ピクシブ百科事典

概要

紀元前3世紀頃。始皇帝の元に斉国出身の方士・徐福が訪れた。徐福は皇帝東海太平洋)には蓬莱方丈瀛州の「三神山」があり、そこには不老不死の霊薬があると進言。中華統一した皇帝は永遠の命も望んで徐福に霊薬を手に入れるよう命じ、船に五穀の種や童子童女や技術者など3000人を連れて海へ乗り出して蓬莱へ出発したが、二度と帰っては来なかったと司馬遷の『史記』に載っている。

この徐福という人物は実在したとも言われ、別伝承では実際には行かなかったとも言われる。

蓬莱山や瀛州は日本列島を意味したと現在では言われ、すなわち徐福は古代日本に来訪したという伝説が広まっている。その到達地候補は全国各地にあり、北は青森から南は鹿児島まで。有名どころでは和歌山三重県熊野九州佐賀静岡富士山など。徐福が来訪したことで日本は縄文時代から弥生時代に変わったとも言われ、日本では徐福をテーマにした様々な作品が作られている。

関連タグ

中国 始皇帝 不老不死 蓬莱山

関連記事

親記事

しん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「徐福」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26512

コメント