衆の一人。脳筋巨漢


余談編集

本作のボスキャラであるガーリックJr.は後に『ドラゴンボールZ』のオリジナル回(魔凶星編)にも登場。当時、度々この映画がテレビスペシャルなどで放送されていたとはいえ、本作を見ていない視聴者もいたため、本作を見てない視聴者からは困惑の声があがった。

他の劇場版よりも時系列の矛盾が少ないため起用されたのだと予想される。


関連タグ編集

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール(劇場版)


前後の劇場版ドラゴンボール編集

摩訶不思議大冒険オラの悟飯を返せッ!!→ この世で一番強いヤツ

関連記事

親記事

ドラゴンボール(劇場版) どらごんぼーるげきじょうばん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2538

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました