ピクシブ百科事典

ジャグチャック

じゃぐちゃっく

ジャグチャックとは『劇場版 超力戦隊オーレンジャー』に登場するマシン獣の1体である。
目次[非表示]

「正義のマシン獣、ジャグチャック様が成敗してくれる!」
CV:篠田薫

概要

マシン帝国バラノイアが開発したマシン獣で、黄色い作業服に身を包んだ配管工を思わせる姿をしているが、水道蛇口に似た頭部を持ち、胴体にも縦に複数の蛇口が並んでいる。因みに武器はピッケル。外見に反して芝居がかった気障な言い回しを好む。
戦闘では頭部の長い口を伸ばして噛み付く他、両手やピッケルから電撃を放つ事が出来る。
だが、このマシン獣の真骨頂はやはり蛇口からの放水攻撃であり、何と股間から特大の蛇口を展開して強力な水流を放つ。加えてヘルメットの下の頭部の蛇口を捻る事により、口から「ウォータースプラッシュ」と言う強力な放水攻撃を繰り出せる。
また、出現したり撤退する際に水道管から出入りする能力も見逃せない。

劇中ではロッカーナイトカボチャンプキンネコシグナルの3体と共に、SFXスペクタクル映画『機械帝国の世紀』の撮影を目論む皇子ブルドントの作戦に従事した。

活躍

撮影所に潜入したレッドイエローが、ネコシグナルの見せた蒸気機関車の幻影から解放された所へ水道管から出現。上記の台詞と共に襲い掛かり、噛み付き攻撃や股間の蛇口を肥大化させての水流攻撃で一方的に責め立てる。
ジャグチャックは登場と同時に、ファイテングポーズをとるレッドとイエローに対して先制攻撃を行う。頭部の口を伸ばして巨大な馬の様な歯で殴りつける様に噛み付き、彼らにスーツの上から電流を流し込む。噛み付かれた2人は電流によって感電し、その場に倒れ込んでしまう。
間髪入れずにジャグチャックは股間のジャグチを巨大化させ、2人に向かって勢いよく大量の放尿を行う。水流を受けたレッドとイエローの身体は宙に浮き上がり、そのまま高速回転をはじめる。2人は身体が痺れたまま成すすべ無くその場で宙を回され徹底的に苦しめられた。身体が痺れたまま凄まじい勢いで身体を弄ばれる彼らは、絶叫とも言える苦悶の悲鳴をあげる。特にレッドは苦しみに悶絶し、搾り出す様に絶叫しており、隊長の彼がここまで苦しむ姿を晒している事からも、この攻撃の凄まじさが良く分かる。
ヒーロー達のあられもない苦悶の悲鳴を堪能し、勝利を確信したジャグチャックは、「そろそろイイゼぇ!!」とレッドとイエローを解放するも、電池切れを起こして水が出なくなった為、「こりゃ行かん。電池切れだ。Oh,no!そりゃ無いぜベイベー…」と言ってへたり込む。
短時間とはいえ、一方的かつ徹底的に嬲り尽くされたオーレッドは放尿攻撃から解放されると、そのまま宙から地面に落下。自分を散々苦しめたジャグチャックの尿の水溜りにダイブし、悶絶するといった屈辱的なトドメを刺された。

その後ジャグチャックは、直ぐに立ち上がって両手からの電撃で2人を怯ませると、再び水道管を通って撤退する。

終盤、子供達を部品交換で手足を改造しようとするも、その場にオーレンジャーが駆け付けた為に戦闘に突入。バーロ兵を一掃された為、ロッカーナイト達と共に応戦し、「ウォータースプラッシュ」による放水攻撃を浴びせた後、ピッケルからの電撃で攻撃する。放水攻撃はやはり強力であり、回転こそしないものの、攻撃を受けたオーレンジャーは高速で身体が動き弄ばれるような描写があり、身体を振り乱して苦しんでいた。
だが、逆にビッグバンバスターシェーのポーズを取りながら反撃で喰らって敗北した。

その直後に他の3体のマシン獣達と合体してスチームパンクスへと変貌。オーレンジャーとの最終決戦に臨む。

その後、決戦の末に他の3体もろとも倒されたかに思えたが……?

余談

モチーフは蛇口

声を演じる篠田氏は昨年の『忍者戦隊カクレンジャー』本編にてカネダマ、そしてその劇場版でもヒトツメコゾウ兄弟の声を担当していた。
超力戦隊オーレンジャー』本編第31話でも強化個体であるバラジャグチの声と人間態を演じている。
尚、ジャグチャックに限らず、劇場版に登場したマシン獣は何れも「バラ〇〇」と言う法則性から外れたネーミングだが、後に本編で登場したバラジャグチはそのルールが適応されている。
ジャグチャックを除く3体の強化個体は本編に登場せずに終わったが、仮に出たとしたらそれぞれ「バラロッカー」「バラシグナル」「バラパンプキン」と言うネーミングになったかも知れない。

関連タグ

超力戦隊オーレンジャー マシン帝国バラノイア マシン獣
蛇口 水属性

ジャグチヒルドン25年後に登場する蛇口繋がりの後輩。

関連記事

親記事

マシン獣 ましんじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャグチャック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240

コメント