2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ダイボクシングワルド

だいぼくしんぐわるど

『機界戦隊ゼンカイジャー』の敵組織「トジテンド」が送り込む、ダイワルドの一体。
目次[非表示]

「ボクシングパワーが満ち満ちたボクシング〜!!」
「そうはいくかボクシング! セコンドー!」

CV:真木駿一
スーツアクター:齊藤謙也
登場話:第4カイ!「ブルブルでっかいおせっかい!」 第13カイ!「リサイクルすりゃもう一回!」

データ

身長/46.5m
体重/2185.5t

概要

ボクシングワルドの暴走したボクシングパワーがクダイテストに満ち満ちて誕生した、巨大ヘビー級ボクシング戦闘兵たるダイワルド

頭部及び両腕がボクシングワルドの物になっているが、元々の頭部のサイズが小さめなのでクダイテストの首下部分に丁度すっぽり収まっている形になっており、クダイテストの元々の体格から俯瞰するとまるで巨大なカンガルーの様にも見える。

巨大なボクシングのリングをあちこちに設営し、そこに陣取る形で相手と無差別級ビッグタイトルマッチを繰り広げる。また2ラウンド目から専用の「セコンドクダイテスト」も乱入させてくる。
ボクシングワルドのダーティーな性格が反映された結果、不意打ちや反則行為も辞さない一方で相手側が武器を持っているのを咎めるダブルスタンダードぶりを見せる事がある。

セコンドクダイテスト

「呼びましたかセコンド〜?」
「大した事ないセコンド〜」

ダイボクシングワルドがセコンドとして乱入させて来る専用クダイテスト。

姿や能力はクダイテストそのままだが、申し訳程度に語尾に「~セコンド」と付けて話す。
ダイボクシングワルドを勝利へと導くべく、反則級の妨害行為を行なってダイボクシングワルドをサポートする。

活躍

第4カイ!

ボクシングワルドが倒された直後に呼び出されたクダイテストボクシングトジルギアを踏んだ事で誕生。
すぐさまリングを出現させて繰り出されたゼンカイオージュラガオーンと対峙するも、そこで相手が剣を持っているのに文句を付ける。

「ああっ!?リングに剣を持ち込むのは、NGボクシング~!」
五色田介人「あっ、そっか」
「今だ!ワン!ツー!」

それを操縦するゼンカイザーが納得した隙を不意打ちして先制攻撃を加えるも、それを地上で見ていたゼンカイブルーン「ならばリングを無くしましょう!」と思い立ち、ブルーンダンプに機界変形。「邪魔なリングは、お片付けです!」と言ってリングの土台に何度も体当たりして粉砕、それにダイボクシングワルドは巻き込まれる(ジュラガオーンは寸前に隣のリングへ飛び移って逃れた)。

だが直ぐ立ち上がり、セコンドクダイテストを呼び出しブルーンダンプを押さえ込ませ、第2ラウンドとして自らも隣のリングに乗り込みジュラガオーンへラッシュを浴びせる。
しかし直ぐにゼンカイマジーヌマジンドラゴンとなったので、それを見たゼンカイザーはマジンドラゴンとブルーンダンプを全界合体させ、ゼンカイオーブルマジーンを完成。それがセコンドクダイテストを別のリングに弾き出したので仕切り直しとなり、今度はテンションの上がったジュラガオーンから逆にガオーンクローを装備してのラッシュを貰ってしまう。
セコンドクダイテストの方は格闘やモニタニックアイよりの光線でブルマジーンをあしらうも、余裕をこいてリングロープに寄り掛かっていた所でロープがマジーヌスティックからの魔法により電撃ロープに変化して感電。痛がっていた所にダイボクシングワルドが弾き飛ばされて来る。

そこから更に、相手は半身を交換してゼンカイオージュラマジーン・ゼンカイオーブルガオーンに。ジュラマジーンの飛びながらの右ストレートで怯んだ隙にブルガオーンの高速ラッシュを叩き込まれ、セコンドクダイテストがリングから場外KOされ爆散してしまう。

最期は半身を戻したブルマジーンより「ブルーンピッカーアクセルストライク」を打ち込まれ真っ白に燃え尽きたボクシング~ッ!!」と言い残してリングもろとも爆散。体内のボクシングトジルギアも砕け散りボクシングトピアが並行世界へと解放された。

第13カイ!

ダイリサイクルワルドによって頭部のポリバケツからダイキノコワルドダイコオリワルドダイスシワルドと共にリサイクル・再生させたダイワルドの一体として召喚。他のダイワルド達と手を組み、リサイクル戦隊ダイワルジャーを結成する。

複数のダイワルドが繰り出される多種多様で一つの並行世界の力に限定されない攻撃でゼンカイオー2機を追い詰め、ゼンカイジャーの技を模倣した「ギアトジンガーバズーカ」で吹っ飛ばし、合体を解除させた。

ダイリサイクルワルドに率いられて吹き飛ばされたゼンカイジャーにトドメを刺そうとするも、ツーカイザーが駆るクロコダイオーのビームを受けて怯み、そのまま界賊合体したツーカイオーリッキーと交戦。
他のダイワルドと共に襲いかかるも相手の繰り出す格闘術に手も足も出ず、最期はツーカイオーリッキーの繰り出す「超力キック」を連続で喰らって吹き飛ばされ、撃破された。

余談

K-SuKe氏に不毛なストレスをかけぬよう、ニュークダイテスト素体の個体を除いて氏がダイワルドのデザイン画を描くのはダイボクシングワルドで最後となった(『機界戦隊ゼンカイジャー公式完全読本』p.111)。

関連タグ

機界戦隊ゼンカイジャー
トジテンド ダイワルド
ボクシングワルド
燃え尽きたぜ…真っ白にな…:ボクシング漫画「あしたのジョー」における有名な台詞。断末魔はこれを意識していると思われる。

関連記事

親記事

ダイワルド だいわるど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダイボクシングワルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 664

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました