ピクシブ百科事典

ガラッパ

あしなががっぱ

ガラッパとは、鹿児島県などの南九州に伝承の残る河童の一種である。
目次[非表示]

概要

九州、特に鹿児島県に伝承の多い河童の一種。単に「カッパ」の訛り言葉であるともいわれる。
すらりと長い手足が特徴で、他の河童よりも強い力を持つとされる。

外見

他の河童と同じように、水かき・おかっぱ頭・頭部の甲羅などを備えた姿をしている。他の河童と比べて、腰蓑や褌をつけて描かれることが多い。常によだれを垂れ流し、非常に生臭いという証言が残っている。

最大の特徴はその四肢の長さ。体育座りをするとより高い位置に来るというのだから驚きである。通常、人間が試しても精々までしかないことを考えると、その異常さがよくわかることだろう。
上記のような特徴から、足長河童という別名を持つ。

分布

南九州に広く伝わっており、特に鹿児島県は伝承が多い。薩摩川内市の伝承は有名であり、伊佐市はガラッパ由来のスポットも多数存在する。
一方で奄美大島やトカラ列島など離島の話も非常に多いため、他と比べて「南国のカッパ」という印象が強い。

伝承

相撲キュウリ・いたずらを好み、時に凶暴な一面を見せるのは他の河童と共通。体調を崩したり命を落としてしまう例もある。
他種に比べて女好きであるともされ、女を襲ったり、女に見惚れて川に流されたという話もある。

は川辺に、は山に住むといわれ、山では人間に憑りついたりする。鳴き声が少々変わっており、「ヒョーヒョー」または「フンフンフン」と鳴いたという。大正時代の鹿児島県では、大木の倒れる音や鉄砲の音を出したとされる。

河童には珍しくの現象に深く関わっており、枝に頭をぶつける・道に迷う・変な音が聞こえるといった奇妙な出来事は、すべてガラッパが関係しているという。
人間からの理不尽な攻撃には必ず仕返しを行い、山中にてガラッパの悪口を言えばたちどころに報復を受ける。相手が裸足であれば数km先の悪口も聞こえるのだとか。

また、人間に懲らしめられて償いをする話もやはり存在するが、彼らの場合は「友好関係による恩恵」の伝承が比較的多い。
膏薬を伝授する・魚がよく釣れる・田植えを手伝う・果ては水難防止に至るまで、その加護は多岐にわたる。伝承では全体的に、恩義を忘れぬ義理堅さが感じられる。

苦手なものとされているのが、仏飯(仏壇に供える米)・光沢のある金属・人間のなど。これらを身に着けているとガラッパの難を逃れられるという。
特に仏飯を摂取していれば、人間以外に動物にも効果が現れる。仏飯を食べたガラッパが力を失ったという話があるあたり、相当に苦手なのだろう。

彼らには「ガランデンドン」というガラッパのが存在し、その神はかつて鹿児島の神社にガラッパたちを集め、悪事を働かぬよう説得した。そして戒めを文字にして石に刻み、その石がある限りガラッパは悪さができないのだという。
そのため、かつては悪戯好きであったガラッパたちは、現在では常に考え事をして静かに過ごしていると言われている(諸説あり)。

総じてガラッパは、他の河童よりも術や神通力の類に長け、力の強い種類であると考えられている。

メディア・作品にて

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第五期にて、19話に河童池の長老として登場。特に伝承が反映されている様子はなく、河童の一人として名前を拝借した模様(ほかにも数人、有名な河童の名を冠する者が登場している)。
河童池の埋め立てに対して派閥抗争が勃発したため鬼太郎に相談。移住派の代表代理組として、抵抗派代表との相撲対決をしてもらい、自身は行司を務めた。物忘れがひどく、都合が悪いと寝たふりをするスケベなジジイであった。CV辻村真人氏。

他には鹿児島県のローカルヒーロー薩摩剣士隼人にて、ガラッパをモチーフとした「GA★ラッパー」というキャラクターが活躍している。

尚、とんがりボウシシリーズに同名のキャラクターが登場しているものの、全く関連性はない。

余談

  • かの御大は山中に腰掛けるガラッパの絵を描いている。どことなく剽軽な顔つきなど、他の河童とは異なるユーモラスな雰囲気を纏っており、一見の価値あり。因みに鳥取県境港市の水木しげるロードにもブロンズ像が存在する。
  • 鹿児島県伊佐市には、「民宿ガラッパ荘」や「湯之尾滝ガラッパ公園」なる場所があり、各所に河童のが建てられている。
  • 河童は川に流した藁人形の変化であるといわれるが、大島郡の瀬戸内町では、善行を行わなかった人間が海で死ぬと、その霊魂がガラッパになると伝えられている。


関連タグ

妖怪 河童 
ケンムン:同じく鹿児島県奄美大島に伝承のある河童の仲間

関連記事

親記事

河童 かっぱ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガラッパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1016

コメント