ピクシブ百科事典

アルゴ・ゾディアーツ

あるごぞでぃあーつ

アルゴ・ゾディアーツとは、小説『仮面ライダーフォーゼ~天・高・卒・業~』に登場するゾディアーツの名称である。

この記事には「小説仮面ライダーフォーゼ~天・高・卒・業~」のネタバレが含まれます、閲覧にはご注意ください。






















概要

仮面ライダーフォーゼの公式外伝小説『~天・高・卒・業~』に登場するその余りに巨大すぎて1756年に4つ(3とも)の星座へと分解されたアルゴ座のゾディアーツ

アルゴ座の怪人だけあり超巨大サイズの巨体で、内包するコズミックエナジーもホロスコープス並みであるが故にダスタードを生み出す能力を持っているが、その姿は海賊のような形状をしている為、ファンの間ではアルゴダスタードと呼ばれている。

その実態はカリーナプッピスヴェラピクシス・ゾディアーツ合体した合体怪獣もとい“彼らの本来の姿”で、詳細は不明であるが4人のスイッチャーたちが互いに認め合い、ネガティブな思考を増幅させることにより初めてなる事ができる最強形態。
なお、合体する際はそれぞれのゾディアーツたちがラスト・ワンになった状態で(アルゴ船の怪人だけに)海中に飛び込んで融合合体する模様。

4体のゾディアーツ全員の持っていた特殊能力を全て使用することが可能であり、1人で立ち向かうにしてはあまりにも強大な敵であるが、要となっているらしき船首にある女神像部分(プッピス・ゾディアーツ部分)が弱点であり、その部分を攻撃させるとたち巨体を維持できずに崩壊してしまう。

その圧倒的な力で園田を迎えに行って不在中のフォーゼに変わり単身で挑んできた仮面ライダーメテオを圧倒し、彼を死の直前まで追い詰めるが、駆けつけたフォーゼが加勢すると形勢は逆転。

最後はコズミックステイツの(恐らく)『ライダー超銀河フィニッシュ』を弱点の女神像部分に喰らい体が崩壊して元の4体の姿に戻ってしまった。

関連項目

ゾディアーツ カリーナ・ゾディアーツ プッピス・ゾディアーツ ピクシス・ゾディアーツ ヴェラ・ゾディアーツ アルゴダスタード 小説仮面ライダーフーゼ~天・高・卒・業~ 仮面ライダーフォーゼ 仮面ライダーイカロス
合体戦闘員 ベリュドラ・・・・案外似ている?

コメント