ピクシブ百科事典

私に嫉妬するその顔が

わたしにしっとするそのかおが

『仮面ライダードライブ』の登場人物、ブレンが披露したセリフ及び顔芸。

その顔が見たかった……!
私に嫉妬するその顔が!ヒャハハハハハハ!!

概要

仮面ライダードライブ35話にて、ブレンが見せつけたセリフ及び顔芸。

物語が進むにつれて嫉妬の感情を得たブレンはメディックへの嫉妬心を抑えられなくなって犬猿の仲となっており、同話内にて超進化態の実力を披露した際には彼女に実力差を見せつけつつ優越感に浸り、上記のセリフをカエルのごとき態勢で滑り込みジャンプをしながら彼女の顔を覗き込みつつ発言し、高笑いをするという奇行に出た。

……が、あまりにも調子に乗り過ぎた反動か、せっかく超進化態になれたにも関わらず次の36話にて3人の仮面ライダーに撃破され(しかも「覚えてろ〜!」という情けない捨て台詞のオマケ付き)、何とかコアだけの状態で泣きじゃくりながら逃げ延びたものの、しっぺ返しとばかりにメディックから治療という名目での報復を受ける羽目になるという散々な結末がブレンを待ち受けていたのだった。

余談だが、メディック役の馬場ふみかは、このシーンでの松島庄汰の顔芸があまりにも面白すぎて笑いを堪えるのに必死だったという(本編でもメディックの横顔をよく見てみると僅かに笑っているのが確認できる)。

関連タグ

仮面ライダードライブ
ブレン(仮面ライダードライブ)

檀黎斗……後の作品に登場した顔芸披露者にして、そのあまりにも濃過ぎるキャラクターからブレンをも超えるインパクトを後世に残した悪役。→宝生永夢ゥ!ブゥン!

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「私に嫉妬するその顔が」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120

コメント