ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドラゴン種族

どらごんしゅぞく

「魔術士オーフェン」シリーズに登場する、魔術を行使する6つの種族の総称。
目次 [非表示]

オーフェン「ドラゴンと言えばトカゲみてーな姿をして、火を噴いて、財宝を溜めこむ。そんな風に思ってるだろ」


マジク「そうですね」


オーフェン「だがありゃ作り話だ。でかいトカゲなんてのはただのダイナソアに過ぎない。本物のドラゴンは魔術を使う者をさす言葉なんだよ。言うなれば俺達魔術士も広義の意味ではドラゴンだ」


『魔術士オーフェンはぐれ旅2 我が命に従え機械』より

解説

オーフェン世界において、魔術を行使する6つの種族の総称。


本作における「ドラゴン」とは、一般的なファンタジー作品に登場するような「翼の生えた巨大な爬虫類」ではなく、生態として魔術という能力を持つ種族を指す。

なお、《牙の塔》の紋章のドラゴンは、現実世界のウェールズブータン国旗と同様に「力や権威の象徴」としてのドラゴン・の「想像図」に過ぎず、ドラゴン種族とは無関係である。(フォルテ・パッキンガム曰く、オーフェン世界の全てを包んでいる巨人「ミズガルズ・ソルムル=ウロボロス」をイメージしている説もある)


オーフェン世界における「魔術士」とは、本来彼らドラゴン種族のことを指し、オーフェンたち人間の魔術士は後発的に誕生した存在である(ただし、オーフェンの生きる時代では「魔術士」といえば、もっぱら人間の魔術士を指す)。


モチーフは北欧神話に登場する神々やモンスター。


経歴

ウィールド・ドラゴン以外は動物の姿であるが、知能は人間種族のそれを凌駕しており、かつては巨人の大陸(ヨーツンヘイム)においてそれぞれ文明を起こし、栄えていた。

更なる発展を求めた6種族は、後に「始祖魔術士(アイルマンカー)」と呼ばれる種族の代表たる賢者たちを輩出し、「賢者会議」を結成。己が種族を高度に発展させるために研究を始めた。

そして、世界を支配する「常世界法則(システム・ユグドラシル)」にアクセス・改変する技法「魔術」を発明した。これによって6種族は「ドラゴン種族」となり、その証として緑色の瞳を獲得した。

また、6種族はそれぞれその代償として健全な肉体を失っている。


しかし、「システムに御される側がシステムを御する」という矛盾を生み出してしまったがため、システムのバランスが崩壊し、ただのシステムに過ぎなかった神々(法則)が肉体を持つ(これを「神々の現出」と呼ぶ)ことになる。

神々のうち「運命の三姉妹(ウィールド・シスターズ)」は、世界のバランスを戻すため、自分たちが「ユグドラシル・ユニット」と呼ぶドラゴン種族を滅ぼすことを決定。

隆盛を極めたドラゴン種族は、瞬く間に滅びに瀕することになった。


生き残ったわずかなドラゴン種族は、神々からの追跡から逃れるため、キエサルヒマ大陸に逃げ込み、「始祖魔術士」たちによってアイルマンカー結界を構築。

女神本体の追撃を防ぐことはできたものの、アイルマンカー結界のほころびから、女神の先兵である魔獣が大陸に進入できたため、ドラゴン種族と女神の戦いは何百年も続くことになる。


そして300年前、大陸に進入した女神本体との決戦に辛くも生き残った(結界の隙間において、始祖魔術士オーリオウルが女神と拮抗状態で膠着)ドラゴン種族の多くは、その疲弊から大陸中央の「フェンリルの森」に隠遁。

森の外にいた天人種族も、魔術士狩りの時代を経て絶滅し、キエサルヒマ大陸は人間種族が統治するようになった。


各種族

ウィールド・ドラゴン=ノルニル

通称天人」「天なる人類」人間に非常に近い種族で、緑色の髪を持つ。数百年単位の寿命を持つ長寿の種族だが、既に絶滅している。使用する魔術は「魔術文字(ウィルド・グラフ)」を媒体とする「沈黙魔術」。魔術と引換に失ったものは明示されていないが、劇中で登場するのは女性のみである。(しかし、これは単に、バジリコック砦の戦いで、ノルニルの男性が絶滅したからである。)

絶滅を避けるため、姿と生殖機能が近い人間種族と交配を行なったが、生まれた魔術士(オーフェン世界では「魔術師」という単語は無く一貫して「魔術士」と呼称される)は純粋な天人ではなく、音声魔術を扱う人間の魔術士に過ぎなかった。


ウォー・ドラゴン=スレイプニル

通称「鋼鉄の軍馬」。巨大な黒馬の姿をしており、思考だけで全てを無に帰す「破壊魔術」を持つ最強の種族。一説には「思念」を媒介とする、と考えられているが詳細は不明。「意識」を奪われているらしく、キエサルヒマ南端の地人領・マスマテュリアに棲息し、ゴロゴロと寝ながら冷気を吹き出すばかりの存在となった。


ディープ・ドラゴンフェンリル

通称「深淵の森狼」。巨大な漆黒のの姿をしている。食事排泄呼吸も必要とせず、集団で暮らす。「視線」を媒介とし、無生物にも影響を及ぼす精神支配で世界の法則を塗り替える「暗黒魔術」を行使する。成人(成獣)の個体数を増やす力を失っており、子が成熟する為には親の死が必要となる。が、劇中では親の死を経ずに成熟した個体が登場した(一匹増えた)。


レッド・ドラゴン=バーサーカー

通称「密林の果て無き放浪者」。自分の「肉体体液」を媒介とし、自らの肉体の全て又は一部を自由自在に作り替える「獣化魔術」を使うことが出来る。赤いの姿をしていることからこの名がつけられたが、実際元の姿を見たものはおらず、作中で死亡したレッド・ドラゴンも熊の姿に戻っていない。


フェアリー・ドラゴン=ヴァルキリー

通称「深紅の獅子」。小さな赤い鬣を持つライオンの姿をしている。 「契約」を媒体とし、自然界の法則を使役する「精霊魔術」を使うことが出来るのだが、五感の全てをはく奪されており、今や「聖域」に少数が生息するのみとなっている。


ミスト・ドラゴン=トロール

通称「不死の獣」を背負ったのような姿をしており、オーフェンの魔術も弾き返すほどの頑健な肉体と、1海里先の鉄鋼船すら沈めるほど強力な火力を持つ一斉奏射を得意とする。「匂い」を媒介とし天候を操る「大気魔術」を使用する。高い知能を有するドラゴン種族の中でこいつらだけ非常に本能剥き出しであり、神々により「知性」を奪われたのではないかとする説もある。漫画版によればヒデなる果実が大好物。


ドラゴン信仰

キエサルヒマの二大信仰のうちの一つで、名の通りドラゴン種族を崇拝する宗教。

元々天人は人間と子孫を残す事が出来たが、200年前に混血の末裔である魔術士が「音声魔術」という独自の魔術を生み出したことに危機感を感じ、魔術士を根絶すべくでっち上げた宗教である。

これにより非魔術士は魔術士を殺すことに躍起になり、1世紀にも及ぶ天神種族・ドラゴン信仰者と魔術士の戦争が行われた。

最終的に天人は退避し魔術士への差別感情は薄れたが、今なお「フェンリルの森」などに残るドラゴン信仰者にとって魔術士は悪魔に等しい存在であり、嫌悪されている。


関連タグ

魔術士オーフェン 魔術士

関連記事

親記事

魔術士オーフェン まじゅつしおーふぇん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 310

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました