ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

フカ次郎

ふかじろう

ソードアート・オンラインのスピンオフ作品「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」の登場人物である。
目次 [非表示]

CV:赤﨑千夏

概要

2巻から登場する金髪のちびアバター。

本来はALOがホームでスクワッド・ジャム参加のためにALOから一時的にコンバート、以降も大会の度にGGOに舞い戻るという、本編のシノンとは逆パターンの人物。

コンバートアバターのためステータスは高く、敏捷以外レンを上回っている。


見た目に反して、武装はSTRに物を言わせた六連装グレネードランチャー二丁持ちという漢仕様。

要所要所で榴弾の雨あられを降らし、戦況を一気にひっくり返すレン陣営のジョーカーである。加えて着弾地点を観測する者がいれば、初弾の弾道から逆算して見えないところにいる相手にグレネードを正確に二射目以降を叩き込める。弾さえ通ればたとえ間にビルなどの遮蔽物があろうと一方的に当てて来るので相手側からすればたまったものでは無い。当然のことだがこれだとバレットサークルが事実上見えないため、ライン無し狙撃と同等の真似を曲射で行える(敵はラインを視認可能)ということ。お前は陸上自衛隊か。

一方、サイドアームの拳銃は練習をサボったので命中率は論外。至近距離の止まった相手に全弾連射しても全弾を外し、大量の敵に囲まれた状態で連射してもほとんど当たらずたまに命中弾が出ても「隣の奴を狙ったはずなのに」と言う有様。ちゃんと敵を倒したのは、SJ5でゼロ距離射撃したときくらいである。要するに撃ち負けはせんよ、当たるのであれば


とはいえ変な粒子がマズいわけでもなければ脳筋でもなく、スモークグレネードによる支援やALO仕込みの白兵戦も可能。作中では拳銃を撃たれても当たらなかったことから油断してハラスメント行為に及ぼうとした変態を、相手が取り落としていたライフルを大剣代わりにしてめった打ちにしている。

また、ALOでの飛行経験から操作が難しい偵察ドローンを使って初見でアクロバット飛行をやってのけたり、リアルでの運転経験から装甲車を操りレンの救出をしたりとかなり多彩な技能を見せる。


劇場版SAOではまさかのダインの口から名前が登場、それから数ヶ月後にイカジャムのアニメ化決定となった。


リアル

美優「と、その前に、デザートにアイス食べようかなあ!」

本名は篠原美優レンの地元の親友で、実家から道内の大学に通っている。ALOなど複数のゲームをやり込んでいるヘビーゲーマー。

リアルの方がアバターより先に1巻から(アニメでは第2話)の登場。

茶髪にウェーブのかかった髪型で165cmと香蓮ほどではないが女性にしては高身長。テニス部上がりで運動神経も良い。

2巻で初めて挿絵が入った際は黒星絵でニットのワンピースにメガネと中々の美人でノリも良い。悪く言えばガサツなため、少なくとも二回は男にフラれている。フラれたショックで百合に生きるとかのたまった舌の根の乾かぬうちに新しい男を見つけて速攻で破局したことも。

とは言え主要人物の中では数少ない(比較的)常識のある人格者であり、香蓮に対して助言をする場面も何度かある。


VRMMOを始めようとしていた香蓮にALOを勧めたのも美優である(香蓮がすぐコンバートしてしまったため一緒にプレイする機会はなかった)。

グレネードランチャーの扱い方も集中的なやりこみによってコンバートからSJ2までの短期間でマスターしている。


ALOではシルフの美女で、本編キャラには及ばないもののレア武器の保有や変な名前で割と有名な模様。名前の由来は亡くなった愛犬の名前。

アニメ版では、原作では噂にするだけだった絶剣に実際に挑戦したが…結果はお察しください


戦績

SJ2

初参戦。ゲームであっても遊びではない戦いをするハメになった香蓮に助力を頼まれ、ALOからGGOに一時的にコンバート。隠し持っていた仕込みナイフが逆転の切り札となった。


SJ3

うっかり通常弾頭とプラズマ弾頭を間違えてSHINCを壊滅させる大惨事を引き起こす。

陣営が変わった際には男運のなさをレンに煽られてまんまと挑発に乗ってしまった


SJ4

要所で拳銃を使う事が大前提になっている大会ルールの煽りをもろに喰らう事になった。

その上、大会中にメインアームを紛失してしまうアクシデントに見舞われる事に。

しかし、そんなほぼ無能状態の彼女が終盤に選んだ選択が戦況を大きく動かす事になる。


SJ5

レンが何者かに高額賞金をかけられたことを知るなり「もし負けそうになったら自分がレンを倒して賞金を頂こう」と本気とも冗談ともとれる発言をして、レンに呆れられる。

その一方、後半戦ではふとした発言が突破口を開くきっかけになるなど活躍。終盤ではSJ4で遭遇したZEMALのビービーとALOから続く因縁の対決を繰り広げた。


関連イラスト

フカちゃんフカちゃん


関連タグ

SAOAGGO GGO ALO

ソードアート・オンライン SAO


関連記事

親記事

SAOAGGO そーどあーとおんらいんおるたなてぃぶがんげいるおんらいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2621016

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました