ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

渓谷怪獣 キャッシー

登場作品『ウルトラマン80

第29話「怪獣帝王の怒り」に登場。


別名:渓谷怪獣

身長:60メートル

体重:3万トン


概要

日本の数少ない秘境の1つである鬼矢谷(きやだに)の地底奥深くに潜み、300年に一度、目を覚ますと言い伝えられてきた伝説の地底怪獣。


崖の中で冬眠状態で眠りについていたが、300年周期で起こる小規模の地震によって体の一部が外に露出し、そこに太陽光線が差し込んだ影響により目を覚ました。


なお、名前の由来は自警団の団長(演:関敬六)が「ネス湖のネッシー」にあやかって鬼矢谷のキャッシーと名付けたことに由来する。


劇中の説明によれば『帰ってきたウルトラマン』に登場したゴーストロンと類似種であるとされるものの、その姿は全くといっていいほど似ていないが、気にしてはいけない(寧ろレッドキングに似ているような?)。


肉食性で凶暴な印象を受けるが、実際には大人しい性格らしい。


なお、UGMのオオヤマキャップの推測によれば1日に最低でも1千kg=1tの肉を食べる(体重の三万分の一とはえらく少食だが、生物は大きくなればなるほど一日当たりの体重に対する餌の摂取量の割合は減る為、理に適った話ではある)とされており、口から吐き出される6万度の火炎が主な戦力だが、エネルギーを使い果たすと代わりに黒煙しか吐き出せなくなってしまう。


目覚めた直後、空腹から肉を求めて暴れ回り、怪獣による村起こしを狙ってキャッシーの生け捕りを企む鬼矢谷村の村長(演:南利明)たちを逆に捕食しようとするが、彼らを助ける為に登場したウルトラマン80と対決するもその最中に空腹で力尽きてダウン。


なんだかんだで人間の欲望に振り回された怪獣を気の毒に思った80によって、人間が誰も知らない場所へと連れて行かれ、その場所で再び長い眠りに就くのだった。


余談

鳴き声はヤドカリンの流用。


脚本ではゴーストロンではなく「ティラノサウルスに似ている」という設定だったが、アフレコ時に変更された。


関連項目

ウルトラマン80 ウルトラ怪獣 ゴーストロン

関連記事

親記事

80怪獣 えいてぃかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 894

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました