ピクシブ百科事典

ソナチネ

そなちね

『ソナチネ』とは、1993年に公開された北野武監督の映画。
目次[非表示]

あらすじ

凶暴なヤクザ・村川は、かつての抗争で成果を上げたことから、親分の北島組からシマを与えられ、村川組の組長を務めていた。
そんな折、北島組に呼び出された村川は、北島から新たな命令を出される。沖縄にいる同盟関係の中松組が、阿南組と抗争になっているため、助っ人に行って場を収めてほしいという。
村川は組の構成員とともにの沖縄へ飛ぶ。そこで中松組と合流し、夏休みバカンスのような雰囲気を味わうが、この訪問によりむしろ抗争は激化する。
だが、すべては北島組の罠だった。北島は村川組を処分し、シマを奪い返そうとしていた。
を待つばかりとなった村川組は、不思議と童心に帰り、子供のような遊びに興じていく。沖縄の美しい自然に囲まれて。

概要

ビートたけしが本名の「北野武」名義で発表した4作目の映画
『その男、凶暴につき』の暴力性、『3-4X10月』の突発性、『あの夏、いちばん静かな海。』の自然描写を含む、北野初期の集大成的作品といわれる。
画面全体を覆うコントラストが印象的であり、北野の青の使い方が《キタノブルー》として注目を浴びた。

企画段階のタイトルは『沖縄ピエロ』で、これはジャン・リュック・ゴダールの『気狂いピエロ』のもじりと言われている。また、ヤクザが沖縄へ乗り込んで全滅するというプロットは、深作欣二の『博徒外人部隊』に類似する。さらには、北野が1986年にフライデー襲撃事件を起こして、判決が出るまでの間、沖縄の石垣島で隠居していた実体験が基になっているとも。
タイトルの「ソナチネ」とは、クラシック音楽におけるジャンル・形式の一つで、短縮されたソナタを指す。

映画の国内興行は惨敗で、国内における北野映画の不遇を象徴する結果となった。第67回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画第4位と健闘しており、評論家の反応は悪くなかったようだが、大衆の認知は進まなかった。
打って変わって、ヨーロッパにおける今作の認知度は高く、当時はソナチネショックとも言うべき旋風が巻き起こったという。北野映画が本格的に海外で評価される契機になり、海外で生まれた熱烈なファンを日本のマスコミは《キタニスト》と呼んだ。今作と『みんな~やってるか!』に関しては、日本語版Wikipediaより英語版の方が充実しているほどである。日本が生んだカルト映画といってもいい。イギリスBBCは、今作を「21世紀に残したい映画100本」に選出した。

キャスト

村川 - ビートたけし
幸 - 国舞亜矢
上地 - 渡辺哲
良二 - 勝村政信
ケン - 寺島進
片桐 - 大杉漣
殺し屋 - 南方英二
津田 - 津田寛治(デビュー作)

スタッフ

監督・脚本・編集 - 北野武
製作 - 奥山和由
プロデューサー - 森昌行 / 鍋島壽夫 / 吉田多喜男
特殊メイク - 原口智生
音楽 - 久石譲
撮影 - 柳島克己
企画協力 - オフィス北野
製作 - バンダイビジュアル / 松竹第一興行
配給 - 松竹

データ

公開 - 1993年6月5日
上映時間 - 93分
製作国 - 日本
言語 - 日本語

pixivでの扱い

序盤の「村川さーん、やめてくださいよー」が出る。

そなちね!どうぶつの森


『お笑いウルトラクイズ』かっ!

関連タグ

映画 / 邦画 / カルト映画 / 映画の一覧
沖縄県 / ヤクザ / ナポレオンフィッシュ

外部リンク

ソナチネ (映画) - Wikipedia
Sonatine (1993 film) - Wikipedia, the free encyclopedia
ソナチネとは (ソナチネとは) - ニコニコ大百科
ソナチネとは - はてなキーワード
映画 ソナチネ - allcinema

関連記事

親記事

北野武 きたのたけし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソナチネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110952

コメント