ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

737系

ななひゃくさんじゅうななけい

JR北海道が2023年から営業運転を開始するワンマン運転対応の通勤型交流電車。メイン画像右。
目次 [非表示]

飛行機の737はこちら。→ボーイング737

概要編集

JR北海道では、(711系試作車の事例はあれど)普通列車用の交流電車は原則車掌乗務が前提の設計である3両編成単位で運用された実績しかなく、ワンマン運転に対応可能な2両編成の普通列車用交流電車を現在に至るまで導入していなかった。2019年に公表された「JR北海道グループ中期経営計画2023」(外部リンク)において、2両・ワンマン対応の普通列車用交流電車の導入が初めて明記され、2022年になり新系列「737系」として量産化される事が発表された。


26両(2両編成×13本)が製造・導入された。


特徴編集

車体は735系電車による試験結果をもとにアルミ合金製(前面は鋼製)を採用。車体前面のデザインは同期のH100形気動車を踏襲し、また車体側面は桜色をイメージした「淡いピンク色」1色とした。


733系電車ベースのオールロングシートとしながらも、閑散線区で運用されるため711系電車以来の2ドア車に。ワンマン運転時に運賃支払いなどの乗客対応が行いやすいよう、それまでの高運転台から低運転台へ変更された。


車内には各車両中間部にフリースペースを設けている。座席のモケットには北海道に咲く花をイメージしたドットを散りばめた。


LED照明などによる消費電力削減など環境にも配慮しており、代替対象であるキハ143形気動車に比べ7割のCO2削減が期待されている。もちろん運行コストの削減にもつながっているのはいうまでもない。


最高運転速度は120km/h。最大6両まで連結が可能。


編成図編集

製造は日立製作所笠戸事業所が担当。新製配置は札幌運転所


札幌駅入線時の編成の向きはクハ737形が小樽側、クモハ737形が室蘭・旭川側となる。


編成番号/車両形式クハ737形(Tc)クモハ737形(Mc)落成日
C-1編成112022年12月13日
C-2編成222022年12月14日
C-3編成332023年3月9日
C-4編成44
C-5編成552023年3月11日
C-6編成66
C-7編成77

運用編集

2022年11月28日に2両編成×2本(C-1・C-2編成)、2023年2月20日に2両編成×5本(C-3編成〜C-7編成)、2023年5月15日に2両編成×6本(C-8〜C-13編成)がそれぞれ落成し、甲種輸送された。


2023年5月20日、交流電化区間ながら普通列車が気動車で運転されていた室蘭本線(主に室蘭駅東室蘭駅苫小牧駅間)にて営業運転を開始。同区間で運行されていた各種一般形気動車(キハ143形キハ40形キハ150形など)を一掃した他、H100形で運行されていた列車も一部を除いて置き換えた。

また、送り込みも兼ねて千歳線経由で札幌駅を発着する列車も1日1往復設定されている。


2024年3月16日のダイヤ改正からは、函館本線岩見沢駅旭川駅間のほか、運行体系が変わる千歳線千歳駅苫小牧駅間でワンマン運転を行う列車に投入され、前者は721系の運用を置き換えた。


関連動画編集

  • 737系通勤形交流電車【JR北海道】


関連タグ編集

JR北海道 通勤形電車 721系 731系 733系 735系


701系E127系E131系JR東日本)、815系JR九州):JR他社における同一コンセプトの車両。

関連記事

親記事

JR北海道 じぇいあーるほっかいどう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2173

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました