ピクシブ百科事典

芸術家の魔女

げいじゅつかのまじょ

芸術家の魔女。その性質は虚栄。自らを選ばれた存在であると疑わぬ魔女。 誰かに自分の作品を見せたくて仕方が無く、人間にも積極的に干渉してくるが、 その結界内はどこかで見たようなものばかり。 この魔女を倒したくば著名な批評家を連れてくればよい。 (公式サイトより)
目次[非表示]

概要

CV:松嵜麗
第10話に登場した魔女であり、暁美ほむらが最初の時間軸で初めて遭遇した魔女。設定上、しゃべる魔女は彼女のみである。(プロダクションノートには魔女のせりふは手下がしゃべっている、という資料がある)

長期の入院生活により学校の授業にまるで付いていけず、自己嫌悪とコンプレックスで意気消沈していたほむらに自殺を煽り、結界に取り込んで襲い掛かるが、駆けつけた鹿目まどか巴マミの二人の魔法少女にあっさりと倒される。

第10話を基にしたメモリーズオブユー魔法少女まどか☆マギカポータブルマミルートにも登場し、本編同様にほむらを結界に取り込むがまどかとマミに倒される。

ポータブル版さやかルートにも登場しており、上条恭介志筑仁美を結界に取り込んだところ、こちらはさやかと杏子に倒された。
尚、展開によってこの戦いの後さやかがヒーローと見なされるか、さやかの姿をした化物と見なされる。
『謎の魔女結界』では、4つ目の結界『弾刻の結界』20層目に登場。

パチンコ版でのVSリーチまどかの相手に固定されている。ほむらとのタッグでは、ほむらが「巨大戦艦を呼び出して、まどかの放つ矢で大爆発を起こし、ド派手に芸術家の魔女を倒している演出となっている。

外観

魔法少女や魔女語をあしらった凱旋門のような姿。魔女の中でも特に珍しい建物の姿をした魔女である。

アニメ版では攻撃は手下に任せ、自力で攻撃した様子はなかったが、魔法少女まどか☆マギカポータブルでは、ロケットパンチバリアーで応戦したり、自身の周囲に攻撃力のある花を展開する。

なお、魔女本体の足の部分に女性のレリーフがあり、これが魔女化する以前の姿と思われる。このレリーフは向かって右側の顔が潰されているが、理由は不明である。

魔女の結界

ピカソの「ゲルニカ」やゴッホの筆致を彷彿とさせる結界に住む。これはこの魔女の芸術的な知識を投影しているといえる。

魔女名

Isabelは英語で言うとElizabethにあたる。ヨーロッパ圏ではありふれた名前であるが、特に王族に多い。あるいはこの魔女が特にスペイン出身であるピカソに傾倒していることの表れかもしれない。

彼女の魔女名は二転三転している。凱旋門のような本体の上部に書かれている名前はIsadelであり、これはどの放送局のバージョンも、ソフト化後も同じである。
ところが、魔女図鑑更新時にカードに書かれた名前はIzabelとなっていた。
更に公式ガイドブックでは魔女名がIsabelとなっており、はっきりしない。
魔法少女まどか☆マギカポータブル』でIsabelと綴られたので、これで確定したようである。

なお、本体に書かれた魔女名が誤植である可能性については、Isadelの項目を参照。

使い魔

名前はMichaela(ミヒャエラ)。役割は「作品」。線画で描かれたゾンビ風の人影の姿をしている。こちらもやはり、まどかとマミにあっという間に倒される。


Pixivでの扱い

落書きの魔女の落書き


当初は出番の少なさもあり、それほど話題にのぼることはなかったが、魔女図鑑によって上記の情報が発表されてからは、二次創作の世界で他の魔女に作品を「パクリ」と罵られたり、そのことで気落としをするなど、いじられキャラ的な扱いになっている。
唯一人型をしていないのもいじられやすさに拍車をかける要因。

2chの魔女スレでは様々な魔女のアスキーアートが作られているが、彼女は「門」だけで表現できるため、そういう意味では重宝がられる。また、ファンからは「門ちゃん」と呼ばれることがある。


関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 魔女(魔法少女まどか☆マギカ)
Michaela
Izabel Isadel 表記ゆれ

委員長の魔女人魚の魔女救済の魔女鳥かごの魔女:同じ話に登場した魔女達。

ドッペル(マギアレコード):命名法則から虚栄のドッペルと導き出せる。

矢宵かのこ御園かりん(マギアレコード):芸術家の魔女と対照的に奇抜なセンスの持ち主。
アリナ・グレイ:かりんの先輩である魔法少女。芸術に拘りを持ち、プライドが高い
絶交階段のウワサ獄門の魔女:オブジェクト型の敵繋がり。
批評家の魔女:芸術家の魔女の紹介文にこの魔女の存在を匂わせる部分が表記されている。

人魚の魔女芸術家の魔女委員長の魔女

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「芸術家の魔女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13237

コメント