ピクシブ百科事典

聖女の魔力は万能です

せいじょのまりょくはばんのうです

橘由華によるライトノベル。「小説家になろう」にて、「タチバナ」名義で連載されたWeb小説を元にカドカワBOOKSより単行本化。コミックも連載中。
目次[非表示]

概要

橘由華によるライトノベル。
小説家になろう」にて、「タチバナ」名義で連載されたWeb小説を元にカドカワBOOKSより単行本化した。イラストは珠梨やすゆきが担当している。
ComicWalkerにて漫画化し、連載中。担当は藤小豆。

物語

舞台はスランタニア王国。
数世代に一度の割合で瘴気の強さが増し、大量の魔物が大発生する時代がやってくる。その度に浄化の力を持つ「聖女」が国内に現れ危機を救っていた。ジークフリート国王の時代にそれは起こるが、聖女は見つからなかった。

そこで国が決断したのは「聖女召喚の儀」で異世界の女性を召喚する事。

それは過去、聖女が見つからなかった時代に魔導士達が開発した秘術。
縋る想いで希望を託し、儀式は成功した。しかし……召喚の儀式で現れた女性は一人ではなく二人だった。

王子が選んだのはうら若き乙女のアイラ。そして、取り残されたのはアラサーOLのセイ。

アイラは美しき王子達と共に聖女として学ぶべく学園生活を送る。その一方で、研究者として職を得たセイは…?。

主要人物

「聖女召喚の儀」で地球からスランタニア王国に召喚された二人の内の一人。20代半ば。
本名は小鳥遊聖。召喚後早々、カイルに無視され怒りのまま国を出ようとするも踏み止まり職を求めて「薬物植物研究所」に就職する。
同郷のアイラを聖女だと思っていたが、実はセイこそが正真正銘の「聖女」である。
無限大の聖属性魔法を持ち、性能五割増のポーション製造や伝説級の魔法付与を行うことができる。ステータス上、後に自身が聖女だと自覚しつつも召喚当初の蟠りや一般人として暮らしていきたい想いから自己申告はしなかった。しかし、仲の良い騎士達を救うべく癒しの力を発揮し、瘴気の浄化を成功させた事で王宮から聖女として崇められるようになる。
生まれてから一度も男性と交際経験がなく、恋愛に免疫がない。次々に現れる美形男子達に戸惑いつつも唯一の例外としてカイルには苦手意識を抱いている。その中で一番の好みであるアルベルトと惹かれ合い、髪飾りのお礼に十字架ペンダントを贈った。
戦闘スキルは聖属性魔法のみ。生産スキルは製薬と料理。特に料理のレシピは周囲から絶賛される程評価が高く、書籍版では化粧品も開発し研究所の利益となっている。
地球ではしがないOLで、多忙故に召喚当初はあまりの顔色の悪さに病人扱いされた。就職後も不健康状態に見られていたが後に自作の化粧品や適度な睡眠で改善し、視力も回復する。基礎レベルは55で何気に国内最強。容姿は黒髪黒眼。細身でやや長身の美女。

第三騎士団団長。辺境伯家の三男。28歳。冷たい美貌を持つ大男。金髪に一族特有のブルーグレーの瞳が特徴。実直かつ真面目な性格で部下達からの信頼も厚い。ヨハンの親友。幼い頃から長兄に群がる着飾った女性達を見ていた為、次兄揃って女性不信。先々代国王の姉であった祖母から希少な氷属性魔法を受け継ぎ、常に無表情でいる事から「氷の騎士」と呼ばれている。
魔物討伐中に瀕死の重体に陥ったがセイの上級ポーションで回復し、命の恩人である彼女に好意を抱き想いの証として髪飾りを贈った。セイの前では表情豊かで積極的にアプローチを繰り返しており、王宮でも有名。見かけによらず嫉妬深く、セイに触れる同性には不快感を露わにしている。

薬用植物研究所

薬用植物研究所の所長。伯爵家の次男。28歳。茶髪に榛色の瞳を持つ。セイの上司。
アルベルトとは親友でセイとの恋を面白おかしく見守っている。かなり有能な人物で頭も切れ、優秀な土属性魔法の使い手でもある。
web版では悪戯でアルベルトにセイは「口移し」でポーションを与えたと伝えており、後に大きな問題と化すらしい。

薬物植物研究所の研究員。20歳。平民で豪商の五男。セイの同僚で先輩。緑の髪と瞳の美男子。
水属性魔法を持ち、特待生枠で王立学園を卒業後に研究所に入所した。穏やかで人懐っこい性格。web版によるとセイに惹かれているが故にアルベルトの存在を不安に思っている。

王宮

本名は御園愛良。16歳。セイと同じく「聖女召喚の儀」に召喚された二人の内の一人。
茶髪黒眼のゆるフワ系美少女。セイに気づかなかったカイルに聖女として迎えられ、教育の為に王立学園に通う。内気で大人しく王子やその取り巻き達に囲まれた生活を送り、リズやその婚約者達の反感を買ってしまう。実は聖女ではなく、魔法では超一級の資質を持つ魔導士である。騒動後は誤解が解けた為、リズ達と和解することができた。後、宮廷魔導士団に入団する。

スランタニア王国の国王。年齢不詳で息子とよく似た美青年。
後継ぎはカイルと決めているものの、忠言しても様々な失態をしでかす息子に悩んでいる。
父親として息子達の愛は有するものの、国王としての責務を優先している。

スランタニア王国第一王子。情に厚い反面、思い込みが激しく直情的な性格。父親似で赤髪の美男子。優秀な次男への劣等感と焦りから「聖女召喚の儀」を取り仕切り召喚されたアイラを聖女に迎えた。だが同じ現場にいたセイに気づかぬ失態を起こし、彼女を憤慨させる原因を作る。そして国の都合で召喚したアイラへの罪悪感から彼女を過剰に庇護してしまい、国王やリズ達の忠言を聞かず周囲とも軋轢が生じてしまう。更にセイの功績はアイラを守る為のプロパダンガと勘違いし、王宮の騒動後は国王から謹慎処分を受ける。

スランタニア王国第二王子。父親似の金髪美男子。物腰が落ち着いている。カイルの弟。
セイではなくアイラを偏重する兄に悩み、状況を改善させるべくリズと画策していたが失敗する。兄よりも優秀なので次男を次期国王に望む派閥が存在し、本人や国王にはその気は全くない。カイルが謹慎処分を受けるとアイラの後見人を引き受ける。

侯爵家の娘で金髪碧眼の美少女。14歳。愛称はリズ。年齢以上にしっかりしており、次期王妃としての教育等多忙な日々を送っている。過保護なカイルに依存気味のアイラを快く思わず、周囲との軋轢を改善させようとレインと協力するも失敗する。王宮の図書館で出会ったセイを聖女だと気づきつつも友人となる。騒動後はアイラや周囲と和解した。

宮廷魔導士団

宮廷魔導士団の師団長。濃紺色の髪と瞳を持つ絶世の美青年。実年齢は不明。
先代師団長の義息子。好奇心旺盛かつマイペースな性格。「聖女召喚の儀」を行った反動でしばらく昏睡状態に陥っていたが回復する。セイの能力に強い関心を示し、魔法の師として積極的に協力する。鑑定魔法を持ち魔道では天才的な研究者で、基礎レベルは45という国内最強の実力者でもある。

宮廷魔導士団の副師団長。辺境伯家の次男。アルベルトの実兄。銀髪にブルーグレーの瞳を持つインテリ系の美青年。眼鏡が特徴で弟以上の女性不信。愛想がなくかなり生真面目な性格で上司であるユーリの自由行動に頭を抱えてる。数少ない鑑定魔法を持つ。ユーリが目覚めるまでセイのレベルを魔法付与とMPポーションの摂取量で調査していた。セイを個人的に気に入っており、一時期は部下達から話題となった。

用語

聖女

スランタニア王国に伝わる伝説。
国が強大な瘴気に包まれたとき、「浄化」する力を持つ女性が国内に姿を現すらしい。しかし過去に一度見つからない事例が発し、古代の魔導士達が「聖女召喚の儀」という異世界の女性を召喚する秘術を開発した。
召喚された女性は元の世界に戻ることはできず、生涯国で生活を余儀なくされる。
聖女はレベル無限大の聖属性魔法を使い、回復魔法は金色の粒子が出現するのが特徴。
その強大で有意義過ぎる力故に歴代の国王や上層部は近隣諸国などの魔の手から奪われる事を恐れ、聖女の記録を一部しか遺していない。

スランタニア王国

物語の舞台。隣国との戦争はないが、数世代に一度、周期的に強大な瘴気が起こる。
その度に聖女を捜索していたが見つからず『聖女召喚の儀』を行い、セイとアイラを召喚した。
街並みはヨーロッパ風。夏服は存在せず、女性は異性に素肌を見せることはマナー違反とされる。
学問は王族や貴族、一部の平民しか学ぶことができない。調味料は塩か酢で、料理はまずい。しかしセイの活躍で調味料が開発されてからは王宮内では劇的に変わっている。

薬物植物研究所

王宮に従事する研究組織。場所は王宮から徒歩三十分ほど。
広大な薬草畑があり、ポーションに必要な希少な薬草を取り扱っている。
研究所の中でも穏やかな職場で、貴族の中でも変わり種が多い事と所長が緩い事から平民でも偏見はない。セイの入所後は食堂が設けられ、王宮の食事よりも美味と絶賛されている。

騎士団

王宮に従事する騎士達が属する軍事組織。
現代では瘴気の強さから各地に出没する魔物が続出し、騎士達を派遣して討伐に勤しんでいる。第一騎士団は王族の護衛が優先的。第二騎士団はセイを聖女として崇拝する者が多く、アルベルトが率いる第三騎士団はセイが最初に貢献した事もあり友好的である。
隊舎という環境から武門貴族以外は平民が多く占めており、騎士の脱退後は位が下がり王宮にいられなくなる。

宮廷魔導士団

王宮に従事する魔導士の研究組織。
王宮では魔法付与などの研究を行い、外では騎士団と協力し主に後援サポート要員として討伐に赴く。平民出身が多い騎士団とは違い、貴族で構成されている。
伝説級の魔法付与を成功させたセイを崇拝している。

王立学園

王族や貴族の子供達が通う学び舎。
一般的に平民は入学できないが、例外に属性魔法を持つ平民のみ特待生枠で入学が許可される。卒業後の進路は研究所や魔導士団、騎士団など。

関連タグ

小説家になろう ハーレム 恋愛小説

pixivに投稿された作品 pixivで「聖女の魔力は万能です」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4089

コメント