ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2002年公開の映画。
原作は2000年発売のヒキタクニオ著の小説。

「暴力が正義」という理念のもと、渋谷の街で半端な不良チーマーを狩って回る「ネオトージョーの青年3人が、右翼団体と親交を深めるうちに、その若頭による陰謀に巻き込まれ、利用されてゆく過程を描いた社会派作品。
撮影は実際に渋谷で行われ、当時の街並みがそのまま収められている。中には現存しない建物も多い。
窪塚洋介の俳優全盛期を象徴する作品の一つである。

登場人物

ネオトージョー

ナショナリストを自称する、幼なじみ3人で結成したグループ。特注の白い特攻服がトレードマーク。全員が渋谷で生まれ育ったが、それぞれ家庭環境に問題がある事が示唆されている。

主人公にしてネオトージョーのリーダー格。読書家で歴史をよく学んでおり、現代の日本人の堕落ぶりを憂いている。喧嘩も非常に強く、10人以上の不良グループを一人で返り討ちにする。
原作では山口登という名前だが、山口組の二代目組長と同名のためか、映画化にあたり変更されている。
ネオトージョーの中では最も落ち着いており、現実主義な発言が多い。武器は警棒。三郎と兵頭の策略により殺人の濡れ衣を着せられ、逮捕されてしまう。
筋肉質な体型で、暴れるのが好きなだけの脳筋。中盤で山口と喧嘩別れし、そのまま青修同盟に加入する。兵頭の策略により切り捨てられ、敵対する不良外国人たちにリンチされた結果下半身不随の後遺症を負う。

青修同盟

右翼団体。渋谷で有名になったネオトージョーに近づき、兄弟分のように接する。

青修同盟の会長。快活明朗な性格で、ネオトージョーに目を掛けている。うつ病により体調を崩しており、兵頭の暴走を許してしまう。在日朝鮮人。
青修同盟の若頭。序盤こそ青田に忠実であったが、中盤以降、三郎やネオトージョーの市川と小菅を使い、青田を出し抜こうと暗躍する。
青修同盟に仕える消し屋。山口を軽く倒すほどの身体能力を誇る。殺しにおいては証拠隠滅や偽装工作に余念がない。

その他

女子高生。ラクロスをやっている。日本人に失望しており、偶然出会った山口に惹かれていく。

関連項目

映画 邦画 右翼 ナショナリズム 渋谷
仮面ライダーV3:戦闘シーンで登場する。

関連記事

親記事

東映 とうえい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「凶気の桜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 297

コメント