ピクシブ百科事典

カボチャンプキン

かぼちゃんぷきん

カボチャンプキンとは、『劇場版 超力戦隊オーレンジャー』に登場するマシン獣の1体である。
目次[非表示]

「アブラカダブラ~~!!」
CV:山本圭子

概要

マシン帝国バラノイアが開発したマシン獣カボチャの胴体をした魔女を思わせる姿を持ち、箒に乗って空を飛ぶ。戦闘では箒から火炎を放って攻撃したり、予め設置したカボチャ型の機械から同じ様に火炎放射を繰り出す。更に大きなカボチャに変形しての砲撃等、多彩な技を繰り出して来る。

劇中ではロッカーナイトネコシグナルジャグチャックと共に、皇子ブルドント「機械帝国の世紀」と言うSFXスペクタクル映画の撮影に従事した。

活躍

撮影所に達が潜入したのを受け、迎撃の為にブルトンド達が乗って来たのと同様の馬型ロボから出現。上記の台詞と共に箒に乗って飛行し、彼女達の元へと飛んで行く。

桃達を外へ追い出すと、彼女を縄で縛り上げて箒からの火炎放射で攻撃。ブルーグリーンに対してはカボチャ型の機械を多く置き、そこから火を放って苦しめるも、桃の変身したピンクに縄を切られ脱出されてしまう。
負けじと大きなカボチャ型に変身し、砲撃を放つが反撃に怯んでその場は退散する。

物語の終盤、処刑場にて人の手足を切断して改造する部品交換を手伝う為、ロッカーナイト達と4体揃って現れ、逃げ出そうとした子供達の内の2人を捕獲。改めて改造しようとするが、其処へ駆けつけたオーレンジャー5人にバーロ兵を全滅させられてしまう。
箒からの火炎で5人を苦しめ、他の3体との一斉攻撃で追い詰めるもビッグバンバスターの反撃を喰らい、シェーのポーズを取って倒れる。

その直後、アチャとブルドントの「合体!」と言う命令を受けて他のマシン獣と合体。スチームパンクスとなってオーレンジャーとの最終決戦に挑む。

余談

モチーフは魔女カボチャ。名前の由来もカボチャとその英訳の「パンプキン(pumpkin)」から。

声を演じた山本女史は本編でもバラハングリーの声を演じている。

関連タグ

超力戦隊オーレンジャー マシン帝国バラノイア マシン獣
カボチャ 魔女 火属性

ヌッペフホフ(カクレンジャー)昨年登場したジャック・オ・ランタン繋がりの先輩。
ジャックオーランタンマイナソー:『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に登場するカボチャ繋がりの怪人。

関連記事

親記事

マシン獣 ましんじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カボチャンプキン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント