ピクシブ百科事典

吸引怪獣プラーナ

ぷらーな

プラーナとは、『ネオ・ウルトラQ』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:4.5m~20m
  • 体重:不明
  • 別名:吸引怪獣
  • 出身地:不明
  • CV:神谷誠

概要

第9話「東京プロトコル」に登場。
地球温暖化防止のために敷かれた「東京プロトコル」の影響で日本経済が停滞し不景気にあえぐ中突如日本各地に出現した球体状の怪獣。

小さな棘が生えた白い第一形態の姿で各地の煙突に寄生して温室効果をもたらす排気ガスを吸収し、日本に「プラーナ景気」というバブル期以上の好景気をもたらした。

ガスを吸収し続けることで成長し、いびつな形の第二形態に変身した後は限界を迎えたのか黒く変色し脈動を強めてついに破裂。奇妙な花へと変わり、花火のような胞子をまき散らした。

その様子を見た森安タケシ達日本国民たちは大喜びしていたが、息子のヒロシは浮かない顔をしていた。

これが排気ガスを餌に成長し自分の住みよい環境に作り変えてしまう生物なのか、排気ガスを出し続ける文明の極致に現れる生物なのかは不明。本当に植物の怪獣ならいずれは枯れてしまう未来が待っている為、プラーナに頼りすぎた人類は後戻りのできない状態になっている事だろう。なお、植物の怪獣には毒花粉を発する物が多い事から、もしかしたら彼らの撒き散らした花粉は…。

また、今回の話を全体に見ると、会議室に引き籠もって外の状況を見ようとしない政治家、その政治家の判断に疑いもせずに従う役員やマスコミ、そしてそのマスコミからの情報を鵜呑みにして危機感も抱かず普通に生活する市民とブラックな円谷イズムがこれでもかと発揮している。
さらに言えば、数ヶ月もの時間が立っているにも拘わらず、プラーナが排気ガスが吸収する事しかわからず、(少なくとも映像上)プラーナの調査や解析をまったく行っていなかった(もしかしたら、不審に思い調査していた人がいたが、ガストロポッドの時のように、プラーナに依存した政府や民衆に黙殺された可能性がある)。
また、プラーナがどこから来たか全く不明であり、同じく劇中で環境問題に悩む他国には出現していない事がわかるため、何故日本にだけ現れたのかも不明。
何れにせよ、(誰も知ろうとしなかったせいでもあるが)謎だらけの生物である事は確かである。

ウルトラマンタイガ

第15話「キミの声が聞こえない」に登場。『ネオ・ウルトラQ』から初の客演となる。
チブル星人マブゼが怪獣を生み出す為の実験材料として捕獲されていた怪獣の一体。マブゼが管理するラボでカプセルに入れられた状態でヒロユキに発見された。

余談

第二形態の造形は後に『ウルトラマンX』のグリーザ(第一形態)に改造された。

声を演じた神谷誠は、『ウルトラマンメビウス』でバルキー星人の声を演じている。

名前の由来はサンスクリット語で息吹を意味するプラーナ(प्राण)。

関連タグ

ネオ・ウルトラQ
バルンガ:恐らくオマージュ元。

関連記事

親記事

ネオ・ウルトラQ ねおうるとらきゅー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「吸引怪獣プラーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 521

コメント