ピクシブ百科事典

財前葵

ざいぜんあおい

遊戯王VRAINSに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「私やるわ。お兄様のために…!」
CV:中島由貴

概要

主人公藤木遊作の同級生。デュエル部に所属している。

落ち着いた雰囲気を持ち、遊作と同じく「目立つ事が苦手」との事。

VR空間ではアカウント名「ブルーエンジェル」を名乗り、人気の高いカリスマデュエリストとして活躍している。
普段は大人しく口数が少ないが、ブルーエンジェルの時はハイテンションで笑顔を振るまっており、どう見てもノリノリである事からも、ブルーエンジェルの時の方が素の性格であると思われる。
また、VR空間では多くの男性からデートを誘うかの様にデュエルを申し込まれており、素顔でもアイ(イグニス)からは「美人」と評されている。
気の許せる友人はいないらしく、また今までの人生で近付いてきた人間の殆どが、SOLテクノロジーの重役である兄の晃とのコネが目的であったらしい事から、人間不信に陥っている節がある。

二人暮らしをしている義理の兄の財前晃とは、葵の母と晃の父の再婚がきっかけで家族になっている。その後両親が事故で亡くなった後も、晃は葵を決して捨てようとはせず、暴力団にハッキングして盗んだデータを売る等といった犯罪行為に手を染めてでも、親代わりとなって必死に葵を育てていた。
こういった家庭事情から兄に対しては「お兄様」と呼び素直な態度をとる一方、兄に認められたいという思いから、ブルーエンジェルとしてのデュエルを行っている。
しかしその想いに反して、自分が裕福な生活を送れるよう苦労に苦労を重ねていた彼をあまり省みないどころか、むしろ迷惑ばかりかけている我侭な行動が目立ち、悩ませている事からも、同年代の遊作に比べて精神的に未熟な子供と言わざるを得ない部分がある。

兄に自分を認めてもらう為にPlaymakerにデュエルを挑んで勝つ事に固執しているが、ハノイの騎士のスペクターに電脳ウイルスを混入させたカードを渡される形でPlaymakerに挑んでしまい、その影響で昏睡状態に陥った結果、晃に自分の立場を危うくさせる程の無茶な行動をさせてしまう事になる。
その後、兄やPlaymakerの尽力もあって昏睡から目が覚めるが、自分の身勝手な行動が原因で兄のSOLテクノロジー社での立場を殆ど失っている事実については知らないらしく、ゴーストガールに唆される形で、再びPlaymakerのデュエルに強引に介入してしまう事になる。
その後、SOLテクノロジー社のメインデータバンク内にて、エマと共に晃とPlaymakerのデュエルを見届けるが、その最中でPlaymakerが幼少期に経験した非道な実験についても知る事となった。

前作『遊戯王ARC-V』のヒロイン柊柚子に次ぐ、デュエリストのヒロイン。また、兄がいるヒロインは『遊戯王GX』の天上院明日香以来二人目である。

容姿

現実世界での姿は、現在公開されているのは制服姿のみ。女性キャラも個性的な髪型が多い遊戯王シリーズでは珍しく大人しい髪型をしている。

VRAINSの放送近づいてきましたね!!


一方VR空間では「ブルーエンジェル」というアカウント名通り天使をモチーフとしたアイドルのようなアバターを使用。青髪のツインテールにフェイスペイントを施しており、パッと見は同一人物には思えないほど印象ががらりと変わる。
だが、よくよく見ると顔立ちに面影がある。
幼少期はブルーエンジェルと同じツインテールの髪型をしていた。
なお、彼女の兄の晃はブルーエンジェルの正体を知っている。

使用デッキ

トリックスター】を使用。
華やかな天使族モンスターを主軸としたデッキとされる。

関連イラスト

☆
あおいちゃーん!!!!❤️




余談

前々作ヒロインの観月小鳥前作ヒロインの柊柚子と違って、「あ」から始まる名前で、歴代遊戯王ヒロインとして二作ぶりに名前の最初が「あ」である。
(あんず→あすか→あき→ことり→ゆず→あおい)

ちなみに彼女が女子高生であることから、名前が「あ」で始まるヒロインは女子高生でなければならないということになる(小鳥と柚子は中学生)。

関連タグ

遊戯王 遊戯王VRAINS

神無月葵・・・・直接的な関わりはないが、彼女も「ブルーエンジェル」。

pixivに投稿された作品 pixivで「財前葵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1666301

コメント