ピクシブ百科事典

想起スペル

そうきすぺる

「東方地霊殿」のキャラ・古明地さとりの使うスペルカードの中で「想起」と名のついたスペルカードを指すが、ここでは専ら「もしさとりが他の人物のスペルカードを想起したら」という予想のもとで描かれる。
目次[非表示]

概要

古明地さとりは「心を読む程度の能力」という能力のもと、想起「テリブルスーヴニール」(想起「恐怖催眠術」)の発動を介して対象の記憶に心強く残っているスペルカードを読み出し、それを模した技を用いることができる。(地霊殿での想起スペルはさとりの記事を参照)

ピクシブでは、いわゆる「予想絵」のひとつで機能しており、他の人物のスペルカードを想起したイラストの絵が見られる。
この特性・能力の真髄はスペカに道具を使用するキャラ力技でいくキャラをも模倣できることにある。
よって想起「○○」というスペカ名には無限の可能性が秘められているが、一部想起の難しい物もあるのではとファンの間では考えられている。

想起が難しい物と考えられる物

他の人を呼び出して攻撃するタイプ

式神「八雲藍」式神「橙」大喝「時代親父大目玉」など

道具ではなく第三者を召喚して攻撃を行うスペルカード。さとりの場合はこいしお燐お空との連携で再現できなくもないが…。
対象キャラとしては八雲一家雲居一輪&雲山豊聡耳神子など。

召喚ではなく、タッグを組んで攻撃するタイプ

大合葬「霊車コンチェルトグロッソ」、協力技「フェアリーオーバードライブ」、禁薬「蓬莱の薬」「最初で最後の無名の弾幕」など

理屈は上記とほぼ同じ。こちらは概ね息の合った攻撃を行う傾向に多い。
対象キャラとしてはプリズムリバー三姉妹三月精など。

縦横無尽に激しく動くタイプ

「幻想風靡」「聖尼公のエア巻物」など

これらは弾幕を張る際に高速移動で動くタイプ。素の戦闘能力に劣るさとりには小回りが非常に効きづらい動きが制御できないのではないかと考えられることが多いが…。

「対象オリジナルの能力あってこそのスペルカード」のタイプ

十六夜咲夜のスペカ全般、雲居一輪のスペカ全般、赤蛮奇のスペカ全般など

高速移動以上に固有能力への依存が大きいタイプ。例えば咲夜は時間を止めてから攻撃したり、一輪は前述のとおり第三者(雲山)を呼び出して攻撃したり、赤蛮奇は自らの首を飛ばして攻撃したりしてスペカ攻撃を行うが、さとり自身はそんな能力を持っていないため擬似的な再現にとどまるのではないかと言われている。
一応、想起「濛々迷霧」では完全再現ではないつつも想起できているので物理的な能力なら可能だと思われる。(逆に言えば、咲夜の能力みたいに概念的な能力は無理だと思うファンも多い。)

関連タグ

東方地霊殿 古明地さとり
スペルカード 想起「テリブルスーヴニール」

似たようなもの

コピー能力カービィ
写輪眼うちは一族はたけカカシ
完全無欠の模倣(黄瀬涼太
超人大全集ステカセキング
まねっこものまねポケモン技絵
モノマネモノマネキン

pixivに投稿された作品 pixivで「想起スペル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20590

コメント