ピクシブ百科事典

パワーレンジャー・映画版

ぱわーれんじゃーえいがばん

パワーレンジャー・映画版(原題「MIGHTY MORPHIN POWER RANGERS THE MOVIE」)とは、パワーレンジャーの劇場映画である。
目次[非表示]

概要

パワーレンジャー第1作『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』の劇場版。テレビシリーズとは無関係のパラレルの物語。1995年(日本では1996年)公開。
制作は20世紀フォックスで、サバン・エンターテイメントは関わっていない。

監督は当初はスティーブ・ワンで、アメリカ・カナダの二国で撮影する予定だったが、スティーブが制作3ヶ月で降板し、本作が監督デビューとなるブライアン・スパイサーに変更され、撮影もオーストラリアのシドニーで行われた。またスタントマンも日本人の動きが出来るスタッフが見つからなかった為テレビシリーズのスタッフが引き続き行う事となった。

全世界で合計6643万ドルの興行収入を記録するヒット作となり、

あらすじ

パワーレンジャー達の敵である悪の帝王ロード・ゼッドは6000年前にゾードンに封印された悪の化身アイバン・ウーズを復活させた。

アイバンの攻撃によってレンジャーたちの基地コマンドセンターは破壊され、ゾードンは瀕死の重傷を負いレンジャーたちのパワーも消滅してしまった。

この危機に対しアルファ5は、惑星フェイドスにあるニンジェッティパワーの存在を教える。一度は立ち入って帰ってきたものはいないと言われているその惑星に、レンジャーたちは望みをかけ出発する。

一方、アイバンはリタとゼッドを封印して組織を乗っ取り、エンジェルグローブ高校に来ていた子供たちの親を洗脳し、超兵器捜索のための奴隷にしてしまった。

果たして、レンジャーたちは地球を救う事は出来るのか?

登場人物

パワーレンジャー

レンジャーたちのスーツはマッシブな体形なものに新調されている。またロボットはフルCGで表現されている。

演:ジェイソン・デビッド・フランク 吹替え:真地勇志
本編の主人公で、チームのリーダーとしてリーダーシップを発揮する。
ホワイトタイガーのパワーでホワイトレンジャーに変身し、サーバ(白虎真剣)という剣を武器に戦う。
後に鷹のニンジェッティパワーを授かる。使用ゾードはニンジャ・ファルコンゾード(ツバサマル)

  • ロッキー・デザントス/レッドレンジャー(ティラノレンジャー)
演:スティーブ・カーデナス 吹替え:松本保典
ティラノサウルスのパワーでレッドレンジャーに変身する。
フェイドスにて猿のニンジェッティパワーを授かる。使用ゾードはニンジャ・エイプゾード(ゴッドサルダー)

  • アダム・パーク/ブラックレンジャー(マンモスレンジャー)
演:ジョニー・ヨング・ポッシュ 吹替え:辻谷耕史
マンモスのパワーでブラックレンジャーに変身する。
蛙のニンジェッティパワーを授ったことを不満がっていたがドルシアにキスされたことで機嫌を直した。使用ゾードはニンジャ・フロッグゾード(ゴッドガンマー)

  • ビリー・クランストン/ブルーレンジャー(トリケラレンジャー)
演:デイビッド・ヨースト 吹替え:草尾毅
レンジャー結成時からのメンバー。トリケラトプスのパワーでブルーレンジャーに変身する。
フェイドスにて狼のニンジェッティパワーを授かる。使用ゾードはニンジャ・ウルフゾード(ゴッドロウガン)

  • アイーシャ・キャンベル/イエローレンジャー(タイガーレンジャー)
演:カラン・アシュレー 吹替え:伊藤美紀
セイバートゥースタイガーのパワーでイエローレンジャーに変身する。
フェイドスにて熊のニンジェッティパワーを授かる。使用ゾードはニンジャ・ベアーゾード(ゴッドクマード)

  • キンバリー・アン・ハート/ピンクレンジャー(プテラレンジャー)
演:エイミー・ジョー・ジョンソン 吹替え:新山志保
本作のヒロインでレンジャー結成時からのメンバー。プテロダクティルスのパワーでピンクレンジャーに変身する。
フェイドスにて鶴のニンジェッティパワーを授かる。使用ゾードはニンジャ・クレインゾード(ゴッドカーク)

メガゾード

  • ニンジャ・メガゾード(隠大将軍)

ファルコン以外のメガゾードが合体した姿。メインパイロットはピンクレンジャー。

  • ニンジャ・メガファルコンゾード(スーパー隠大将軍)
ニンジャ・メガゾードにファルコンゾードが合体した姿。飛行能力を持ち、宇宙空間でも活動が可能になる。

協力者

  • ゾードン

演:ニコラス・ベル CV:ロバート・L・マナハン(吹き替え:稲葉実)
善の守護者。アイバンの攻撃で瀕死の重傷を負ってしまう。

  • アルファ5
CV:リチャード・ホヴィッツ 吹替え:龍田直樹
ゾードンに仕えるロボット。レンジャーたちにニンジェッティパワーの存在を教える。

  • バルク&スカル
演:ポール・シュリアー(バルク) ジェイソン・ナーヴィー(スカル) 吹替え:塩屋浩三(バルク) 坂口賢一(スカル)
テレビ本編にも登場するお惚けコンビ。フレッドと共に人々を救おうと奮闘する。

  • フレッド・ケルマン
演:ジェイミー・クロフト 吹替え:亀井芳子
トミーたちの知り合いの少年。父親がアイバンに操られ自殺しようとしている為、バルク&スカルと共に子供たちを率いて活躍する。

  • ドルシア
演:ガブリエル・フィッツパトリック 吹替え:勝生真沙子
フェイドスで暮らしているフクロウの化身である女戦士。アイバン復活を知りレンジャーたちに協力する。

  • アイバン・ウーズ

演:ポール・フリーマン 吹替え:穂積隆信
かつて地球を支配していた悪の化身。ゾードンに封印されていたがロード・ゼッドが封印を解いたため復活。ゼッドとリタをカプセルの中に閉じ込めて組織を乗っ取り、超兵器を用いて地球を再び支配しようとする。
最終決戦では地球人に掘り出させた最終兵器エクトモーフィン・タイタン(サソリ型のスコルピトロンと蜂型のホーンニードル)と合体しアイバン・コロッサスとなりレンジャーたちと戦う。

  • リタ・レパルサ(バンドーラ)
演:ジュリア・コルテス CV:バーバラ・グッドソン(吹き替え:山本圭子)
悪の魔女。夫であるゼッドと共にアイバンの封印を解いたが、逆に自分たちが封印されてしまう。
最終的にはアイバンと戦うレンジャーたちを応援していた。

  • ロード・ゼッド
演:ロバート・アクセルロッド 吹替え:郷里大輔
悪の帝王。アイバンを解放したものの逆に自分たちが封印されてしまった。
最終決戦ではリタと共にアイバンと戦うレンジャーたちを応援した。

  • ゴルダー(グリフォーザー)
CV:ケリガン・メイハン(吹き替え:岸野幸正)
リタの部下だったが、アイバンに服従か封印かを迫られたため彼女たちを裏切ることとなった。

  • モーダント
CV:マーティン・G・メトカーフ(吹き替え:塩屋浩三)
豚型のエイリアン。ゴルダーの従兄。

  • テング・ウォリアーズ
アイバンが生み出す上級戦闘員。烏天狗のような外見。

  • ウーズマン
アイバンが生み出す下級戦闘員。

関連項目

マイティ・モーフィン・パワーレンジャー

コメント