ピクシブ百科事典

ラプラス事件

らぷらすじけん

ラプラス事件とは、『機動戦士ガンダムUC』に登場する事件で、物語のプロローグとなる。
目次[非表示]

概要

機動戦士ガンダムUC』本編にて明かされた、宇宙世紀0001年1月1日に発生したテロ事件。
西暦から宇宙世紀への改暦のセレモニーが開かれていた首相官邸ラプラスがテロリストによって爆破され、リカルド・マーセナス首相ら首脳陣を始めとした大勢の人間が命を落とした爆破テロであり、その後の宇宙世紀の歴史に暗い影を落とすこととなった事件である。

経緯

西暦から宇宙世紀への改暦以前、人類は急激な人口の増加、環境破壊、資源枯渇といった地球規模の問題を多く抱えていた。
それらの問題解決のために、人類は宇宙移民計画を実行に移し、その政策推進機関として人類規模の初の統一政権である「地球連邦政府」が発足した。
しかし政治的・経済的等多くの理由から連邦政府の統一には反対意見も多く、それらの勢力による各地の紛争も少なくはなかった。
それらの勢力は「分離主義者」と呼ばれて断罪され、連邦政府の軍事力で容赦なく叩き潰されていった。
前身機関発足から50年あまりが経過した後、地球外居住施設として実用段階のスペースコロニー建造に成功した連邦政府は、宇宙移民開始を持って西暦から宇宙世紀への改暦を取り決めた。

西暦最後の12月31日に、地球の低軌道上に位置する宇宙ステーション首相官邸「ラプラス」にて改暦セレモニーが執り行われる事となり、地球連邦初代首相であるリカルド・マーセナスを始めとした各国代表が参加し、1月1日へと切り替わると同時に改暦を宣言。新しい時代の憲章である宇宙世紀憲章を発表する予定であった。
しかし改暦へのカウントダウン終了後、宇宙世紀0001年改暦と同時にラプラスは突如大爆発を起こし瓦解。リカルド首相や各国代表、官邸職員、マスコミ、周辺を警備していた連邦軍艦隊を巻き込み多くの犠牲者を出してしまった。

事件後の対応

事件の後、死亡したリカルド首相に代わる新政権を直ちに発足させた地球連邦政府は、この事件を分離主義派によるテロであると断定し、「リメンバー・ラプラス」を合言葉に反政府勢力への徹底的な弾圧に乗り出した。
テロを画策した分離主義組織はそれを支援する国家共々連邦軍による強大な軍事力で徹底的に叩き潰された。この闘争は宇宙世紀0022年に連邦政府が「地球上の紛争の全ての消滅」を宣言するまで続けられ、結果的に国家的基盤をゆるぎないものとし、宇宙世紀に移行した世界は地球連邦という統一政府の下に統べられるという歴史的なパラダイムシフトを推進させた。しかしこうして確立された体制は官僚主義への傾倒により政府体制の腐敗を招くこととなり、ティターンズの台頭、ジオニズムコスモ貴族主義等反地球連邦主義を生むことになった。

事件後のあまりの手際の良さにより、テロはリベラルなマーセナス政権転覆を狙った極右派による陰謀ではないかとまことしやかにささやかれていたが、一般大衆は只のありきたりな陰謀論として信用せず、概ね連邦政府のテロ対策を支持していた。

真相

しかし後になってやはりこの事件は自作自演であったことが明らかとなった。
この事件の首謀者は、リカルド首相の息子ジョルジュを筆頭とした保守派勢力で、目的はリカルドや彼と近しい各国代表を暗殺し、分離主義派にテロの濡れ衣を着せて弾圧し、連邦の権限を強めるという三つの目的を達成するための陰謀であった。
『ガンダムUC』ではこの事実がリカルドとジョルジュの子孫にあたるリディ・マーセナスとその父ローナンの心を苦しめることになった。

爆発の原因とラプラスの箱

宇宙ステーション首相官邸ラプラスは、上下に展開する銀盤型巨大ミラーブロックが中央で回転するドーナツ型居住ブロックを挟み込む形で構成されている「スタンフォード・トーラス型」と呼ばれる構造になっており、居住ブロックに太陽光を送り込むミラーブロックは一つ当たり千枚にも及ぶ凹面鏡集合体で、セレモニーではこの凹面鏡を動かして太陽光を反射し、夜の大気層に文字を描くというパフォーマンスが行われる手はずとなっていた。
しかし凹面鏡の稼働には指定のプログラムにより全体が揃ったパターンでしか行えない仕組みになっていた為、各凹面鏡個別制御装置に角度変更プログラムを直接インストールするしかなかった。
この作業を依頼された電機メーカー作業員を装ってラプラスに侵入したテロリスト(実際は暗殺者)達はこの凹面鏡の角度を地球ではなくラプラスの構造部の一点に向けるよう操作していた。反射された太陽光は居住ブロックの一画にある環境システムにつながる水の循環パイプに向けて高温の熱線となって収束、内部の水を瞬時に沸騰させ急膨張した水蒸気の圧力で循環パイプが破裂。これに連動して居住ブロックの気圧も上昇し、水蒸気から分離した水素ガスの影響で水素爆発が発生。居住ブロックは内側から崩壊し、噴出した水素爆発の流れはミラーブロックの凹面鏡を粉砕し、居住ブロックとミラーブロックをつなぐメインシャフトをも捻じ曲げ、周辺で警護していたサラミス級宇宙警備艇を巻き込みラプラスを崩壊させたのだった。

凹面鏡の角度を変更した暗殺者たちはラプラス崩壊を見届けた後、ラプラス宙域からの脱出を試みたが小石程度の大きさのスペースデブリが燃料パイプに命中し足止めを喰らってしまった。
この時、当時17歳で貧困から報酬目当てでこの作戦に参加したサイアム・ビストが確認の為船外活動を行おうと外に出た直後、作業艇が爆発。サイアムは宇宙に吹き飛ばされてしまった。この爆発は、暗殺をテロリストの仕業にしたい地球連邦保守派による口封じであった。

命綱が途切れ、死の恐怖におびえるサイアムはスペースコロニーが地球の引力に引かれて落下していく幻を見、そして天文学的な偶然から自分の体と相対速度が同じだったラプラスの残骸の中に地球の光を反射して輝く箱状の物体、ラプラスの箱と遭遇するのだった。

コメント