ピクシブ百科事典

リリー(ウルトラQ)

ゆめをさまようしょうじょ

ウルトラQもしくはウルトラQ dark fantasyに登場する怪異の名前。
目次[非表示]

リリーの用法

  1. ウルトラQ第25話「悪魔ッ子」に登場。
  2. 1.を現代風にアレンジしたウルトラQ dark fantasy第14話「李里依とリリー」に登場。


1の概要

演:坂部紀子
身長:120センチ程度
体重:不明

催眠術で毎夜眠らされ、幽体離脱の芸を披露していた魔術団の少女リリーの身に、催眠術をかけ過ぎた影響によりシナプス(神経細胞間や多種細胞間の信号を伝達する部位)の破壊現象が起こり、毎晩、その精神のみが迷い出て、数々の災厄を引き起こす。精神が白くぼやけて見えるのは、一種の電気信号であるシナプスがプラズマ現象に似た作用で実体化した影響と見られる。精神はリリー本人の意思とは関係なく深夜にさまようようになり、災厄はエスカレートし、殺人をも犯すようになる。最後には自らの肉体をも抹殺しようとするが、肉体が轢かれる直前に一の谷博士の人体電気操作機である超短波ジアテルミーの作用によりシナプスの破壊現象は収まった。以後は催眠術ではなく、普通の奇術に出演している。

2の概要

演:山田夏海
身長:1.15メートル
体重:38キログラム

心理学者御厨の娘・李里依の精神が、感覚剥奪実験装置(アイソレーション・タンク)による実験を受け続ける中やがてエスカレートして行き、その機械の浴槽に非合法薬物を入れた結果分離してしまい、あちこちに出没するようになってしまった。最後は、本体を列車にひき殺させて開放されようとたくらむが、すんでの所で失敗。以後、少しずつ実体を失いやがて消滅した。
因みにその御厨教授も自宅の装置で用いて自分自身で実験していたらしく、その結果、精神と肉体が分離してしまい、自宅にて変死という顛末であるが、精神体は不安定ながらも彷徨っていたらしく、李里依が電車に危うく轢かれる寸前にその精神体が李里依の目前に現れていた。

関連タグ

ウルトラQ ウルトラQ_darkfantasy

pixivに投稿された作品 pixivで「リリー(ウルトラQ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 623

コメント