ピクシブ百科事典

火焔猫燐

かえんびょうりん

『東方Project』のキャラクター。初出は『東方地霊殿』5面ボス。
目次[非表示]

概要

種族妖怪(火車)
二つ名地獄の輪禍()・死体ツアーコンダクター(DS)
能力死体を持ち去る程度の能力
危険度
人間友好度
主な活動場所旧地獄
登場作品地霊殿 4面中ボス、5面中ボス、5面ボス、6面中ボス・DS LEVEL 8
テーマ曲死体旅行 ~ Be of good cheer!

※ただし危険度や人間友好度等の評価は作中登場人物の稗田阿求による。

火焔猫燐は、『地霊殿』4面ボスである古明地さとりペットの1匹。一人称は「あたい」。

灼熱地獄跡で怨霊の管理や死体運びを任されている妖怪で、や死体と会話することができる。
趣味は灼熱地獄の燃料となる死体集めで、手に入れた死体は自前の猫車に積んで持ち去ってしまう。その一方で生きている人間には興味が無く、妖怪に殺された死体もつまらないものと認識しているため、死体欲しさに自ら人を襲うことも基本的に無い。実は地底の妖怪の中ではかなり安全な部類に入る。

霊烏路空とは古くからの友人であるが、力を手に入れて調子に乗る空に呆れ、地上に怨霊を送り込むことで地上の妖怪に異変を知らせ空を何とかさせようと試みた。これが『地霊殿』の異変のあらましである。

作中ではにゃーんという鳴き声と共に黒猫の姿で何度も登場し、中ボスとして対戦する。黒猫の姿での対戦時はライフゲージ左に名前が表示されず、スペルカード発動時のカットインもない。5面ボス戦前の会話イベントで「猫の姿では会話ができない」として人型に戻る。猫型になっていた理由は、元の姿で居るよりも猫型に変身しているほうが楽だからとのこと。

自分の本名が長いことを嫌っており、皆に「お燐」と呼ばせている。会話イベントでも通称である「お燐」(Orin) という名前が表示され、作中では本名が表示されない。本名は『地霊殿』付属の「キャラ設定.txt」に記載されている。

異変以降は地上にも度々顔を出しており、博麗神社などに遊びに行ったりしている。霊夢とは仲がいい様子。実は一度命蓮寺に弟子入りを志願したことがあったが、仏の教えではなくの死体が目当てだったため、あっさりと断られている。

容姿

おりん!
お燐立ち絵 オプション&表情差分(赤面含む)


深紅の髪を両サイドで三つ編みにし、根元と先を黒いリボンで結んでいる。髪型はいわゆるおさげで、前髪はぱっつんに近い。頭には黒いネコ耳が生えているが、人間同様側頭部にも人の耳が付いているので耳が4つ付いていることになる。瞳の色も
黒の下地に何やら緑の模様の入ったゴシックロリータファッションのようなものを着用。手首、首元には赤いリボンが、左足には黒地に白の模様が入ったリボンが巻かれている。猫型のときには尻尾が2本あるが、人型のときに尻尾があるかどうかは不明。

またその手には布の敷かれた猫車を持ち、周囲にはゾンビフェアリー怨霊が漂っている。
猫車で運ぶ荷の中身は聞かないほうがいいらしい。

性格

陽気で人懐っこい世話焼き。地霊殿キャラの中でも比較的騒がしく、初対面の主人公たちにも気さくに話しかけてくる。また友人であるお空の問題(本人無自覚)を解決しようと仕事を放り出して主人のさとりと面識のない地上人を招きいれようとした。
これはさとりに対して、親に対するような一種の畏怖を感じているからであり、お空のことがさとりにバレるとお空を処分されてしまうと危惧したからである。

そしてやって来た主人公たちにはお空を止めるのに足りるかどうかを試すため、弾幕ごっこをしかけた。
しつこい性分の所為か何度も主人公に挑戦しており、ストーリー中4~6面と長いこと出て来られて辟易したプレイヤーも少なくないはず。

努力家な一面があり、死体や怨霊を操る術や現在の姿への変化は、怨霊や魑魅魍魎を食べて力を付けるという努力の末に身につけたらしい。ゾンビフェアリー妖精を縦横無尽に統率出来るところを見ると、東方キャラの中でも屈指の統率能力の持ち主かも知れない。

能力

死体を持ち去る程度の能力

テイクアウト
ハイスピードお燐


読んで字のごとし。東方におけるこの「程度の能力」は自己申告制なのだが、わざわざこれを能力とするあたりに、お燐のこだわりが感じられる。持ち去られた死体は灼熱地獄の燃料として燃やされるのだが、放棄された灼熱地獄に燃料を入れなければならない理由は何なのだろうか?

ちなみに火車に死体を持ち去られた霊は怨霊化して成仏できなくなるとか。
その所為で小町はお燐に仕事を取られてるという理由でサボっているらしい。

怨霊や死体を操る能力

告白


本来ならばこっちがメインになるはずの能力。
怨霊や死体を自在に操る事が出来る。幽霊、怨霊、死体との会話も可能である。

怨霊それ自体は大した力を持たないのだが【妖怪は怨霊に取り憑かれると死ぬ】ので、妖怪にとっては非常に恐ろしい能力である。死体を操る事も可能で、霍青娥キョンシーである宮古芳香を操ってみせたりと、汎用性も高い。恐らく怨霊を取り憑かせたり、死体に直接呼びかける事で死体を操っているのだろう。

その他の能力
種族「火車」だけあってを出す事も容易なようで、ゲーム中でも大きな炎の帯を飛ばしてくる。
また、弾幕ごっこではノリの良い妖精にゾンビごっこをさせて弾を撃たせる事もあるようだ。

スペルカード

東方地霊殿
猫符「キャッツウォーク」
猫符「怨霊猫乱歩」
呪精「ゾンビフェアリー
呪精「怨霊憑依妖精」
恨霊「スプリーンイーター」
屍霊「食人怨霊」
贖罪「旧地獄の針山」
贖罪「昔時の針と痛がる怨霊」
「死灰復燃」
「小悪霊復活せし」
妖怪「火焔の車輪」

ダブルスポイラー
死符「ゴーストタウン」
「死体繁華街」
酔歩「キャットランダムウォーク」

その他・備考

・上述の鳴き声から、「公式で唯一ボイス有り」とも言われていた

・ホーミングするゾンビフェアリーや異常に濃い弾幕など、その弾幕難易度は6ボスのお空に引けをとらない。事実、地霊殿製品版発売当初は「お燐が強すぎる」との声が多く上がっており、しばらく5ボス最強クラスのキャラとして君臨していた。
だが、最近はもっと凶悪な5ボスが登場した。ただ、こちらはゲームシステム上わざと高難度に作られているため、一概に比べることはできない。

グリモワールオブマリサによると弾幕などに登場するゾンビフェアリーはノリのよい妖精が変装しただけの存在であり、妖精の死霊などではないとのこと。ちなみに元々妖精には生死の概念がないので、妖精の死霊というのは存在自体が矛盾していることになる。

・第七回東方シリーズ人気投票で46位。→お燐は犠牲になったのだ・・・

二次創作

その陽気で世話焼きな性格から地霊殿のトラブルメーカーからフォロー役まで広くこなす要的存在に描かれることが多い。主人であるさとりはあまり能動的に動かないため、大体において地霊殿の音頭をとるのは彼女である。

良く絡むのはまず地霊殿のメンバーであり、霊烏路空(世話のやける親友)、古明地さとり(主従コンビ)、古明地こいし(主人の妹。死体集め仲間?)などなど。お燐を含めた4名を合わせて古明地一家と呼ぶこともある。
 また、本偏での行動は自分の命を顧みずに空を救おうとしたと解釈できる(※「悪事がさとりにばれれば処分される」という認識を持っていたにも拘わらず、空を救うために自らも異変を起したため)がっつりと恋愛描写がされるのはお空が圧倒的に多い。

地霊殿メンバー以外では、同じネコ科のや、ネコを天敵とするネズミのナズーリン、お燐の大好物である死体(キョンシー)の宮古芳香などであろうか。

関連イラスト

お燐
ねぇ、押して
おりんりん
焼きたて死体と地獄の燐花


お燐
お燐ちゃん
ネクロマンサー
お燐



関連タグ

基本系

東方Project 東方地霊殿
お燐 地獄の輪禍 火車 にゃーん
地霊殿 古明地さとり 霊烏路空 古明地こいし ゾンビフェアリー

二次創作系

おりんりん 乳お燐ズ おりんりんランド お燐の三つ編みをほどき隊 お燐は犠牲になったのだ・・・ 
リンキュベーター お燐いじめ ちれいで ラリんりん 究極焼肉レストラン!お燐の地獄亭! 東方猫の日

カップリング系

燐さと おりんくう ちぇんりんおりんちぇん) ナズー燐 よしりん
古明地一家 スキスキさとり様 燐・橙vsなずーリンク 燐霊

他の記事言語

Rin Kaenbyou

pixivに投稿された作品 pixivで「火焔猫燐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56327452

コメント